ゲーミングPCに求めるのはデザイン?性能?どちらにも魅力あり!

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

ゲーミングPCと聞くと、高性能で光りまくっているパソコンを想像するかと思います。
デザイン・性能のどちらも追及できるのが、ゲーミングPCの良いところです。

ここでは、ゲーミングPCのデザイン・性能(スペック)それぞれの魅力をお伝えします。

両方を追求しても良いし、片方だけを伸ばしていくのも面白いと思います。
こだわりのゲーミングPCを自作するために、まずは特徴から知っておきませんか?

ゲーミングPCのデザインと性能について

ひと言でゲーミングPCといっても、その定義はあいまいです。
なので、デザイン重視・スペック重視のどちらもゲーミングPCだといえます。

ゲーミングPCのデザインとスペックについて、それぞれの特徴や魅力を見ていきましょう!

ゲーミングPCのデザイン

ゲーミングPCのデザインといえば、なんといってもLEDの装飾です。

ガンガン光らせたゲーミングPCは、見るからにインパクト大です。
イルミネーションの制御もできるので、色鮮やかにパソコンを演出できます。

ゲーミングPC

さらにインパクトを大きくするなら、簡易水冷・本格水冷という方法もあります。

簡易水冷なら、機械的でロマン溢れるデザインでCPUを装飾できます。
水冷なので、CPUをしっかり冷やせる性能も魅力です。

簡易水冷

本格水冷は、デザインに徹底的にこだわりたい方におすすめです。

本格水冷

十分な自作PCスキルに加えて、かなり手の込んだ装飾が必要になります。
なので、初心者の方はうかつに手を出さないほうが良いでしょう。

自作スキルを磨いて、水冷について知識が身についてからチャレンジしてみてはどうでしょうか?

ゲーミングPCのスペック

ゲーミングPCのスペックを上げれば、いろんなゲームをサクサク快適にプレイできます。
3Dゲームはもちろん、高いフレームレート・高解像度で遊びたいときも大活躍です。

ゲーミングPC

ゲーミング性能を強化するうえで、大きく関わってくるのはCPU・グラフィックボードです。
ボトルネックにならないように、両方ともスペックは上げておく必要があります。

さらにこだわるなら、メモリ・SSDも強化したいところです。

メモリはできるなら16GB以上、SSDはM.2 SSDを搭載するのが良いでしょう。
このくらいのスペックであれば、ゲーミングPCの性能を十分に発揮できます。

【まとめ】デザイン・スペックどちらも強化する価値がある

ゲーミングPCのデザイン・スペックは、どちらも魅力的です。
こだわりによって、どちらも強化する価値があるといえます。

ただ、どこまで強化するかで、かかる費用も大きく変わってきます。

デザインの強化について

デザインに関しては、LED・簡易水冷・本格水冷と、幅広い選択肢があります。
パソコンを思いっきり装飾するなら、まずはLEDから始めると良いでしょう。

LEDだけならハードルも低いので、インパクト大のゲーミングPCを手軽に作り上げることができます。

ゲーミングPC

性能の強化について

性能に関しては、あなたの求めるゲームプレイ環境によって、必要なスペックは変わってきます。
3DゲームをフルHD・60FPSで楽しむくらいなら、そこまで費用はかからないでしょう。

もし4K・120FPS以上を求めるのであれば、パーツの費用はグッと高くなります。
かなり高性能なスペックを要求されるので、CPU・グラボだけで10万円以上はかかります。

手軽に始めるなら、フルHD・60FPS以上で安定するスペックがちょうど良いと思います。

ゲーミングPC

ゲーミングPCの自作プラン作成もやってます!

デザイン重視・スペック重視、どちらも魅力的ですよね。
こだわりのゲーミングPCを組み立てるためには、しっかりした自作PCプランが必要です。

なにを重視すればいいか、費用はどれくらいかかるのか、あなたは悩んでいませんか?
「どんなパーツを選んで、どう組み合わせればいいかわからない・・・」

そんな時は、僕があなたのゲーミングPC自作プランを作成します!
あなたの希望にあわせて、デザイン・スペックそれぞれの魅力を引き出していきます。

気になること・困ったことがあれば、いつでも気軽に声をかけてみてくださいね。

【ロマン溢れる自作PCプラン作成します!】プラン作成の詳細はこちら

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。
誰かのお役に立ちそうな情報はブログ記事として紹介します!