【SSDの種類】SATA・mSATA・M.2の違いを一覧表でまとめて比較!

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

SSDといっても、実はいろんな種類があります。
代表的なのは、SATA・mSATA・M.2という接続の規格です。

ここでは、SATA・mSATA・M.2という3種類のSSDの違いをまとめて比較しています。

一覧表でひと目でチェックできるので、どれを選べばいいのかすぐわかりますよ。
僕のオススメする規格も紹介しているので、迷っていたらまずはチェックしてみましょう!

【一覧表で比較】SATA・mSATA・M.2の違い

それでは、SATA・mSATA・M.2の違いを一覧表でまとめて比較します。

SATA(3.0) mSATA(3.0) M.2(NVMe)
転送速度 6.0Gbps 6.0Gbps 10Gbps~40Gbps以上
サイズ 中:2.5インチ 小:カード型 小:スティック型
価格
性能
オススメ度

SATA・mSATA・M.2とはSSDの接続インターフェースの規格のことです。
なので、それぞれの接続端子は形状が違います。

SSDの接続端子が違うことで、転送速度やサイズが変わるということですね。

世代としては、SATA→mSATA→M.2という流れで進んでいます。
なので、今のところはM.2が最新の世代です。

なんでmSATAのオススメ度が低いの?

mSATAのオススメ度が一番低くなっている理由は、mSATAを使うメリットが少ないからです。

M.2・SATAに関しては、以下のようなすみ分けができています。

M.2
高価格・高性能
SATA
中価格・中性能

しかしmSATAは、2つの世代に挟まれて中途半端な立ち位置となっている状態です。

もともと、M.2はmSATAの後継として開発されました。
なので、mSATAを使うのであればM.2を使う、という感じになっています。

M.2ではなくSATAを選ぶのはどんな時?

M.2と比較してSATAを選ぶのは以下のようなシーンです。

  • 価格を抑えて購入したい
  • マザーボードがM.2に対応していない
  • M.2スロットの数が足りない

予算に合わせたり、マザーボードの対応状況によってどちらかを選びます。

現在のマザーボードでは、ほとんどがM.2に対応しています。
ただ、メーカー・フォームファクタによっては未対応の場合もあるので確認は必要です。

もしM.2に対応していても、スロットが1つだけのこともあります。
SSDを増設したいときにM.2スロットが足りなければ、SATAを選ぶことになります。

【まとめ】3種類のSSDではM.2が一番おすすめ!

結論としては、3つの中から選ぶならM.2 SSDが一番おすすめです。

SATA(3.0) mSATA(3.0) M.2(NVMe)
転送速度 6.0Gbps 6.0Gbps 10Gbps~40Gbps以上
サイズ 中:2.5インチ 小:カード型 小:スティック型
価格
性能
オススメ度

M.2だと価格は少し高くなりますが、転送速度が大幅に上がるメリットは大きいです。
マザーボードが対応しているなら、ぜひ導入したいSSDといえます。

SATAに関しては、M.2に未対応だったり、予算を削減したいときに検討しましょう。
それ以外の場合だと、M.2の方が受けられる恩恵は大きくなります。

mSATAは、現状ではあまり選ばれることはありません。
マザーボードがmSATAしか対応していないという状況でない限り、他のSSDを選ぶほうが無難です。

あなたが使っているマザーボードに合わせて、どのタイプのSSDにするか選んでみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。
誰かのお役に立ちそうな情報はブログ記事として紹介します!