おすすめのHDDメーカーはどこ?3大メーカーの特徴・選び方まとめ

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

HDDメーカーは大きくわけると3社あります。
この記事では、それぞれのHDDメーカーの特徴について紹介しています。

HDDの役割はデータを保存することですが、メーカーごとに細かな違いがあります。
違いを知っておけば、迷わずパーツを選ぶことができるでしょう。

まずはざっくりと、どんなメーカーがあるのかチェックしてみませんか?

3大HDDメーカーの特徴について

それでは、特にシェアが大きい3社のHDDメーカーについて紹介します。

  1. Western Digital
  2. 東芝
  3. Seagate

【1】Western Digital

Western Digital

Western Digital(ウェスタンデジタル)は、通称WDと呼ばれているHDDメーカーです。
Blue・Black・Red・Purple・Goldの5色で、ラインナップが構成されています。

  • Blue(青):スタンダードモデル
  • Black(黒):ハイパフォーマンスモデル
  • Red(赤):NAS用(24時間365日稼働)
  • Purple(紫):監視カメラ向け
  • Gold(金):エンタープライズモデル(データセンター向け)

個人利用だと、Blue・Black・Redの3色がおすすめです。
Purple・Goldは業務用として使われることが多いです。

Blue(青):スタンダードモデル

Blueは価格が安いので、とにかく低価格で大容量のHDDを増設したい時に便利です。

下の製品は回転数が5,400rpmなので、若干アクセス速度が遅くなります。
保証も2年間なので、スペックは少し控えめです。

Black(黒):ハイパフォーマンスモデル

Blackは価格が高く、アクセス速度・耐久性も申し分ないHDDです。

特にPCゲーム・動画編集に向いています。
5年保証も付いているので、価格に見合ったスペックだといえるでしょう!

Red(赤):NAS用(24時間365日稼働)

RedはNAS用(24時間365日稼働)に向いている耐久性重視のHDDです。
とはいっても、普段使いのHDDとして使ってもOKです。

BlueとBlackの中間くらいの価格なので、耐久性だけを重視したい時におすすめです。
保証期間は3年となっています。

それぞれの色によって、HDDの価格・パフォーマンス・耐久性が異なります。
あなたの好みに合わせて比較してみてはどうでしょうか?

【2】東芝

東芝

Western Digitalと並んでおすすめなのが、東芝製のHDDです。
価格が安い・速度が速い・容量が大きいの三拍子を求めている方におすすめです。

ここで紹介しているのは、3TB・7200rpmと使いやすいスペックのHDDです。
WDと同じくらい品質・耐久性も良いので、候補の1つとして覚えておくと良いでしょう。

【3】Seagate

Seagate

Seagateもシェアが大きいHDDメーカーの1つです。
外付けHDDの中身も、Seagate製が多かったりします。

ただし、WD・東芝製と比べると故障しやすいといわれているHDDでもあります。
もともとHDDは壊れやすいパーツではありますが、気に留めておくと良いかもしれません。

僕の個人的な意見としては、やはり信頼性の高いWD・東芝製をオススメしたいところです。

【まとめ】WD・東芝は安価で高品質!

3大HDDメーカーの中でも、僕がオススメしているのはWD・東芝製です。

WDでは、安価で高品質なHDDが5色でラインナップされています。
モデルごとに特徴がはっきりしているので、使い方で選んでみるのが良いでしょう。

東芝製は、WD製よりも価格が安い傾向があります。
それでいてアクセス速度が速く、容量も大きいHDDが揃っています。

コスパを重視するのであれば、東芝製も有力な候補となるでしょう。

僕はあまり強くおすすめしていませんが、Seagate製のHDDも使われていることが多いです。
安価なHDDが揃っているので、まずは比較してみるといいかもしれません。

HDDのスペックは、メーカーによって細かな違いがあります。
どのメーカーが良いか迷ったら、WD・東芝のHDDからピックアップしてみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。

あなたのコメントが記事になるチャンス!

誰かのお役に立ちそうな情報は、ブログ記事として紹介します。
なので、あなたも僕のブログで気になることがあれば、どんどんコメントしてくださいね!

僕の得意分野は、「パソコン(自作含む)」「ゲーム」「動画配信」といった感じです。
あなたの興味があるジャンルなら、他の記事もきっと楽しんでもらえると思います!