【CPU】Intel・AMDはソケット形状が違う!それぞれの見分け方とは?

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

CPUには、Intel・AMDの2つのメーカーがあります。
メーカーによって、CPUのソケット形状が違うって知っていましたか?

この記事では、Intel・AMDのCPUはどのようにソケット形状が違うのか説明しています。

また、IntelとAMDの見分け方もお伝えしています。
2つの違いを知って、CPUにもっと詳しくなってみませんか?

【CPU】Intel・AMDのソケット形状の違いと見分け方

それでは、2つのメーカーのソケット形状について紹介します。

Intelのソケット形状

Intel製のCPUは、マザーボード側にピンがあります。

マザーボード側にピンがある

CPU側には、ピンはありません。

CPU側にピンがない

また、CPUをマザーボードにセットしたときには、プレートでがっちり固定されます。

セットしたときには、プレートでがっちり固定される

このような特徴があれば、あなたが使っているCPUはIntel製ということがわかります。
ちなみに、プレートで固定するソケット形状のことをLGA(Land Grid Array)ソケットと呼びます。

AMDのソケット形状

AMD製のCPUは、マザーボード側にはピンがありません。

マザーボード側にピンがない

CPU側には、ピンがあります。

CPU側にピンがある

CPUをマザーボードにセットするときは、ソケット横にあるバーで固定します。
プレートで固定するLGAと比べると、CPUがやや抜けやすくなっています。

レバーをひっかけるだけなのでCPUが抜けやすい

このような特徴があれば、あなたが使っているCPUはAMD製です。
このように、CPU側にピンがある形状をPGA(Pin grid array)ソケットと呼びます。

【まとめ】CPUのソケット形状はピンで見分けられる!

Intel・AMDのCPUを見分けるポイントは、ピンがCPU・マザーボードのどちらにあるかです。

Intel製CPU
マザーボード側にピンがある
CPU側にピンがない
LGAソケットと呼ばれる
AMD製CPU
マザーボード側にピンがない
CPU側にピンがある
PGAソケットと呼ばれる

どちらかといえば、LGAソケットの方が作りとしては頑丈です。
いわゆるCPUのスッポンもほとんど起こりません。

しかし、PGAソケットであっても、グリスを塗り替えてスッポン対策をすることは可能です。

違いがあることで、ひと目でメーカーが判断できるのはわかりやすいですよね。
どちらが良い・悪いではなく、それぞれに違いがあると覚えておいてもらえればと思います。

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。

あなたのコメントが記事になるチャンス!

誰かのお役に立ちそうな情報は、ブログ記事として紹介します。
なので、あなたも僕のブログで気になることがあれば、どんどんコメントしてくださいね!

僕の得意分野は、「パソコン(自作含む)」「ゲーム」「動画配信」といった感じです。
あなたの興味があるジャンルなら、他の記事もきっと楽しんでもらえると思います!