ゲーミングPCのグラフィックボード(GPU)とは?必要な性能はどれくらい?

どもども!元ニートPCゲーマーのヨッチです。( miraiyotch

ゲーミングPCには、ほぼ必ずグラフィックボード(GPU)が搭載されています。
これって、ゲームをするときにどんな役割があるのでしょうか?

ここでは、ゲーミングPCのグラフィックボード(GPU)とはなにか?をわかりやすく紹介しています。

また、CPUとグラフィックボードの違いについてもお伝えしています。
グラフィックボードの重要性を知って、ゲームを快適にプレイしてみませんか?

グラフィックボード(GPU)とは?どんな役割があるの?

グラフィックボードとは、パソコンのグラフィック処理を担当しているパーツです。
パソコンの画面を表示したり、ゲームのリアルな映像を描画する役割があります。

といっても、グラフィックボードがなくても画面が映っているパソコンもありますよね?

その場合も、実はCPUに搭載されている「オンボードGPU」が画面を映しているんです。
つまり、グラフィックボードがない場合は「オンボードGPU」が動作しています。

オンボードGPUとグラフィックボードの性能について

オンボードGPUは基本的にかなり性能が低いです。

パソコンの画面を表示したり、動画を再生するくらいの性能です。
なので、ゲームをプレイするには圧倒的な性能不足となります。

オンボードGPUでは性能が足りないので、グラフィックボードで性能を上げるというわけです。

グラフィックボードはグラフィック処理が得意

グラフィックボードは、その名の通りグラフィックに特化したパーツです。
なので、CPUが苦手なグラフィック処理をバリバリこなしてくれます。

CPUとグラボの違いがピンと来ない方は、この動画を見ればすぐわかります。

CPUだけでは性能が足りないことを、あなたにもわかってもらえたのではないでしょうか?

あくまでもイメージですが、グラフィックに関してはこれくらいの差があるということです。

ゲームプレイ時におけるGPUの重要度はどれくらい?

ゲームプレイ時のグラフィックボード(GPU)の重要度を、他のパーツと比較しながらお伝えしますね。

重要度が高いパーツを、上から順番に並べています。

  1. グラフィックボード【1番目!】
  2. CPU
  3. メモリ
  4. 記憶媒体(HDD・SSDなど)
  5. 電源・マザーボード

※パーツ全体のバランスが一番大事です。
なので、ここでは僕の主観を交えながら紹介しています。

この順番からわかるのは、ゲームプレイで一番重要なのはグラフィックボードということです。
グラフィックボードの性能が決まれば、CPUやメモリの性能も決まってきます。

つまり、「グラボの性能を十分に発揮できるCPU・メモリを用意すれば良い」ということです。

【3つの基準】ゲームに必要なグラフィックボードの性能は?

ここでは、大まかな3つの基準にわけて、ざっくりとグラボの性能を紹介します。

例としてピックアップするグラボは、代表的な「NVIDIA GeForce」シリーズです。

  1. 2Dのゲームをメインにプレイしたい!
  2. 3DのゲームをフルHD(1080p)でプレイしたい!
  3. 3Dのゲームを4K(2160p)や120FPS以上でプレイしたい!

ちなみに、やりたいゲームが決まっている場合は、推奨スペックを確認することをおすすめします。
推奨スペックを満たすことが、性能をチェックするうえで一番正解に近いといえます。

幅広いゲームを遊びたいときに、ここでの目安を参考にしてもらえれば嬉しいです。

【1】2Dゲームをメインにプレイしたい!

2Dゲームをメインにプレイするなら、「GeForce GTX 1650」シリーズがおすすめです。
いわゆるエントリークラスと呼ばれるパーツで、価格が安くて性能もそれなりです。

2Dゲームは、そこまでグラフィック処理が重くありません。
たとえ1080pでプレイしたとしても、それほど高性能は要求されないでしょう。

目安として、「GeForce GTX 1650」以上のスペックであれば快適にプレイできるはずです。

【2】3DゲームをフルHD(1080p)でプレイしたい!

3DゲームをフルHDでプレイするなら、「GeForce RTX 2060」シリーズがおすすめです。
RTXシリーズの中ではミドルクラスですが、旧世代のハイエンドに近い性能です。

3DゲームをフルHDでプレイするくらいなら、余裕でこなしてくれるグラフィックボードといえます。
ゲームによっては、60FPSどころか120FPSくらい出てしまうほどのスペックです。

それでいて5万円前後なので、手を出しやすい価格といえます。
「GeForce RTX 2060」以上のスペックであれば、快適にプレイできるでしょう。

【3】3Dゲームを4K(2160p)や120FPS以上でプレイしたい!

3Dゲームを4Kや120FPS以上でプレイするなら、「GeForce RTX 2080」シリーズがおすすめです。
RTXシリーズの中でも、ハイエンドのグラフィックボードです。

3Dゲームを4Kでプレイしたり、120FPS以上の高フレームレートを求める人に向いています。
とにかくベンチスコアを上げたい場合にもおすすめです。

ぶっちゃけ、このクラスになると価格は跳ね上がります。
それでも10万円前後で買えるので、性能に対しては安いと思います。

どんなゲームでも、ほぼ間違いなく快適にプレイできます。

【まとめ】グラフィックボードはゲームに最も重要なパーツである!

グラフィックボードの性能は、ゲームのパフォーマンスを大きく左右します。
「最も重要なパーツである」といっても過言ではありません。

どれだけCPU・メモリの性能が高くても、グラボの性能が低ければゲームはカクカクになります。
なので、ゲーミングPCを構成するなら、グラフィックボードを基準にパーツを選びましょう!

ちなみに、プレイするゲームごとに、要求されるグラフィック性能は大きく違います。
グラフィックボードの性能はあくまでも目安で、「100%大丈夫」という基準はありません。

プレイしたいゲームの推奨スペックもチェックしよう!

ゲームの必要・推奨スペックは、メーカーの公式サイトで公開されています。
絶対にプレイしたいゲームは、推奨スペックをチェックしておくことを強くおすすめします。

そしてできるだけ、推奨スペックよりも1~2段階上の性能にしたほうがいいでしょう。
推奨スペックとまったく同じだと、処理が重くなったときにカクカクになる可能性があります。

どんな時でもサクサク快適にプレイするためには、常に余裕を持たせるくらいがちょうど良いです。