CPUの温度を簡単にモニタリングできるフリーソフト【Core Temp】

こんにちは、ヨッチ(@miraiyotch)です。

パソコンを使っていて、CPUの温度がどれくらいか気になることもあると思います。
そんな時、温度をざっくりと計測するなら「Core Temp」というフリーソフトが便利です。

ここでは、CPUの温度をモニタリングできる「Core Temp」の使い方を解説しています。

余計な機能がなく、シンプルで使いやすいソフトです。
温度が高くなりがちな夏場や、高負荷がかかる作業時の温度チェックにも使えますよ。

Core Tempの使い方【インストール・日本語化】

それでは、さっそくCore Tempを導入してみましょう!
まずは、公式サイトからポータブル版・日本語化ファイルをダウンロードしておきます。

【Core Temp】公式サイトはこちら

公式サイトからポータブル版・日本語化ファイルをダウンロードする

「More downloads」をクリックすると、各種ファイルが表示されます。

ポータブル版は、「32bit・64bit」のどちらかを選んでダウンロードしましょう。
日本語化ファイルは、「Japanese」を右クリックして「名前を付けて保存」すればOKです。

ポータブル版をダウンロードする理由は、不要なソフトのインストールを避けることができるからです。
インストール版だと、不要なソフトもインストールされてしまいます。

ダウンロードしたら、Zipファイルを解凍します。
あらかじめフォルダを作っておくと良いでしょう。

Zipファイルを解凍する

Core Tempを日本語化する方法

次に、Core Tempを日本語化します。

まずは、Core Tempの本体が入っているフォルダに「Languages」フォルダを作成します。
「Languages」フォルダに、ダウンロードした「ja-JP.lng」を入れます。

Core Tempの日本語化

これで日本語化は完了しました!

Core Tempの使い方

「Core Temp.exe」をダブルクリックすれば、Core Tempが起動します。

Core Tempの画面

画面には、以下の情報がまとめて表示されています。

プロセッサ情報
現在使っているCPUの情報
温度の読み取り
CPUの温度・使用電力

僕の場合だと、Ryzen 7 3700Xを使っていて、現在のCPU温度は49度です。
リテールクーラーのWraith Prism Coolerを使っていて、しっかり冷却されていることが確認できます。

ちなみに、タスクバーにもCPU温度が表示されています。
常にモニタリングしたいときは、こちらもチェックしておくと良いでしょう。

タスクバーにもCPU温度が表示される

【まとめ】シンプルな機能でCPU温度がわかる!

Core Tempの機能は、かなりシンプルです。
プロセッサ情報・CPU温度をサクッと確認できるので、誰でもカンタンに使うことができます。

現在のCPU温度を知りたいだけなら、起動するだけでOKです。
すぐに情報が表示されるので、そのままモニタリングできます。

さらに細かい機能もあって、たとえばログを記録することも可能です。
「ツール」から1クリックで有効にできるので、興味があれば使ってみても良いと思います。

こういったフリーソフトは、モニタリング・メンテナンス用に入れておくと便利です。
動作も軽くて使いやすいので、パソコンの状態チェックに使ってみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や質問などがあれば、気軽にコメントを送ってね。