内蔵型のHDD・SSDをフロントベイに増設する方法【前面から出し入れ可】

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

パソコンを使っていて、HDD・SSDを手軽に増設したいと思ったことはありませんか?
余っているフロントベイを活用すれば、簡単に増やすことができます。

この記事では、内蔵型のHDD・SSDをフロントベイに増設する方法を紹介しています。
パソコンの前面から出し入れできるので、シャドウベイよりもさらに便利です。

では、どうやってフロントベイにHDD・SSDを取り付けるのか?
詳しくお伝えしていきます。

内蔵型のHDD・SSDをフロントベイに増設する方法

内蔵型のHDD・SSDは、フロントベイ・アクセサリで増設できます。
「HDDケース・SSDケース」と呼ばれるものです。

HDDケースは2~3段、SSDケースは1段の5.25インチベイを使用します。
HDD・SSDどちらもセットできる3.5インチ対応、SSD専用の2.5インチ対応ケースがあります。

HDD・SSD両対応ケース(3.5インチ)

フロントベイにHDD・SSDを取り付けるためには、HDDケースを使用します。
いろいろなアクセサリが販売されていて、使用するフロントベイの数によってサイズが異なります。

例えば、5.25インチベイを2段使用するHDDケースなら、3台までHDD・SSDを収納できます。
背面にファンも付いているので、冷却もバッチリです。

5.25インチベイを3段使えるなら、もっと大型のHDDケースもセットできます。
HDD・SSDを4台まで増設できるので、より使い勝手が良くなるでしょう。

SSD専用ケース(2.5インチ)

SSD専用であれば、コンパクトで収納できる数が多いSSDケースもあります。
5.25インチベイ1段で、2.5インチSSDを6台までセットできます。

こちらも背面にファンが搭載されているので、しっかりと冷却できるケースです。

【まとめ】フロントベイならHDD・SSDを出し入れしやすい

パソコンにHDD・SSDを搭載するとき、通常は「シャドウベイ」と呼ばれるところに内蔵します。
ケース内に入れてネジ止めするので、出し入れはかなり面倒です。

フロントベイを活用すれば、HDD・SSDをもっと快適に使うことができます。
ケースを開けることなく、サクッと簡単に出し入れが可能です。

パソコン前面に必要な機能をまとめれば、グッと使いやすい環境になります。

たくさんの容量が必要なゲーム・動画編集にも便利でしょう。
まるで外付けHDDのように、手軽に持ち運びもできます。

フロントベイの使い方は自由なので、あなたに必要な機能をまとめてみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。
誰かのお役に立ちそうな情報はブログ記事として紹介します!