ウェブサイトの作り方3選【ノーコード】デザイン・コーディングは不要!

ヨッチヨッチ

こんにちは!WordPressシステムマーケッターのヨッチです。
プロフィールを見る

ウェブサイトを作るとき、あなたはどんな方法が思い浮かびますか?
ホームページ制作サービスだけでなく、自分だけのサイトを運営する方法までいろいろありますよね。

この記事では、ウェブサイトの作り方を大きく3つにわけて紹介しています。
デザイン・コーディングは不要なので、専門知識なしで作ることも可能です。

運営したいサイトにあわせて作り方を選べるので、さっそくチェックしていきましょう!

ウェブサイトを作る3つの方法【コーディングなし】

コーディングなしでウェブサイトを作る方法を、まずは3つまとめてお伝えします。

  1. ホームページ制作サービス【自由度:低】
  2. WordPress + テーマ【自由度:中】
  3. WordPress + Elementor【自由度:高】

それぞれ、作成できるサイトの自由度に違いがあります。

自由度が低いサービスは、初心者でも扱いやすい傾向があります。
ただし、本格的な運用には有料プランが必要です。

自由度が高いサービスは、慣れるまで知識・経験を学ぶ必要があります。
その代わり、かなり低コストで幅広いウェブサイトを運営できます。

ここから、1つずつ順番に解説していきますね。

ホームページ制作サービス【自由度:低】

ホームページ制作サービスは、あまり自由度は高くありません。

作れるサイトの幅は、サービス側で制限されています。
やれることをコンパクトに制限しているので、扱いやすいという面もあります。

有名なホームページ制作サービスは、以下の3つです。

  1. Wix(ホームページ)
  2. ペライチ(LP)
  3. BASE(ECサイト)

Wix・ペライチは、基本的な機能は無料となっています。

Wix

サイト制作するだけなら、誰でも手軽に始めることができます。
追加機能は有料で、本格的な運用には課金が必要です。

BASEは、月額料金・初期費用はかかりません。
ただし、注文ごとの手数料・振込手数料・事務手数料がかかります。

BASE

通販ショップをすぐに開設できるので、売りたい商品がある方に便利なサービスです。

WordPress + テーマ【自由度:中】

WordPress + テーマの組み合わせは、いろいろなサイトを作れるポテンシャルがあります。
たとえば、以下のような方法でサイトを運営可できます。

  1. そのまま利用(ホームページ)
  2. テーマ or プラグイン(LP)
  3. EGO + WooCommerce(ECサイト)

【1】そのまま利用(ホームページ)

WordPressは無料なので、無料のテーマを使えばサイト制作にお金はかかりません。
インストールしてそのまま利用すれば、シンプルなホームページとして活用できます。

WordPress

ホームページ制作サービスよりも、全体的な自由度が高いのが特徴です。
固定ページでサイトとして運用したり、投稿を利用してブログも発信できます。

【2】テーマ or プラグイン(LP)

WordPressでLPを作るときは、テーマ・プラグインの機能で実装できます。
ランディングページ機能が実装されているおすすめテーマは、以下の3つです。

  • DROP
  • OOPS!
  • FAMOUS

上記3つのテーマは有料(買い切り)で、プロのデザイナーによってデザイン済みです。
テーマをインストールするだけで、ハイクオリティなLPの土台を手にすることができます。

OOPS!

DANGANページビルダーというプラグインを利用すれば、あとからLP機能を追加できます。
どんなテーマにも利用できるので、汎用性を重視したいときにおすすめです。

買い切り型のプラグインなので、初期投資のみで使い続けることができます。

【Danganページビルダー】公式サイトを見る

【3】EGO + WooCommerce(ECサイト)

EGO(有料テーマ)とWooCommerce(無料プラグイン)を利用すれば、ECサイトを運営できます。

EGOは買い切り型なので、初期投資のみでずっと通販ショップを利用できます。
長期的に運営することを考えれば、手数料がかからないので非常に低コストです。

EGO.

【EGO.】詳細を見る

WooCommerceは、物品・ダウンロード販売は無料となっています。
基本的なネットショップであれば、すべて無料で運営可能です。

定期購入など、一部の機能は有料となっています。
より高度なネットショップを運営するには、課金も検討する必要があるでしょう。

WordPress + Elementor【自由度:高】

WordPress + Elementorを利用することで、非常に自由度が高いサイト制作が可能です。
コーディングなしで、すべてのデザインを自由に構成できます。

  1. Elementor Pro(ホームページ)
  2. Elementor(LP)
  3. Elementor Pro + WooCommerce(ECサイト)

Elementorは、WordPressで使えるプラグインです。
ページビルダーと呼ばれるプラグインで、ドラッグ&ドロップだけでページをデザインできます。

Elementor(通常版)は無料、Elementor Proは有料です。
どんなサイトを作成するかによって、必要なバージョンは異なります。

デザイン済みテンプレートが用意されていて、テンプレートをもとに編集することも可能です。
ここから、ホームページのタイプ別におすすめのバージョンを紹介していきます。

【1】Elementor Pro(ホームページ)

ホームページをすべて自分でデザインして作りたいときは、Elementor Proがおすすめです。

テンプレートが追加された

Elementor Proには、テーマビルダーという専用機能があります。
テーマビルダーを利用すれば、なんとヘッダー・フッターなどのあらゆるデザインを構成可能です。

パーツはテンプレ化されるので、すべてのページで自動的に使いまわしてくれます。

非常にパワフルな機能で、コーディングなしでテーマを丸ごと作れるということです。
ほかのどんな方法よりも、簡単にオリジナルサイトを制作できます。

【2】Elementor(LP)

LPをElementorでデザインしたいときは、通常版でも問題はありません。
基本的なウィジェットはそろっているので、サクッとページを作ることができます。

普段のElementorと同じように編集

ドラッグ&ドロップだけで作れるので、直感的に作れるのが特徴です。

Pro版の専用ウィジェットを使いたいときだけ、有料版も検討してみるのが良いと思います。

【3】Elementor Pro + WooCommerce(ECサイト)

Elementor ProとWooCommerceを組み合わせれば、ECサイトまで自分でデザインできてしまいます。

編集画面に反映される

これは本当にすごい機能ですよ。
ここまで簡単かつ低コストで、オリジナルECサイトを作れるサービスはないです。

Elementor Proはページビルダーなので、どのページもドラッグ&ドロップで作成できます。
そして、テーマビルダーとWooCommerceは完全に統合されています。

つまり商品ページまでテンプレ化して、各ページでデザインを転用できるということです。

もはやコーダーがいなくても通販ショップを作れますね。
すごい時代になったものです。

【まとめ】あらゆる方法でウェブサイトを作ることができる

ここまで、ウェブサイトの作り方を大きく3つにわけて紹介してきました。

  1. ホームページ制作サービス【自由度:低】
  2. WordPress + テーマ【自由度:中】
  3. WordPress + Elementor【自由度:高】

どのやり方も、コーディングなしでウェブサイトを作ることができます。

ホームページ制作サービスは、ウェブサイトの自由度は低いです。
その代わり、初心者でも簡単に扱うことができます。

WordPressを使う方法は、慣れるまで知識・経験を学ぶ必要があるでしょう。

ただ、WordPressは世界の40%以上のサイトで使われています。
なので、今から学んでも遅くないどころか、さらに発展するポテンシャルがあります。

テンプレートを追加

特に、Elementorが持っている可能性は非常に大きいです。
まだ歴史が浅いにも関わらず、ページビルダーとして一気に成長しています。

今から習得しておけば、将来もきっと役に立つスキルとなるでしょう。

あなたが運営したいサイトにあわせて、それぞれの方法を比較してみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。