最短距離で集客するためのウェブサイト向けWordPressテーマ5選

ヨッチヨッチ

こんにちは!WordPressシステムマーケッターのヨッチです。
プロフィールを見る

最短距離で集客するためには、どうやってサイトを構築すれば良いと思いますか?
もちろん、長期的に運用することを見据えたうえでのサイト構築です。

その答えは、WordPressで高品質なテーマを導入することです。

サイトのデザインが良いのは、今の時代では当たり前といえます。
しかし、デザインに時間をかけすぎては重要なコンテンツにリソースを配分しきれません。

であれば、サイトのデザイン・基本構造は、有料テーマに任せた方が早いです。

ということで、この記事ではサイトのテーマごとに分類した有料テーマを5つ紹介します。
あなたの運用目的にあわせて、ぴったりのテーマを探してみませんか?

最短距離で集客するためのWorsPress有料テーマ【5選】

ここでは、大きく5つの種類にわけてテーマを紹介します。
以下のようなサイトを作るなら、有料テーマで効率的に作業を進めることができるでしょう。

  1. オウンドメディア
  2. 情報ポータルサイト
  3. メディア + 会員サイト
  4. 実店舗向けサイト
  5. SEOブログ

それぞれ順番に、より詳しくお伝えしていきます。

【CODE.】オウンドメディア

CODE.

まず1つめのテーマは、オウンドメディアを構築できる「CODE.」というテーマです。

オウンドメディアでは、情報量だけでなくデザインの独自性も比較されるポイントです。
たくさんの情報を見やすく、スタイリッシュに構成するには、テーマの力を活かすのが早いでしょう。

ランキングやライターの設定など、メディアに必要な機能も充実しています。
質の高いコンテンツを投稿するために、リソースを集中させやすい構成です。

逆にいえば、情報量が少ないサイトではテーマの良さを引き出すのは難しいかもしれません。
将来性も含めて、多くのコンテンツを公開するなら検討する価値があります。

【CODE.】詳細を見る

【GENSEN】情報ポータルサイト

GENSEN デモサイト

2つめのテーマは、情報ポータルサイトを構築できる「GENSEN」です。

数ある有料テーマの中でも、高度な検索機能に特化しています。
複数の条件で検索できるので、あらゆる情報をひとまとめに掲載できます。

デモサイトでは温泉を扱っていて、同じように施設やイベントを載せるのも良いでしょう。
商品・サービスをまとめることもできるので、あらゆる可能性を秘めたテーマといえます。

地域に特化したポータルサイトでスポンサー契約を結んだり、アフィリエイトにも活用できます。
販売サイトのランキングでも、常に上位をキープしている人気テーマです。

【GENSEN】詳細を見る

【Every】メディア + 会員サイト

EVERY

3つめのおすすめテーマは、会員サイトを構築できる「Every」です。

会員登録の機能を実装するのは、通常であれば複雑な作業が必要になります。
Everyをインストールすれば、あっという間にメディア + 会員サイトを構築できるのが特徴です。

テーマに会員機能が統合されているので、プラグインを導入しなくてもOKです。
メディアサイト向けのデザインなので、大量の記事もわかりやすく整理して表示できます。

サイト戦略の立て方によって、さまざまな展開ができるテーマだといえるでしょう。

【EVERY】詳細を見る

【Tree】実店舗向けサイト

Tree

4つめのおすすめテーマは、実店舗向けのサイトに最適化された「Tree」です。
お店のブランディングに特化したサイト制作に向いています。

各ページにクオリティの高い画像を設置するだけで、パララックスを簡単に導入できるのが特徴です。
商品メニュー・マップ表示の設定など、店舗に必要な情報もカスタマイズできます。

デモサイトでは飲食店として作られていますが、見せ方次第でさまざまな業種に対応できるテーマです。
ブログも投稿できるので、小さく始めてコツコツ育てるという運用に向いています。

【Tree】詳細を見る

【賢威】質実剛健・正統派のブログ

賢威

5つめのおすすめテーマは、当サイトでも使用しているSEOテーマ「賢威」です。
長い目でブログを育てていくなら、有力な候補となります。

ただ、正直なところブログ初心者の方にはあまり向いていません。
HTML・CSSをそれなりに扱える方向けです。

テーマをそのまま使うこともできるし、カスタマイズもしやすい仕様となっています。
当サイト「ミライヨッチ」も、実はいろいろと手を加えています。

SEOに関する機能も豊富で、プラグインなしで高度なSEOの設定ができます。
ただ、こちらもSEOに関する知識は必要です。

【賢威】公式サイトを見る

僕が気に入っているので、ブログ向けテーマとして「賢威」を紹介しました。
ただ、もっと手軽にブログを始めたい方には「Muum」がおすすめです。

TCDテーマなので、HTML・CSSがまったくわからなくても簡単に扱えるオプションが用意されています。

Muum

【Muum】詳細を見る

【まとめ】有料テーマでデザイン・基本構造を最適化するのが最短ルート

結論をまとめると、有料テーマをインストールするだけでデザイン・基本構造を最適化できます。

すべて自分の手でカスタマイズするのは、リソース配分が偏りすぎてしまいます。
できるだけコンテンツに手をかけてあげるのが、実は一番の近道です。

無料テーマをおすすめしない理由とは?

WordPressには無料テーマもたくさんありますが、僕は基本的にあまりおすすめはしていません。
なぜなら、有料テーマよりも作業工程が増えるからです。

また、無料テーマをカスタマイズするなら、運営者のスキルが大きく影響します。
デザイン・サイト制作に不慣れな方ほど、テーマにはお金をかけるべきです。

ちなみに、僕はWordPressを10年以上使っていて、今ではほぼ有料テーマしか使っていません。
無料テーマを使っていた頃は、カスタマイズに時間をかけすぎていました。

もちろんカスタマイズ自体はすごく楽しかったので、趣味としてブログを運営するなら良いと思います。
しかし集客が目的なら、時間をかけるのはコンテンツです。

あなたの目的を明確化したうえで、有料テーマで最短ルートを駆け抜けましょう!

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。