【Ultimate Member】設定・カスタマイズ・メール認証の方法まとめ

こんにちは、ヨッチです。

Ultimate Memberは、かなり高度な機能をもった会員サイト用プラグインです。
設定さえ変更すれば、クローズドサイトやコミュニティサイトも作成できます。

前回の記事では、「Ultimate Memberの使い方【基本編】」をお伝えしました。
この記事では、Ultimate Memberの設定について詳しく解説していきます。

設定項目はたくさんあるので、まずは全体像からざっくりとお伝えします。
先に全体を見ておくことで、より理解が深まるでしょう。

そのうえで、完全なクローズドサイトの設定方法も紹介します。

Ultimate Memberの使い方【応用編】

というわけで、Ultimate Memberの使い方【応用編】スタートです。
いきなり難しいことはやらないので、安心してくださいね。

まず最初に、設定項目をざっくり眺めてみましょう。

設定項目

ダッシュボード

「ダッシュボード」では、現在のメンバー情報をチェックできます。

ダッシュボード

  • 現在のメンバー数
  • 承認済み
  • 却下済み
  • 承認待ち(レビュー待ち)
  • メールアドレスの確認待ち
  • 休止中

これらの情報をまとめて見れるので、サイトの規模をひと目で把握できます。

設定

「設定」では、Ultimate Memberのさまざまな設定を変更できます。

設定

タブで大項目が分類されていて、タブの下にある小項目でより細かな設定に分けられています。

大項目と小項目

設定項目が多いので、ひとつずつチェックしながら順番に覚えていく必要があります。
いきなり全部の設定を使わずに、できるところから見ていきましょう。

フォーム

「フォーム」では、入力フォームを設定できます。

フォーム

デフォルトで用意されているのは、以下の3つです。

  1. 登録フォーム
  2. ログインフォーム
  3. プロフィールフォーム

たとえば、登録フォームを開くとこんな感じです。

登録フォーム

項目を自由にカスタマイズできるので、必要であれば編集しましょう。

基本的には、デフォルトのままでも大丈夫だと思います。
フォームを追加・編集したいときだけ変更すればOKです。

ユーザー権限グループ

ユーザー権限グループでは、権限ごとの設定を変更できます。

ユーザー権限グループ

ワードプレスのデフォルト設定では、新規登録時には「購読者」が割り当てられます。
つまり「Subscriber」ですね。

「Subscriber」を開くと、こんな感じです。

Subscriber

ユーザー権限に関する挙動などを、細かくカスタマイズできます。

メンバーディレクトリ

メンバーディレクトリでは、メンバー一覧ページをカスタマイズできます。

メンバーディレクトリ

デフォルトで用意されているのは「Members」です。

Members

「Members」を開くと、メンバー一覧の設定がまとめて表示されます。
どのメンバーをどの順番で表示するのか?など、細かく設定できます。

メンバーディレクトリは、コミュニティサイトで活用したい機能ですね。

拡張機能

拡張機能は、Ultimate Memberの機能をさらに拡張できる「アドオン」のことです。

拡張機能

ほかのプラグインと連携したり、高度なコミュニティ機能などを追加できます。

ほとんどの拡張機能は有料ですが、無料のままでも十分すぎるくらい高機能です。
なので、必要になったときに導入を検討してみてはどうでしょうか?

【事例】アクセス制限・登録時の手動認証を設定する方法

ここまで、Ultimate Memberの機能について全体像をお伝えしてきました。
設定はやや複雑なので、ここですべてを解説するとかなりの長文になってしまいます。

そこで、今回は事例として「アクセス制限・手動認証」の設定について解説します。

「アクセス制限・手動認証」を設定すれば、クローズドサイトとして運用可能です。
また、手動認証をメール認証に変更することもできます。

それでは進めていきましょう!

サイト全体にアクセス制限をかける

まずは、サイト全体にアクセス制限をかける設定を行います。
この設定によって、ログインしているユーザーだけがサイト内を閲覧できるようになります。

「設定」から「アクセス」タブを開いて、グローバルサイトアクセスの項目を変更しましょう。
「誰もがアクセス可能」から、「ログイン中のユーザー」に変更すればOKです。

「ログイン中のユーザー」に変更して「変更を保存」をクリック

「変更を保存」をクリックすれば、あなたのサイトは会員のみ閲覧可能なサイトに切り替わります。

ユーザー権限「購読者」に手動認証を設定する

次に、ユーザー権限「購読者」に登録する際に、手動認証を設定しましょう。

デフォルトの設定だと、登録フォームから登録できるのは「購読者」のみです。
なので、「ユーザー権限グループ」から「Subscriber」を開きます。

「Subscriber」を開く

「新規登録オプション」から、「管理者の承認が必要」を選択します。
これで承認制に変更できます。

「管理者の承認が必要」を選択

メール認証にしたい場合は、「メールの有効化が必要」を選択すればOKです。

設定を変更したら、画面右上にある「Update Role」をクリックします。

「Update Role」をクリック

これでユーザー登録が手動認証になりました。
もし登録があった際には、あなた自身がチェックして承認することで正式に登録されます。

【まとめ】クローズドサイトからコミュニティまで構築できる

ここまで、Ultimate Memberの設定についてお伝えしてきました。
カスタマイズの自由度が高く、クローズドサイトからコミュニティサイトまで構築できます。

自由度が高いだけに、設定項目もたくさんあります。
なので、あなたの必要な機能だけに絞り込むことが重要です。

まだまだ解説しきれていない機能もあるので、別記事でくわしく紹介していきます。
設定さえ済ませてしまえば、高度なメンバーズサイトも簡単に運営できますよ。

まずはどんなサイトを構築するか決めてから、プラグインの機能を活用してみてはどうでしょうか?

WEBサイトは構築よりも運用のほうが重要

あなたもご存知のとおり、WEBサイトは作って終わりではありません。
むしろ、構築してからいかに運用するかのほうが重要です。

ワードプレスを習得することで、サイト運用のスキルアップにも繋がります。
世界で最も評価されているCMSを、今こそ使ってみませんか?

より深くワードプレスを学びたい方には、僕が磨きあげたノウハウをLINE講座で配信していきます。
初心者向けに優しく解説していくので、安心してくださいね。

僕が一方的に発信するだけでなく、メンバーの皆さんと交流できるような方法も検討中です。
興味があれば、以下の詳細ページをチェックしていただければと思います。

ヨッチヨッチ

僕と一緒に、ワードプレスを楽しく学んでいきましょう!

WPクエストWPクエスト

WPクエストの詳細を見る