マザーボードのUEFIを初期化する2つの方法とは?【BIOSのリセット】

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

マザーボードには、UEFIという根幹のプログラムがあります。
以前はBIOSというものでしたが、時代に合わせてUEFIにアップグレードされました。

UEFIにバグ・トラブルがあった場合には、初期化すると直る可能性があります。
この記事では、マザーボードのUEFIを初期化する2つの方法を紹介します。

基本的にはUEFIをベースとして説明しますが、BIOSの操作も同じです。
もし古いマザーボードでBIOSを使っていても、同じ方法でリセットできますよ。

UEFI(BIOS)を初期化する2つの方法

それでは早速、UEFI(BIOS)を初期化する方法を見ていきましょう!
やり方としては、2種類の方法があります。

  1. UEFIの設定画面から初期化する
  2. CMOSクリアを実行する

【1】は、PCケースを開けなくても初期化できる方法です。
【2】は、PCケースを開けてマザーボードに触れる必要があります。

手軽なのは【1】、確実なのは【2】です。
あなたのお好きな方を選んで試してみましょう。

【1】UEFIの設定画面から初期化する

1つめはUEFI(BIOS)の設定画面から初期化する方法です。
設定画面を開く方法は2つあります。

  • Windowsの設定画面からUEFIを起動する
  • PC起動時に特定のキーを連打する

Windowsが起動するなら設定画面、起動しないならPC起動時のやり方が効果的です。

Windowsの設定画面からUEFIを起動する

Windowsの設定画面からUEFIを起動するには、「スタート」→「設定」をクリックします。

「スタート」→「設定」をクリック

設定画面を開いたら、「更新とセキュリティ」をクリックします。

「更新とセキュリティ」をクリック

左側のメニューで「回復」を選んで、「今すぐ再起動」をクリックします。

「回復」を選んで、「今すぐ再起動」をクリック

少し待つと「オプションの選択」が開くので、「トラブルシューティング」をクリックしましょう。

「トラブルシューティング」をクリック

トラブルシューティングで、「詳細オプション」をクリックします。

「詳細オプション」をクリック

詳細オプションで、「UEFIファームウェアの設定」をクリックします。

「UEFIファームウェアの設定」をクリック

「再起動」をクリックすれば、パソコンが再起動してからUEFIが起動します。

「再起動」をクリック

UEFIが起動したら、設定を初期化して終了しましょう。

設定を初期化するメニューを選ぶ

マザーボードごとにUEFIの画面は異なります。
なので、あなたの環境にあったメニューを選択しましょう!

ヨッチヨッチ

僕のマザーボードは「Asrock X570 Phantom Gaming 4」だよ!

太陽太陽

らいぜん?のために買ったんだよねー。

PC起動時に特定のキーを連打する

PC起動時に特定のキーを連打することで、UEFIを起動させることもできます。

[Delete]キーを連打するとUEFIが起動することが多い気がします。
PC起動時にちっちゃく起動メニューが書かれているので、対応しているキーを押しましょう。

UEFIの起動メニュー

僕のUEFIだと、[F2]もしくは[Delete]キーですね。
ちなみに連打と言っても、軽くトントンと叩くようなイメージです。

ヨッチヨッチ

高橋名人ばりに16連打しなくてもOK。

太陽太陽

高橋名人ってだれー?

【2】CMOSクリアを実行する

UEFIを初期化する2つめの方法は、「CMOSクリア」です。
設定を保存している情報をクリアするっていう意味ですね。

UEFIを起動しなくても初期化できるので、UEFIのメニューがわからない方にもおすすめです。

CMOSクリアも、やり方は2つあります。

  • 自然放電させる(15分程度)
  • 回路をショートさせる(非推奨)

自然放電させる(15分程度)

設定を保存している場所には、ボタン電池が使用されています。
つまり、データ保存には電気が必要ってことです。

なので、電力供給をストップして放電させれば、設定も初期化されるというわけです。
放電の手順はこんな感じ。

  1. パソコンの電源を抜く
  2. マザーボードのボタン電池を抜く
  3. 完全に放電されるまで放置する(15分程度)

まずは電源ユニットをコンセントから抜いておきます。
マザーボードを触るのだから、抜くのは当然ですよね。

次に、マザーボードにセットされているボタン電池を抜きます。
だいたいチップセットのすぐ横にセットされていることが多いです。

ボタン電池がセットされている

ボタン電池を抜いたら、そのまま15分くらい放置します。
だいたいそのくらいで完全に放電されるでしょう。

マザーボードによっては、60分とかかかることもあるみたいです。
ただ、僕は放電にそこまで長時間かかったことはありません。

とりあえず15分くらい放置すれば、リセットされているはずです。

ヨッチヨッチ

もっと時間かかったらごめんね。

太陽太陽

おにーたんは15分で大丈夫だったもんね。

回路をショートさせる(非推奨)

もう1つのCMOSクリアは、ボタン電池を抜いてから回路をショートさせる方法です。
そのまま放置することなく、一瞬で初期化できます。

ただ、最初にお伝えしておくと僕はあまり推奨していない方法です。
もし誤ったショートのやり方をしてしまうと、最悪マザーボードが故障する可能性もあります。

次のうちどれか1つの方法で、回路をショートさせます。

  • ジャンパーピンに専用のキャップを取り付ける(5~10秒ほど)
  • CMOSクリアボタンを押す
  • ジャンパーピンをマイナスドライバーでショートさせる

取扱説明書にジャンパーピンなどが記載されている

ジャンパーピン用のキャップは、マザーボードによって付属しないこともあります。
また、CMOSクリアボタンもマザーボードによってない場合があります。

そんなときは、マイナスドライバーでショートさせる必要があります。
いずれにしても、パソコンに慣れていない方には非推奨です。

確実にCMOSクリアするなら、ボタン電池を抜いて自然放電させましょう。

【まとめ】UEFI(BIOS)に不具合があれば初期化してみよう!

基本的には、UEFI(BIOS)に不具合が出ることは少ないです。
それでも、まったくないとは言い切れません。

僕は以前、Windowsの挙動が突然おかしくなったことがあります。
トラブルシューティングしても解決せず、最終的にはCMOSクリアで元通りになりました。

また、不具合が出なくても、UEFIの設定を戻したくなることもあるはずです。

UEFIには、CPU・メモリのOC、ファンの回転数、電源回りの設定変更などいろんな設定があります。
好き放題にいじっていると、どこをどう変更したのかわからなくなってくるんですよね(汗)

そんな時も初期化すればまっさらになるので、覚えておいて損はないですよ。
もしあなたもUEFIの設定をリセットしたくなったら、この方法を試してみてはどうでしょうか?

このページをブックマークしておけば、いつでもすぐに問題解決できますよ!

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。

あなたのコメントが記事になるチャンス!

誰かのお役に立ちそうな情報は、ブログ記事として紹介します。
なので、あなたも僕のブログで気になることがあれば、どんどんコメントしてくださいね!

僕の得意分野は、「パソコン(自作含む)」「ゲーム」「動画配信」といった感じです。
あなたの興味があるジャンルなら、他の記事もきっと楽しんでもらえると思います!