マザーボードのサイズの違いとは?フォームファクタの種類【3選】

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

マザーボードって、いろんなサイズがあって迷ってしまいませんか?
どんな違いがあるのかわからないと、選ぶときもすっごく大変だと思います。

この記事では、マザーボードのサイズの違い・フォームファクタの種類について解説します。

違いさえわかってしまえば、誰でも簡単にサイズを見分けることができます。
あなたにとってベストなサイズを見抜くために、ここでサクッと覚えておきましょう!

マザーボードのサイズの違いを知る方法とは?

マザーボードのサイズを知るには、「フォームファクタ」という規格がわかればOKです。
規格を知っておくだけで、マザーボードの適切なサイズを判断できます。

「フォームファクタ」は、サイズをわかりやすく区別するための用語です。

マザーボードのサイズが大きいほど、パソコンの拡張性は大きくなります。
しかし、その分だけパソコン本体のサイズも大きくなります。

拡張性・省スペース性は、それぞれ反比例する要素ということは覚えておきましょう。

マザーボードの規格が決まれば、PCケースのサイズもほぼ決まります。
適切なサイズで調整すれば、あなたにとってピッタリのPCケースが見つかるでしょう!

代表的なフォームファクタの種類【3選】

それでは、代表的なフォームファクタの種類を3つ紹介します。
現在のパソコンでは、この3つが使われることが非常に多いです。

代表的なフォームファクタの種類

ATX
ミドルタワー~フルタワー向け
サイズは大きめ
拡張性が高い
Micro-ATX
ミニタワー向け
サイズは中くらい
拡張性は普通
Mini-ITX
スリムタワー・キューブ型向け
サイズは小さい
拡張性は低い

【1】ATX

ATX

3つの中でも特に人気なのが、「ATX」です。
その理由は、ハイスペックなゲーミングPC・クリエイター向けPCを構成できるからです。

拡張スロットがいくつも搭載されていたり、耐久性を高めた製品も販売されています。
幅広いラインナップの中から、あなたの環境に合わせたマザーボードを選ぶことができます。

ミドルタワーであれば、パソコンとしては許容範囲内のサイズだと言えるでしょう。
フルタワーはかなり大きいので、事前に場所を確保しておいた方が良いと思います。

強いこだわりがなければ、ミドルタワーでも十分すぎる性能を発揮できます。
長く使えるメインPCを構成するなら、ぜひともATXを使いたいところです。

【2】Micro-ATX

Micro-ATX

「Micro-ATX」も人気が高いフォームファクタの1つです。
ミニタワーに使われるサイズで、ほど良い拡張性・省スペース性を持っています。

インターネット・事務用であれば、非常にオススメのサイズです。
必要十分な拡張性があって、それでいてミドルタワーよりも省スペースです。

ミドルスペックくらいのゲーミングPCなら、Micro-ATXでも十分に可能です。
エントリーモデルとして考えているなら、ミニタワーで構成するのも良いでしょう。

ただ、ハイスペックなグラフィックボードを搭載するようになると厳しいです。
拡張性が限られているので、ケース内に収まりきらなくなる可能性があります。

【3】Mini-ITX

Mini-ITX

Mini-ITXは、3つのフォームファクタの中でも一番小さいサイズです。
スリムタワー・キューブ型PCに使われています。

拡張性はほとんどありませんが、とにかく省スペースで使えるのが特徴です。

用途としては、ほぼインターネット・事務用に限られます。
必要最低限のスペックでパソコンを使いたい時に検討したいフォームファクタです。

ゲーミング・クリエイター向けとして使うのは非常に厳しいです。
特化型PCで使うなら、ある程度はスペックが制限されることを考慮する必要があります。

PCケースのサイズも限られるので、デザイン性を重視するのも難しいでしょう。

【まとめ】PCの拡張性・省スペース性でフォームファクタを選ぼう!

マザーボードのフォームファクタが決まれば、PCケースのサイズも決まります。
なので、まずは拡張性・省スペース性を考えてみるのがオススメです。

拡張性・省スペース性のバランスを決めたら、それに合わせてフォームファクタを選びます。
フォームファクタが決まったら、そのサイズに合うPCケースを選定しましょう!

コンセプトを決めておくと選びやすい

このように、パソコンのパーツは相互に関わり合って決まっていきます。
なので、あなたのコンセプトを決めて選ぶことが重要です。

ハイスペックなゲーミングPCであれば、ATXを優先的に選ぶことになるでしょう。
インターネット・事務用であれば、Mini-ITX・Micro-ATXが良さそうです。

また、将来性を考慮して選ぶのも良いと思います。

今はインターネットがメインだけど、将来的には動画編集をしたい。
そんな場合であれば、最初からATXを選ぶという方法もあります。

ATXくらい拡張性が高ければ、あとからパーツを増設するのもカンタンです。

パソコンには、人それぞれの個性が出てきます。
あなたの希望に合わせて、最適なサイズのマザーボードを選んでみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。

あなたのコメントが記事になるチャンス!

誰かのお役に立ちそうな情報は、ブログ記事として紹介します。
なので、あなたも僕のブログで気になることがあれば、どんどんコメントしてくださいね!

僕の得意分野は、「パソコン(自作含む)」「ゲーム」「動画配信」といった感じです。
あなたの興味があるジャンルなら、他の記事もきっと楽しんでもらえると思います!