パソコンに取り付けるドライブは何インチ?3種類のサイズを紹介!

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

パソコンに取り付けるドライブのサイズって、いくつか種類がありますよね。
サイズごとに、ちゃんと役割があるって知っていましたか?

この記事では、パソコンに取り付けるドライブのサイズを3種類まとめて紹介します。

それぞれの役割を知っておけば、適切なサイズを選ぶことができます。
PCケースにもスムーズに取り付けられるので、ここでサクッと覚えておくと便利です。

パソコンに取り付けるドライブのサイズ【3種類】

まずは、ドライブのサイズを3種類まとめてお伝えします。

  • 【5.25インチ】DVD/Blu-rayドライブなど
  • 【3.5インチ】HDDなど
  • 【2.5インチ】SSDなど

大きくわけると、サイズごとにこのような役割があります。
Blu-rayドライブ・HDDであれば、なんとなくイメージできるのではないでしょうか?

ここから、1つずつ詳しくお話ししていきますね

【5.25インチ】DVD/Blu-rayドライブなど

5.25インチは、DVD/Blu-rayドライブなどによく使われるサイズです。
パソコンのフロントパネルに設置できるサイズということですね。

サイズが大きめのドライブなので、工夫次第でいろんな使い方ができます。
たとえば、USBハブ・小物入れ・ファンコントローラーなど、幅広いアクセサリを設置できます。

PCケース前面にセットできるので、手元で操作しやすいのがメリットです。

【3.5インチ】HDDなど

3.5インチは、主にHDDに使われるサイズです。
2020年8月現在、PCケースの内部に格納されることが多いドライブです。

ここ最近は、フロントパネルに3.5インチを設置することは少なくなっています。
ミドルタワー以上のケースだと、フロントパネルは5.25インチが主流です。

現在であれば、3.5インチは「HDD・SSDなどを内蔵するサイズ」と覚えておけばOKです。

【2.5インチ】SSDなど

2.5インチは、主にSSDに使われるサイズです。
また、ノートパソコン用のHDDにもよく使われます。

デスクトップPCで2.5インチが使われることは少なく、基本的にはノートパソコン用のサイズです。

ちなみに、SSDは2.5インチで販売されていることがほとんどです。
もしデスクトップPCにセットする時は、付属の3.5インチ変換マウンタを使用します。

2.5インチのHDDも、変換マウンタを使用すればデスクトップPCにセットできます。
とはいえ、HDDは3.5インチでも販売されているので、あえて2.5インチにする必要はないでしょう。

【まとめ】ドライブベイにあわせてサイズを選ぼう!

ここまでの内容をまとめると、ドライブのサイズごとの役割はこんな感じです。

5.25インチ
DVD/Blu-rayドライブ
フロントパネル用アクセサリ
3.5インチ
デスクトップ用HDD
(旧)フロッピーディスク
(旧)フロントパネル用アクセサリ
2.5インチ
SSD
ノートパソコン用HDD

役割を覚えておけば、必要なパーツを追加するときにも便利です。

たとえば、フロントパネル用アクセサリを増設するなら5.25インチが基本となります。
DVD/Blu-rayドライブと同じサイズ、と覚えておけばイメージしやすいです。

パソコンにおける豆知識として知っておけば、いざという時も迷わずパーツ選択ができるでしょう。
あなたの用途にあわせて、ドライブのサイズをチェックしてみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。
誰かのお役に立ちそうな情報はブログ記事として紹介します!