ドライブベイのサイズ(インチ)を変換する方法【2.5→3.5→5.25】

ヨッチヨッチ

こんにちは。WordPressシステムマーケッターのヨッチです。
ストーリーを見る

ドライブベイにSSDなどを設置するとき、サイズが合わなくて困ることってありませんか?
PCケースごとにサイズが決まっているので、なんとかセットしたいですよね。

この記事では、ドライブベイの取り付けサイズを変換する方法を紹介しています。
2.5インチ→3.5インチ、3.5インチ→5.25インチと、ひと回り大きく変換できる方法です。

ここで覚えておくと、いざという時もすぐ対応できますよ。

ドライブベイの取り付けサイズを変換する方法

どうやってサイズを変換するかというと、「変換マウンタ」というパーツを使用します。
変換マウンタを使用すれば、ひと回り大きいサイズで設置できます。

【2.5インチ→3.5インチ】SSD向け

2.5インチ→3.5インチの変換マウンタは、SSDをデスクトップPCに取り付けるときに活躍します。

パソコン用のSSDは、基本的にはすべて2.5インチで販売されています。
パーツの種類によっては、変換マウンタが付属していません。

人気のSSD「Crucial MX500」も同様です。

そんな時は、変換マウンタを用意しておけば安心です。
SSDはもちろん、ノートパソコン用HDDをデスクトップPCに交換するときにも使えます。

【3.5インチ→5.25インチ】ドライブベイ・アクセサリ向け

3.5インチ→5.25インチの変換マウンタは、フロントベイ・アクセサリに使えます。

たとえば、3.5インチベイ用のカードリーダーがアマゾンでは人気です。

5.25インチのフロントパネルに取り付けるなら、変換マウンタが必要になります。

3.5インチのフロントベイ・アクセサリは、今でも根強く残っています。
もし気に入ったパーツが3.5インチであれば、変換マウンタで5.25インチにすることも可能です。

最近のPCケースは、3.5インチのフロントパネルがなくなってきています。
間違ったサイズを購入した場合でも、ちょっとした工夫で解決できるのは嬉しいですね!

【まとめ】変換マウンタでドライブベイのサイズに合わせよう!

変換マウンタを使えば、あなたが設置したいドライブベイのサイズに変換できます。
普段はあまり意識しないかもしれませんが、いざという時に役立つ知識でしょう。

「こんなことができるんだな」ということを覚えておけば、自作するときも安心です。
いろんな選択肢をもっておけば、トラブルにもサクッと対処できます。

【パソコンの自作が不安な方へ】自作PCプランを作成します!

パソコンを自作するときって、どんなパーツを選べばいいか迷ってしまいませんか?

予算の立て方・スペック計算・パーツの互換性チェックなど、難しそうに感じるかもしれません。
今回の記事のように、ドライブベイのサイズにも気を配る必要があります。

そんな時は、僕があなたの自作PCプランを作成します!
あなたの希望をしっかりお聞きして、最高のPCプランをご提案します。

まずはDMで質問・相談もOKなので、気軽に声をかけてみてくださいね。
【ロマン溢れる自作PCプラン作成します!】プラン作成の詳細はこちら

PS. 最新の更新情報について

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

現在は、ウェブサイト(WordPress)の記事を中心にアップしています。
また、Webマーケティング・マネタイズについてお話しできることもたくさんあります。

もし興味があれば、いろんなページを見てもらえると嬉しいです。