X570は他のSocket AM4マザーボードとどう違う?価格が高い理由を解説!

ヨッチヨッチ

こんにちは、ブログ運用メンターのヨッチです。

X570チップセットは、他のSocket AM4マザーボードに比べて値段がグッと高くなっています。

  • X570:2~3万円
  • X470:1~2万円
  • X370:1万円前後

こんな感じで価格差があります。
チップセットによる違いって何があるでしょうか?

この記事ではX570は他のSocket AM4マザーボードとどう違うのか理由を解説しています。
理由を知ることで、どんな人にX570が向いているのかもわかります。

あなたにとって価値のあるマザーボードなのか、ここでチェックしてみませんか?

【最大の違い】PCIe Gen4に対応(第3世代Ryzen)

X570と他のチップセットの大きな違いとは、PCIe Gen4に対応しているかどうかです。

「PCIe Gen4」とは、次世代の高速通信を可能とするインターフェースです。
X570のマザーボードに第3世代以降のRyzenをセットすれば、「PCIe Gen4」が有効になります。

対応するM.2 SSDをセットすることで、なんと読込速度5000MB/sで動作させることができます。

5000MB/sがピンとこない方も、よく見かけるSata SSDと比較すれば違いがわかります。

Sata SSDの読込速度は、だいたい550MB/s前後です。

つまりM.2 SSD(PCIe Gen4)は、Sata SSDの10倍近くの速度でアクセスできます。
通常のSSDでも高速なのに凄まじい速さですよね。

Windowsの起動・ゲーム・動画編集など、様々な作業で5000MB/sの恩恵を受けることができます。
ファイルアクセスのボトルネックが、一気に解消されるでしょう!

【まとめ】5000MB/sを体験したいならX570にしよう!

PCIe Gen4の凄まじい速度を体感するには、X570チップセットは必須です。(2020年8月現在)
価格が高い理由は、X570だけが体感できるアクセス速度にあるといって良いでしょう。

PCIe Gen4を有効にするために必要な3つの条件をまとめます。

  1. X570のマザーボードを使用する
  2. 第3世代以降のRyzenを使用する
  3. PCIe Gen4に対応したM.2 SSDを使用する

この3つをすべて揃える必要があります。

ハードルはやや高めですが、どれもすぐ手に入るパーツです。
Ryzenに興味があれば、マザーボード・SSDにもこだわってみると面白いと思います。

あなたが今まで体感したこともない爆速でWindowsやゲームが起動するかもしれません(笑)
これまでのレベルを逸脱した速さなので、体感してみる価値ありです。

予算を少しだけ多めに見積もって、自作PCのロマンに投資してみてはどうでしょうか?

プラン作成の依頼・相談もお受けしてます

ちなみに、僕の方で自作PCプランの作成依頼もお受けしてます。
PCIe Gen4を体感してみたいときは、対応したパーツ選定も可能です。

もし僕のサポートやプラン作成をご希望であれば、いつでも気軽に声をかけてくださいね。

【ロマン溢れる自作PCプラン作成します!】プラン作成の詳細はこちら

PS. 最新の更新情報について

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

現在は、ウェブサイト(WordPress)に関する記事を毎日アップしています。
今は個人でも、戦略があればウェブサイトで稼ぐことができる時代です。

もし興味があれば、いろんなページを見てもらえると嬉しいです。