実況動画・ライブ配信のパソコンに必要なスペック・パーツとは?

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

パソコンは、使う目的によって重視するパーツが異なります。
マンガやイラストを描くときも、PCスペック・パーツの確認が重要です。

ここでは実況動画・ライブ配信のパソコンに必要なスペック・3つのパーツを紹介します。

必要なスペックさえわかれば、パーツ選びもカンタンです。
どんなパソコンを選べばいいか、すぐに見分けることができますよ。

実況動画・ライブ配信のパソコンに必要なスペックとは?

実況動画・ライブ配信では、以下の3つのスペックを高めることが重要です。

  • ソフトの処理速度
  • 同時起動できるソフトの数
  • グラフィックの処理速度

3つのスペックを高めることで、以下のようなメリットがあります。

  • 作業効率が向上・処理落ちが少なくなる
  • 複数のソフトがスムーズに動作する
  • より高画質で配信できる

パソコンのスペックを高めておくと、これだけの恩恵があります。
そして、必要な機能を向上させるためには、対応したパーツを選んであげることが大事です。

実況動画・ライブ配信で注目したい3つのパーツ

特に注目したいパーツは、以下の3つです。

CPU
性能が高いほど、ソフトの処理速度が上がる
Core i5くらいの性能は欲しい
Core i7なら快適!
メモリ
容量が多いほど、複数のソフトもスムーズに動作する
16GBは欲しい
32GBあれば快適!
グラフィックボード
性能が高いほど、高画質のゲーム配信に優れる
GTX 1660 SUPERくらいの性能は欲しい
RTX 2070 SUPERなら快適!

これら3つのパーツで、実況動画・ライブ配信の作業効率はほぼ決まります。

CPU・メモリ・グラボの性能が高ければ、ソフトがサクサク動作して、ゲームの画質も向上します。
本格的に動画作成・ライブ配信するほど、作業への影響は大きくなるでしょう。

さらにストレージ(SSD)の性能が良ければ、ファイルへのアクセス速度が向上します。
なので、余裕があればM.2 SSDも増設しておくと隙がなくなります。

【まとめ】まずはCPU・メモリ・グラボの性能を高めよう!

実況動画・ライブ配信でパソコンを使うなら、まずはCPU・メモリ・グラボの性能を高めましょう!
その理由は、以下の3つのメリットがあるからです。

  • ソフトの処理速度
  • 同時起動できるソフトの数
  • グラフィックの処理速度

これら3つは、実況動画・ライブ配信に必須です。
本格的に動画作成・ライブ配信するほど、作業効率の影響は大きくなります。

どんなパーツが良いか迷ったら、以下のスペックが参考になります。

CPU
Core i5くらいの性能は欲しい
Core i7なら快適!
メモリ
16GBは欲しい
32GBあれば快適!
グラフィックボード
GTX 1660 SUPERくらいの性能は欲しい
RTX 2070 SUPERなら快適!

Core i5・メモリ16GB・GTX 1660 SUPERなら、それなりに快適なパソコンが完成します。
事務・インターネット用と比べると、圧倒的に使いやすく感じるでしょう。

Core i7・メモリ32GB・RTX 2070 SUPERなら、さらに作業効率は良くなります。
高画質のPCゲームをプレイしても、サクサク快適に配信できるでしょう。

パソコンは、かける費用によってスペックが上下します。
なので、どのくらいのスペックにするかは、あなたの予算で選ぶのが良いと思います。

お金をかけるほど快適になるので、目的にあわせてパーツを選んでみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。
誰かのお役に立ちそうな情報はブログ記事として紹介します!