マンガ・イラスト制作のパソコンに必要なスペックと3つのパーツとは?

ヨッチヨッチ

こんにちは。Web戦略コンサルタントのヨッチです。
プロフィールを見る

パソコンは、使う目的によって重視するパーツが異なります。
マンガやイラストを描くときも、PCスペック・パーツの確認が重要です。

ここではマンガ・イラスト制作のパソコンに必要なスペック・3つのパーツを紹介します。

必要なスペックさえわかれば、パーツ選びもカンタンです。
どんなパソコンを選べばいいか、すぐに見分けることができますよ。

マンガ・イラスト制作のパソコンに必要なスペックとは?

マンガ・イラスト制作では、以下の3つのスペックを高めることが重要です。

  • ソフトの処理速度
  • 扱えるレイヤーの数
  • ファイルのアクセス速度

3つのスペックを高めることで、以下のようなメリットがあります。

  • イラストの作業効率が向上する
  • レイヤーをわかりやすく管理できる
  • ファイルの動作が快適になる

パソコンのスペックを高めておくと、これだけの恩恵があります。
そして、必要な機能を向上させるためには、対応したパーツを選んであげることが大事です。

マンガ・イラスト制作で注目したい3つのパーツ

特に注目したいパーツは、以下の3つです。

CPU
性能が高いほど、ソフトの処理速度が上がる
Core i5くらいの性能は欲しい
Core i7なら快適!
メモリ
容量が多いほど、扱えるレイヤーの数が多い
16GBは欲しい
32GBあれば快適!
ストレージ(SSD)
アクセス速度が速いほど、ファイルの動作が快適になる
SATA SSAは欲しい
M.2 SSDなら快適!

これら3つのパーツで、マンガ・イラスト制作の作業効率はほぼ決まります。

CPU・メモリ・SSDの性能が高ければ、ソフトがサクサク動作して、ファイルもパッと開けます。
たくさんのイラストを描けば描くほど、作業への影響は大きくなるでしょう。

さらにグラフィックボードもあると、ソフトによっては追加機能が使えます。
なので、余裕があればグラボも増設しておくと隙がなくなります。

【まとめ】まずはCPU・メモリ・SSDの性能を高めよう!

マンガ・イラスト制作でパソコンを使うなら、まずはCPU・メモリ・SSDの性能を高めましょう!
その理由は、以下の3つのメリットがあるからです。

  • イラストの作業効率が向上する
  • レイヤーをわかりやすく管理できる
  • ファイルの動作が快適になる

これら3つは、マンガ・イラスト制作に必須です。
たくさんのイラストを描くほど、作業効率の影響は大きくなります。

どんなパーツが良いか迷ったら、以下のスペックが参考になります。

CPU
Core i5くらいの性能は欲しい
Core i7なら快適!
メモリ
16GBは欲しい
32GBあれば快適!
ストレージ(SSD)
SATA SSAは欲しい
M.2 SSDなら快適!

Core i5・メモリ16GB・SATA SSDなら、それなりに快適なパソコンが完成します。
事務・インターネット用と比べると、圧倒的に使いやすく感じるでしょう。

Core i7・メモリ32GB・M.2 SSDなら、さらに作業効率は良くなります。
大量のレイヤーを扱っても、サクサク快適に描き続けることができるでしょう。

パソコンは、かける費用によってスペックが上下します。
なので、どのくらいのスペックにするかは、あなたの予算で選ぶのが良いと思います。

お金をかけるほど快適になるので、目的にあわせてパーツを選んでみてはどうでしょうか?