【PCケース】エアフローの正圧・負圧の違いとは?埃を防ぐのはどっち?

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

PCケースのエアフローは、大きくわけて正圧・負圧の2種類があります。
どんな違いがあって、どちらを選べば良いのでしょうか?

この記事では、エアフローの正圧・負圧の違いについて解説しています。
また、どちらで構成すれば良いかもお伝えしています。

PCケースのエアフローに興味があれば、知っておいて損はないですよ!

エアフローの正圧・負圧の違いとは?

PCケースのエアフローは、吸気・排気のファンで強さが異なる場合があります。
その際、吸気が強い場合は「正圧」排気が強い場合は「負圧」と覚えればOKです。

「ファンの強さが違うだけでしょ?」と思うかもしれませんが、実は大きな違いがあります。

わかりやすいように、正圧・負圧の違いを一覧表でまとめて紹介します。

正圧 負圧
ファンの強さ 吸気が強い 排気が強い
PCケースの隙間 空気が出る 空気が入る
ケース内のホコリ 入りにくい 入りやすい

このように、PCケース全体のエアフローにまで影響を及ぼすのです。

正圧は吸気ファンが強いので、PCケースの隙間から空気が出やすくなります。
負圧の場合だと逆です。

PCケースに埃が入りやすい場合は、ファンの強さをチェックしてみましょう。
もし負圧になっていると、PCケースの隙間から埃が入り込んでいる可能性があります。

なので、ケースファンを取り付ける際には、正圧・負圧のどちらか考えてセットする必要があります。

正圧・負圧のどっちがオススメ?

PCケースの場合だと、正圧のほうがオススメです。

先ほどもお伝えしたとおり、正圧であればケースの隙間から埃が入りづらくなります。
正圧が難しければ、できるだけ吸気・排気は同じバランスにしたほうが良いでしょう。

負圧になると、隙間からどんどん埃が入ってきます。
せっかくファンにフィルターを付けていても、効果が半減してしまいます。

PCケース以外の分野では、正圧・負圧は状況によって使い分けられています。
なので、どちらかに優劣を付ける必要はありません。

あくまでも、「PCケースには正圧が向いている」ということになります。

【まとめ】PCケースのファンの強さをチェックしてみよう!

PCケースのファンは、個数・回転数によって風の強さが変わります。

ファンの個数は、PCケースによって違いが出てきます。
なので、あなたのケースに合わせて調整してあげるのが良いでしょう。

ファンの回転数は、アプリ・UEFI(BIOS)・ファンコントローラーで調整できます。

アプリが一番手軽ですが、環境によっては微調整がしにくい場合があります。
UEFIだと微調整できる場合もありますが、やはり環境に依存します。

ファンコントローラーであれば、どんな環境であっても調整しやすいです。
ただしPCパーツを増設する必要があるので、一番手間がかかる方法でもあります。

僕の場合だと、UEFIで温度によってファンの回転数を調整しています。

別記事でファンの回転数のことも説明しているので、興味があれば読んでみてはどうでしょうか?

というわけで、ケース内のエアフローが正圧になるように、ファンの強さをチェックしてみましょう!

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。
誰かのお役に立ちそうな情報はブログ記事として紹介します!