【自作PCのパーツ選び】記憶媒体はSSD・HDDのどっちを使えばいい?

ヨッチヨッチ

こんにちは。WordPressシステムマーケッターのヨッチです。
ストーリーを見る

前回の記事では、CPU・マザーボードの次にメモリを選ぶ方法について紹介しました。
CPU・マザーボード・メモリが決まれば、自作PCの必須パーツはだいたい揃ってきました。

今回は、メモリを選んだあとに記憶媒体(SSD・HDD)を選ぶ方法をお伝えしていきます。

SSD・HDDは、ご存知のとおりパソコンのデータを保存します。
それぞれに適した使い方があるので、使い分けが重要です。

OS向き・バックアップ向きの記憶媒体を紹介するので、用途に合わせて選んでいきましょう!

【記憶媒体を選ぶ方法】SSD・HDDのどっちを使う?

それでは、どうやって記憶媒体を選べばいいのかお伝えしていきます。

【SSD】OS・ソフトウェアのインストール向き

SSDは、OS・ソフトウェアをインストールするのに向いています。
HDDよりも圧倒的に早いので、OS・ソフトウェアはできるだけSSDに入れましょう。

ちなみに、SSDには「SATA」「M.2」という種類があります。

SATAは幅広いマザーボードに接続できますが、速度はM.2に劣ります。
M.2は接続できるスロットが限られますが、SATAよりもずっと高速です。

マザーボードがM.2スロットに対応していれば、M.2 SSDを選ぶのがオススメです。

M.2スロット

最近のマザーボードは、M.2スロットを1つ以上は搭載していることがほとんどです。
なので、最初に選ぶのはM.2 SSDとなることが多いでしょう。

M.2スロットがなかったり、スロット数以上のSSDを増設するなら、SATA SSDも検討しましょう。

優先度としては、「M.2>SATA」です。
M.2スロットが空いているなら、M.2 SSDを選ぶのが基本だといえます。

【HDD】大容量ファイルの保存・バックアップ向き

SSDに対して、HDDは大容量ファイルの保存・バックアップに向いています。
速度はSSDよりも落ちますが、容量に対する価格はかなり安いです。

たとえば、大事に保存したい画像・音楽ファイルなどはHDDに入れておくと良いでしょう。
容量が大きくなりがちなバックアップも、HDDに入れておけば費用を抑えられます。

僕が個人的にオススメしているメーカーは、「Western Digital(WD)」「東芝」です。
もし迷ったら、WD Blueを選んでおけば間違いありません。

逆に、頻繁にアクセスするファイルはHDDには入れないことをオススメします。
OS・ソフトウェア・編集用の動画ファイルなどはアクセスが多いので、HDDには向いていません。

【まとめ】メインの記憶媒体はSSDを選ぼう!

普段から使うメインの記憶媒体は、SSDを強くオススメします。
なぜなら、アクセス速度の恩恵がかなり大きいからです。

パソコンを起動したら、必ずOSも起動します。
OSが入っているSSDが高速であれば、それだけ起動も速くなります。

もしOSがHDDに入っていたら、あまりにも起動が遅くてイライラしてしまうでしょう。

ソフトウェアに関しても同じです。
容量が大きいソフトほど、アクセス速度の影響は大きくなります。

予算の上限がないのであれば、記憶媒体はすべてSSDにしても良いくらいです。

とはいえ、バックアップまでSSDに保存するのは、せっかくのアクセス速度がもったいないです。
費用対効果を考えるのであれば、大容量ファイルの保存・バックアップはHDDにしておきましょう。

記憶媒体を使い分ければ、快適な使い勝手・コスパの良い運用を両立できます。
あなたの用途にあわせて、SSD・HDDから選んでみてはどうでしょうか?

PS. 最新の更新情報について

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

現在は、ウェブサイト(WordPress)の記事を中心にアップしています。
また、Webマーケティング・マネタイズについてお話しできることもたくさんあります。

もし興味があれば、いろんなページを見てもらえると嬉しいです。