【マザーボード】PCケースの取り付けにスペーサーが必要な理由とは?

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

マザーボードをPCケースに取り付けるとき、スペーサーという部品を使用します。
なんとなく不要に見える部品ですが、どんな役割があるのでしょうか?

この記事では、マザーボード・PCケースにスペーサーが必要な理由を解説しています。

パソコンを自作するうえで、スペーサーの取り付けも大切な手順の1つです。
ここで役割を覚えておいて、自作するときも忘れずにセットしておきましょう!

マザーボード・PCケースにスペーサーが必要な理由

マザーボード・PCケースにスペーサーが必要な理由は3つあります。

  1. PCケースとの干渉を防ぐ
  2. 静電気・衝撃を避ける
  3. I/Oパネルの位置を合わせる

スペーサーは、マザーボードを安全に扱うために使用されます。
かならず取り付ける必要があるため、スペーサーなしだとI/Oパネルの位置が合わなくなります。

【1】PCケースとの干渉を防ぐ

PCケースの底板には、金属が使われていることも多いです。
なので、マザーボードと干渉することで、ショートしてしまう危険性があります。

スペーサーでマザーボードを浮かせれば、ショートすることなく安全に使用できます。

【2】静電気・衝撃を防ぐ

マザーボードの基盤を浮かせることで、静電気・衝撃を防ぐという効果もあります。

マザーボードは、すべてのPCパーツを搭載する土台となるものです。
さまざまな回路が集約されているので、静電気・衝撃には十分に注意が必要です。

PCケースを移動する時なども、スペーサーがあることで回路への衝撃を緩和できるでしょう。

【3】I/Oパネルの位置を合わせる

マザーボードのI/Oパネルの位置も、スペーサーによって調整されます。
スペーサーなしで取り付けた場合は、I/Oパネルが少しずれてしまいます。

パネルがずれた状態のままだと、必要な端子を使うこともできなくなってしまいます。
もしI/Oパネルの位置が合わないときは、スペーサーを取り付けているか確認してみましょう。

【まとめ】スペーサーはマザーボードを保護するための部品

ひと言でいってしまえば、スペーサーはマザーボードを保護するための部品です。
マザーボードを浮かせることで、回路のショート・静電気・衝撃を防いでくれます。

パソコンを自作するなら、基本的にスペーサーは必要です。
PCケースにスペーサーが付属していたら、必ず取り付けるようにしましょう。

取り付ける方法は、マザーボードの位置に合わせてPCケース側にスペーサーをセットするだけです。
すごく簡単なので、初めての自作でも問題なくセットできると思います。

自作に慣れている人は、マザーボードの取り付けにスペーサーが必要なことは十分わかっています。
ただ、あまり慣れていないときは忘れずに取り付けるようにしましょう。

大切なマザーボードが、スペーサーがないために故障してしまうのはすごく残念になっていまいます。
ケアレスミスをなくして、自作PCを思いっきり楽しんでいきましょう!

自作PCのプラン作成もやってます!

できれば自作PCを組みたいけど、パーツ選びに迷ってしまうこともあると思います。

「どんなパーツを選んで、どう組み合わせればいいかわからない・・・」

なにを重視すればいいか、費用はどれくらいかかるのか、あなたは悩んでいませんか?
こだわりの自作PCを組み立てるためには、しっかりした自作PCプランが必要です。

そんな時は、僕があなたの自作PCプランを作成します!
あなたの希望にあわせて、パソコンの魅力を引き出していきます。

気になること・困ったことがあれば、いつでも気軽に声をかけてみてくださいね。

【ロマン溢れる自作PCプラン作成します!】プラン作成の詳細はこちら

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。
誰かのお役に立ちそうな情報はブログ記事として紹介します!