なぜAMDのRyzenが話題になっているのか?【圧倒的なコスパの理由】

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

AMDがRyzen(第3世代)を発表して以来、大きな話題となっているのは知っていると思います。
また、Intelと比べてコスパが良いと聞いたことがあるかもしれません。

ここではなぜAMD Ryzenが話題になっているのか?コスパが良い理由を解説しています。

今やIntelのシェアを抜いてしまったAMD。
その立役者となったのは、間違いなく第3世代のRyzenです。

ここから、話題になっている理由とコスパの良さについて見ていきましょう!

AMD Ryzenが話題になっている理由とコスパの良さ

なぜRyzenが話題になり、人気が急上昇したのか?
それは、第3世代のRyzenで新たな技術が採用されたからです。

新たな技術とは、「7nm」のプロセスルールです。

第3世代のRyzenこそ、7nmのプロセスルールが初めて採用されたCPUです。
それまでと一線を画す技術となっており、発売前から大きな話題となりました。

プロセスルールが微細化することで3つのメリットがあります。

  1. CPUの性能が上がる
  2. コストパフォーマンスが良くなる
  3. 消費電力が抑えられる

Ryzen(第3世代)は、プロセスルールの微細化による恩恵をすべて受けたCPUといえます。
だからこそ、高性能・コスパ良好・消費電力が低いという素晴らしいスペックとなっています。

Core iシリーズとRyzenの違いとは?

CPUのメーカーは、大きくわけるとIntel・AMDの2社が製造しています。
なので、プロセスルールに関しても2社が比較されることが多いです。

AMD Ryzenは、7nmのプロセスルールとお伝えしました。
それに対して、Intel Core iは14nmです。

今のところRyzenの方が細かく製造されているので、性能・コスパともに良好となっています。

IntelとAMDが同じくらいの性能・コスパであれば、Ryzenもここまで話題にはならなかったでしょう。
競合他社と比較できるからこそ、Ryzenのメリットが引き立っているというわけです。

【まとめ】Ryzenが人気の理由はプロセスルールにある

内容をまとめると、第3世代のRyzenが人気の理由はプロセスルールにあります。
競合他社であるIntelと比較して、より微細化されているのがポイントです。

プロセスルールのイメージ

プロセスルールの微細化により、RyzenはCore iシリーズに対して3つの優位性があります。

  1. CPUの性能が上がる
  2. コストパフォーマンスが良くなる
  3. 消費電力が抑えられる

また、第3世代のRyzenはゲーミング性能も大きく向上しています。
Core iシリーズと比べても差はほとんどありません。

これまではゲーミング性能を重視してIntelを選ぶ人も少なくありませんでした。
しかし性能差が少なくなったことにより、ゲーマーまでもがRyzenを搭載しています。

僕もまさにPCゲーマーですが、Ryzen 7 3700XでゲーミングPCを組んでいます。

実際に使っていてかなりオススメのCPUなので、自作に興味があれば選ぶ価値ありです。

Ryzenに興味を持つ人・選ぶ人がたくさんいる

僕がプラン作成の依頼をいただいた際には、かなりの頻度でRyzenについてご質問いただきます。
そして結果的に、ほとんどの方がRyzenを選ばれています。

自作PCのプランを作成すれば、CPUの性能・コスパを数値として比較できます。
予算にも多大な影響を与えるので、Ryzenが選ばれるというわけです。

もし僕に自作PCのプラン作成を依頼されたいときは、いつでもお気軽にご相談くださいね。
あなたにとって最高の自作PCプランをご提案します!

【ロマン溢れる自作PCプラン作成します!】プラン作成の詳細はこちら

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。
誰かのお役に立ちそうな情報はブログ記事として紹介します!