代表的なPCケースのサイズ3選【フルタワー・ミドルタワー・ミニタワー】

どもども!元ニートPCゲーマーのヨッチです。( miraiyotch

パソコンのケースって、いろんな種類がありますよね。
その中でも、代表的なサイズは3つです。

ここでは、代表的なPCケースのサイズ3選【フルタワー・ミドルタワー・ミニタワー】を紹介してます。
また、それぞれのメリット・デメリットもわかりやすくまとめています。

どのPCケースにするか迷っていたら、気軽にチェックしてみてはどうでしょうか?

代表的なPCケースのサイズ3選

それでは、まずは代表的な3つのPCケースを見ていきましょう!

  1. フルタワー(ゲーミングPC・本格水冷PC向けのガチ仕様)
  2. ミドルタワー(最もポピュラーなPCケース)
  3. ミニタワー(コンパクトで扱いやすい)

個人で使われているパソコンの中でも、この3つが特に多いです。

すべてのサイズに言えることですが、明確な寸法は決まっていません。
大まかな目安として、フル・ミドル・ミニという分類で分けられています。

ここから、1つずつ詳しく説明しますね。

フルタワー(ゲーミングPC・本格水冷PC向けのガチ仕様)

フルタワーは、3つのPCケースの中でも一番大きいサイズです。
目安として、人気のPCケース「Corsair Graphite 780T」のサイズを紹介します。

サイズ 637 x 288 x 602mm(奥行x幅x高さ)
重さ 11.3kg
対応マザーボード ATX・Micro-ATX・Mini-ITX
メリット ゲーミングPC・本格水冷PC向けのガチ仕様
拡張性が高い
デザインが豪華
デメリット めちゃくちゃ大きい
めちゃくちゃ重い
パーツの入れ替え・掃除が大変

フルタワーの特徴は、そのサイズに見合った拡張性と豪華なデザインです。
その圧倒的な存在感は、ゲーミングPCとしてもすごく見栄えします。

ゲーミングPC・本格水冷PCにも向いているガチ仕様で、長く使えるPCケースといえるでしょう!

その代わり、デメリットとしてめちゃくちゃ大きいです。
なので、パソコンのために広いスペースが必要になります。

そしてめちゃくちゃ重いので、持ち運びも大変です。

デスクトップPCは、基本的に運ぶことは少ないです。
とはいえ、パーツを入れ替えたり、掃除したりすることはよくあります。

そんな時、すごく重いのでちょっと大変です。

ちなみに、僕もデザイン重視でフルタワーを使用しています。

In Win GRone ホワイト

ちょっと古いPCケースなので、もう売り切れになってるかもしれません。
ただ、すごく頑丈で5年以上使ってます!

ミドルタワー(最もポピュラーなPCケース)

ミドルタワーは、最もポピュラーなサイズのPCケースです。
目安として、人気のPCケース「Corsair Carbide 275R」のサイズを紹介します。

サイズ 460 x 215 x 455mm(奥行x幅x高さ)
重さ 10.14kg
対応マザーボード ATX・Micro-ATX・Mini-ITX
メリット 最もポピュラーなPCケース
フルタワーより小さく、拡張性も十分
サイズ・拡張性のバランスが良い
デメリット それなりに重い
省スペースには不向き

ミドルタワーの特徴は、そのバランスの良さにあります。
程よい大きさで拡張性も十分という、非常に優秀なサイズです。

フルタワーより価格も抑えられるので、迷ったらコレを選べば間違いないでしょう!
実際に、いま一番人気のサイズです。

その代わり、ミニタワーと比べると省スペースには向いていません。
フルタワーほど大きくはありませんが、決して小さいわけでもないです。

とはいえ、フルタワーより掃除がしやすいのは確かです。
デザインにこだわることもできるので、ゲーミングPCにも向いているでしょう。

「バランス重視・拡張性重視・ゲーミングPC・長く使いたい」
どんな希望にも対応できる、一番オススメのサイズです。

ミニタワー(コンパクトで扱いやすい)

ミニタワーは、コンパクトで扱いやすいサイズのPCケースです。
目安として、人気のPCケース「Cooler Master MasterBox Q300L」のサイズを紹介します。

サイズ 387 x 230 x 381mm(奥行x幅x高さ)
重さ 3.7kg
対応マザーボード Micro-ATX・Mini-ITX
メリット コンパクトで扱いやすい
省スペースで使える
軽くて持ち運びしやすい
デメリット 拡張性はやや低い
デザインにこだわりづらい

ミニタワーの特徴は、なんといってもコンパクトなサイズです。
省スペース・持ち運びしやすいのは大きなメリットといえるでしょう!

価格もだいぶ安いので、予算を抑えたいときに重宝します。

その分だけ、拡張性はすこし低めです。
多少は拡張できるスペースがありますが、ミドル・フルタワーと比べるとだいぶ少ないです。

また、サイズが小さいのでデザインにこだわるのもちょっと難しいです。
LEDで光らせたり存在感を出すためには、いろいろ工夫が必要でしょう。

どちらかといえば、ライトユーザーの方におすすめのPCケースです。
普段使いしたい方にとっては、ベストな選択肢になるでしょう!

【まとめ】求めるスペックやデザインでPCケースを選ぼう!

PCケースのサイズには、それぞれメリット・デメリットがあります。
なので、使い方によってベストチョイスは変わってくるでしょう。

僕はフルタワーを使っていますが、その前はミドルタワーでした。
さらにその前は、ミニタワーをメインで使っていました。

僕も使い方によって、いろんなケースを試してきたんです。

今でこそ、ゲーミングPC・デザイン重視ということでフルタワーを使ってます。
すごく満足していますが、やっぱり大きくて重いです(笑)

あなたの求めるスペックやデザインによって、好みのPCケースを選んでみてはどうでしょうか?
最後にPCケースの特徴をまとめるので、良かったら参考にしてもらえれば嬉しいです!

フルタワー
ゲーミングPC・本格水冷PC向けのガチ仕様
めちゃくちゃ大きい
こだわりが強いなら選ぶのも良い
おすすめのPCケースは「Corsair Graphite 780T」
ミドルタワー
迷ったらコレがおすすめ!
最もポピュラーなPCケース
フルタワーより小さく、拡張性も十分
おすすめのPCケースは「Corsair Carbide 275R」
ミニタワー
コンパクトで扱いやすい
拡張性はミドル・フルタワーよりも劣る
省スペースで使いたいならオススメ
おすすめのPCケースは「Cooler Master MasterBox Q300L」