WordPressのウィジェットを条件分岐で表示・非表示にできるプラグイン

こんにちは、ヨッチ(@miraiyotch)です。

ワードプレスのウィジェットは、デフォルトだとすべてのサイドバーで表示されます。
これって、条件によって表示・非表示を切り替えることができたら便利ですよね。

そんな条件分岐の機能も、「Widget Logic」というプラグインを使えば簡単に導入できます。

僕の場合だと、トップページだけにウィジェットを表示したり、PC・スマホで振り分けたりしています。
柔軟な表示設定ができるので、興味があれば試してみませんか?

Widget Logicのインストール

それでは、WordPressにプラグインを今すぐインストールしていきましょう。
「プラグイン」→「新規追加」→「Widget Logic」で検索すると出てきます。

Widget Logic

インストールして有効化することで、ウィジェット用の条件分岐を設定できるようになります。

では、どのように条件分岐させればいいのか?
ここから解説していきます!

Widget Logicの使い方

まずは「外観」→「ウィジェット」をクリックして、ウィジェットの設定画面を開きましょう。

「外観」→「ウィジェット」をクリックする

いつも通りウィジェットの項目を開くと、「ウィジェットのロジック」が追加されています。
この中に条件分岐を入力することで、表示・非表示を振り分けることができます。

条件分岐を入力

上の画像では、「!is_home()」を指定しています。
この記載は、「トップページには表示しない」という条件で振り分けています。

つまり、検索ウィジェットはトップページ以外の場所だけで表示されるということです。

条件分岐の方法を簡単にまとめると、以下のように振り分けができます。

is_home()
ホーム画面で表示する
is_user_logged_in()
ユーザーがログインしている時に表示する
wp_is_mobile()
スマホ・タブレットで表示する

逆の条件を指定したいときは、先頭に「!」を付ければOKです。
なので、先ほどの「!is_home()」はトップページ以外に表示されます。

ちなみに「wp_is_mobile()」では、スマホとタブレットを振り分けることができません。
もしスマホ・タブレットを振り分けたいときは、こちらの記事も参考になると思います。

【まとめ】ウィジェット好きな条件で表示できる

Widget Logicを導入すれば、自由自在にウィジェットの表示を切り替えることができます。
やり方は少しだけ慣れが必要ですが、さっきのリストを参考にしてもらえればOKです。

実際に試してみて、問題なく振り分けられているかチェックしてみましょう!

このサイトでも、いくつかウィジェットの条件分岐を設定しています。
ページを切り替えたり、デバイスを変えてみると表示が変わったりしますよ。

サイトが作りこまれていくほど、ページごとにウィジェットを使い分けたくなってきます。
そんなときは、この記事で紹介している方法を試してみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
どんなことでもコメントもらえると嬉しいな。
僕もかならず返信するよ!