WordPressにリダイレクトを設定できるプラグイン【Redirection】

ヨッチヨッチ

こんにちは!サイト運用メンターのヨッチです。

WordPressでリダイレクトを設定するとき、どんな方法が便利だと思いますか?
よく使われるのは「.htaccess」ですが、初心者には少しだけハードルが高いですよね。

そこで便利なのが、リダイレクトを設定できる「Redirection」というプラグインです。
「Redirection」を使えば、必要な項目を入力するだけで設定ができます。

この記事では、「Redirection」のインストールから使い方までわかりやすく解説します。
プラグインを活用して、リダイレクトをサクッと設定してみましょう!

Redirectionのインストール

まずはWordPressにプラグインをインストールしていきましょう。
「プラグイン」→「新規追加」→「Redirection」で検索すると出てきます。

Redirection

プラグインを有効化すると、初期設定のメニューが表示されます。
このメニューからセットアップを開始できます。

Redirectionの初期設定

まず最初に、画面上にある「Redirection setup」をクリックしましょう。
もしくは、「ツール」→「Redirection」から開くこともできます。

「Redirection setup」をクリック

初期設定の画面では、Redirectionの簡単な使い方が表示されています。
このまま「セットアップを開始」をクリックして進めていきます。

「セットアップを開始」をクリック

次の画面では、「基本セットアップ」が表示されます。
そのまま「セットアップを続行」をクリックしましょう。

「セットアップを続行」をクリック

以下3つの項目は、チェックを入れなくても問題ありません。
必要であれば、あとから変更もできます。

WordPress の投稿と固定ページのパーマリンクの変更を監視。
古い投稿から新しい投稿へのリダイレクトを自動生成する。
すべてのリダイレクトと 404 エラーのログを保存する。
リダイレクトに関するログを保存する。
Store IP information for redirects and 404 errors.
リダイレクトと404エラーのIP情報を保存する。

「セットアップ完了」をクリック

REST APIの動作確認が自動的に行われます。
REST APIとは、Redirectionに必要なワードプレスの機能のことです。

緑色で「良好」と表示されればチェック完了です。
「セットアップ完了」をクリックして次に進みます。

「完了!」をクリック

自動的に基本データが作成されます。
作成が完了したら、「完了!」をクリックしましょう。

これで基本設定がすべて完了しました!
Redirectionのメイン画面が表示されて、すぐにリダイレクトを設定できます。

Redirectionの使い方

Redirectionの設定画面は、「ツール」→「Redirection」から開くことができます。

「設定」→「Redirection」から開くことができる

「新しい転送ルールを追加」から、リダイレクトを設定できます。

「新しい転送ルールを追加」

必須の入力項目は、以下の2つです。

ソースURL
リダイレクト元となる相対URL
ターゲットURL
リダイレクト先のURL(絶対・相対)

相対URLとは、「https://miraiyotch.com/redirection/」のうち「/redirection/」という部分です。
自サイト内を指定するときは、相対URLを入力します。

絶対URLとは、「https://miraiyotch.com/redirection/」のすべての文字列です。
外部のサイトを指定するときは、絶対URLを入力します。

「ソースURL」「ターゲットURL」

上記2つを入力して「転送ルールを追加」をクリックすると、301リダイレクトが設定されます。

301リダイレクトが設定された

より高度な転送ルールの追加

転送ルールの追加・編集時に、歯車アイコンをクリックすると詳細設定が開きます。

歯車アイコンで詳細設定が開く

詳細設定では、以下の項目もあわせて入力できます。

タイトル
転送ルールの説明文
一致条件
転送ルールに一致する条件を指定できる
一致した時
一致したときの動作を設定できる
301以外のリダイレクトも選択可

あまり301以外を使うことはないと思いますが、ほかのリダイレクトを設定したいときに便利です。

各種タブの役割について

Redirectionは、タブによって項目が分けられています。
それぞれの役割は、以下のとおりです。

転送ルール
転送ルールの設定
グループ
グループでルールを整理できる
サイト
サイト全体のリダイレクト設定
ログ
保存されたログ一覧
404エラー
404エラーの一覧
インポート/エクスポート
設定の保存・復元ができる
オプション
プラグインの設定
サポート
プラグインの動作確認

「転送ルール」は、Redirectionの基本となるタブです。
このタブだけで、リダイレクト設定を追加できます。

その他のタブは、より高度な使い方をしたいときに使います。
リダイレクトの設定だけなら、他のタブは使わなくても良いでしょう。

基本セットアップの選択項目は、オプションから変更できます。
URLの監視・ログの保存をしたいときは、オプションを開いてみましょう。

【まとめ】直感的な操作でリダイレクトを設定できる

Redirectionは、「.htaccess」を編集しなくても簡単にリダイレクトを設定できます。

すべての転送ルールを一覧表示できるので、まとめて管理するのも簡単です。
グループで分類すれば、さらにわかりやすく整理できるでしょう。

また、301リダイレクト以外の設定や、ヒット数の測定もできます。
サイト全体のリダイレクト設定を使えば、別ドメインに引っ越しも可能です。

かなり高度なリダイレクトの管理ができるので、試しに使ってみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

ワードプレスの構築や運用、気になることがあれば、お気軽にご相談くださいね。
ウェブサイトを活用した集客・販売や、WEBマーケティングのコンサルも行っています。

サイト構築・運用について相談する