自作PCのパーツ選びはCPUから始めよう!その3つの理由とは?

ヨッチヨッチ

こんにちは!Web集客コンサルタントのヨッチです。
プロフィールを見る

自作PCのプランを決めるときって、どのパーツから選べばいいか迷ってしまいませんか?
パーツごとの規格や特徴がわからないと、難しく感じてしまうポイントかと思います。

この記事では、自作PCのパーツ選びはCPUから始めたほうが良いことを説明していきます。

CPUから選ぶ理由まで知っておけば、その後のパーツ選びもラクになります。
なので、ここでしっかりと覚えておきましょう!

なぜCPUを最初に選ぶのか?【3つの理由】

まずは、なぜCPUを最初に選ぶのか、3つの理由を説明します。

  1. パソコン全体の性能のベースとなる
  2. CPUの規格で、マザーボード・メモリの規格も決まる
  3. 自作PCの予算に大きく関わる

これらの理由から、自作PCでは最初にCPUを選んでおくとラクに進めることができます。
ここからもっと詳しく見ていきましょう!

【1】パソコン全体の性能のベースとなる

頭脳

CPUは、パソコンの頭脳ともいわれるパーツです。
なので、CPUの性能が高いほどパソコンも快適に動作します。

もちろん、他のパーツとのバランスも重要です。
ただ、バランスの中心にあるのがCPUだといえます。

なので、まず最初にCPUの性能を選んでおくことで、パソコン全体の性能もだいたい決まります。

【2】CPUの規格で、マザーボード・メモリの規格も決まる

CPU・マザーボード・メモリ

CPUは、メーカー・世代ごとに規格が異なります。
CPUの規格に合わせて、マザーボードも対応した規格にする必要があります。

もし規格が合っていなければ、マザーボードにCPUをセットできません。
なのでまずは、「CPU→マザーボード」の順番で選びましょう。

次に、マザーボードの規格に合わせてメモリを選びます。
メモリの場合も、規格が合っていなければマザーボードにセットできません。

ここまでの流れをまとめると、「CPU→マザーボード→メモリ」という順番でパーツを選びます。
CPUを最初に選んでおけば、マザーボード・メモリも選びやすくなるというわけです。

【3】自作PCの予算に大きく関わる

CPUは、性能によって価格が大きく異なります。

たとえば、インテルのCeleronシリーズは5,000円くらいで購入できます。

それに対して、僕が今使っている「Ryzen 7 3700X」は40,000円前後です。

CPUの価格は、パソコン全体の予算にも大きく関わります。
なので、最初にCPUを選んでおくことで、自作PCの予算も調整できるようになります。

【まとめ】CPUの性能・規格・価格をチェックしておこう!

自作PCのパーツ選びは、CPUを最初に選ぶのが基本です。
CPUが決まれば、ほかのパーツ選びもスムーズに進めることができます。

ここまでの内容をまとめると、CPU選びでは「性能・規格・価格」をチェックしたいところです。
この3つをチェックしておけば、ここで紹介した理由をすべて満たすことができます。

性能
パソコン全体の性能のベースとなる
規格
マザーボード・メモリの規格も決まる
価格
自作PCの予算に大きく関わる

パソコンの組み立ては、プラモデルと似たようなイメージです。
順番に進めていけば、誰でもカンタンに自作PCを組み立てることができます。

より楽しく自作するために、まずは基本を押さえるところから始めてみませんか?

ヨッチヨッチ

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます!
ブログでお会いできたご縁に、心から感謝しています。

PS. 訪問者様へのお願い

当サイトは僕が一人で管理していて、記事数は550本以上あります。
なので、記事によってはリンク切れなどが発生している場合があります。

もしお気づきの点がありましたら、下にあるコメント欄からご報告いただけると嬉しいです。
もちろん、記事の感想とかメッセージも大歓迎です!

どんなコメントも励みになっていて、かならず返信しています。
本当にありがとうございます。

コメント欄に移動する