自作PCのパーツ選びはCPUから始めよう!その3つの理由とは?

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

自作PCのプランを決めるときって、どのパーツから選べばいいか迷ってしまいませんか?
パーツごとの規格や特徴がわからないと、難しく感じてしまうポイントかと思います。

この記事では、自作PCのパーツ選びはCPUから始めたほうが良いことを説明していきます。

CPUから選ぶ理由まで知っておけば、その後のパーツ選びもラクになります。
なので、ここでしっかりと覚えておきましょう!

なぜCPUを最初に選ぶのか?【3つの理由】

まずは、なぜCPUを最初に選ぶのか、3つの理由を説明します。

  1. パソコン全体の性能のベースとなる
  2. CPUの規格で、マザーボード・メモリの規格も決まる
  3. 自作PCの予算に大きく関わる

これらの理由から、自作PCでは最初にCPUを選んでおくとラクに進めることができます。
ここからもっと詳しく見ていきましょう!

【1】パソコン全体の性能のベースとなる

頭脳

CPUは、パソコンの頭脳ともいわれるパーツです。
なので、CPUの性能が高いほどパソコンも快適に動作します。

もちろん、他のパーツとのバランスも重要です。
ただ、バランスの中心にあるのがCPUだといえます。

なので、まず最初にCPUの性能を選んでおくことで、パソコン全体の性能もだいたい決まります。

【2】CPUの規格で、マザーボード・メモリの規格も決まる

CPU・マザーボード・メモリ

CPUは、メーカー・世代ごとに規格が異なります。
CPUの規格に合わせて、マザーボードも対応した規格にする必要があります。

もし規格が合っていなければ、マザーボードにCPUをセットできません。
なのでまずは、「CPU→マザーボード」の順番で選びましょう。

次に、マザーボードの規格に合わせてメモリを選びます。
メモリの場合も、規格が合っていなければマザーボードにセットできません。

ここまでの流れをまとめると、「CPU→マザーボード→メモリ」という順番でパーツを選びます。
CPUを最初に選んでおけば、マザーボード・メモリも選びやすくなるというわけです。

【3】自作PCの予算に大きく関わる

CPUは、性能によって価格が大きく異なります。

たとえば、インテルのCeleronシリーズは5,000円くらいで購入できます。

それに対して、僕が今使っている「Ryzen 7 3700X」は40,000円前後です。

CPUの価格は、パソコン全体の予算にも大きく関わります。
なので、最初にCPUを選んでおくことで、自作PCの予算も調整できるようになります。

【まとめ】CPUの性能・規格・価格をチェックしておこう!

自作PCのパーツ選びは、CPUを最初に選ぶのが基本です。
CPUが決まれば、ほかのパーツ選びもスムーズに進めることができます。

ここまでの内容をまとめると、CPU選びでは「性能・規格・価格」をチェックしたいところです。
この3つをチェックしておけば、ここで紹介した理由をすべて満たすことができます。

性能
パソコン全体の性能のベースとなる
規格
マザーボード・メモリの規格も決まる
価格
自作PCの予算に大きく関わる

パソコンの組み立ては、プラモデルと似たようなイメージです。
順番に進めていけば、誰でもカンタンに自作PCを組み立てることができます。

より楽しく自作するために、まずは基本を押さえるところから始めてみませんか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。
誰かのお役に立ちそうな情報はブログ記事として紹介します!