【2020年版】Battlefield Vが快適に動作するスペックのゲーミングPC3選

Battlefield VにおすすめのBTOゲーミングPC【3選】

Battlefield VをPCでプレイするには、要求スペックを満たしておくことが重要です。
もし高画質でサクサク動かすには、ハイスペックのゲーミングPCが必要になります。

どのくらいのスペックが良いのか?ということで、ここでは3つのグレードで分類しました。

価格・スペックに違いはありますが、どれも快適にBFVをプレイできます。
あなたの目的に合わせて比較してみましょう!

【1】4Kの高解像度でプレイできる最強スペック!(ベンチマーク:41220)

レベルインフィニティ フルタワー

  • CPU:Core i9-10900K
  • グラフィックス:GeForce RTX 3080
  • メモリ:32GB DDR4
  • PCケース:フルタワー
  • ベンチマーク:41220(3D Mark Fire Strike)

4Kという高解像度でプレイできるのが、こちらのモデルです。
RTX3080を搭載しているので、圧倒的なグラフィック性能を持っています。

その分価格は高くなりますが、このあと4~5年くらいは余裕で使えるハイスペックモデルです。
フルタワーなので、拡張性もバツグンに高くなっています。

BFVだけでなく、あらゆるゲームを最高の環境でプレイできます。
4Kでプレイしたい、フルHDで144FPS出したいときに大活躍するゲーミングPCです。

【LEVEL-G04A-LCiX9K-VAXH】公式サイトはこちら

【2】競技用推奨スペックもしっかりカバー!(ベンチマーク:22657)

レベルインフィニティ ミドルタワー

  • CPU:Core i7-10700K
  • グラフィックス:GeForce RTX 2070 SUPER
  • メモリ:16GB DDR4
  • PCケース:ミドルタワー
  • ベンチマーク:22657(3D Mark Fire Strike)

競技用推奨スペックまでカバーするなら、このモデルがオススメです。
フルHDの最高画質で60FPSも可能となっています。

ハイスペック・程よい価格と、バランスの良さが特徴となっています。

ミドルタワーなので拡張性も高く、将来性も高くなっています。
追加パーツを増設できるので、よりゲームに特化した構成に強化することも可能です。

【LEVEL-R049-iX7K-RWXH】公式サイトはこちら

【3】価格を抑えつつ快適にプレイできる!(ベンチマーク:19576)

レベルインフィニティ ミニタワー

  • CPU:Ryzen 5 3600
  • グラフィックス:GeForce RTX 2060
  • メモリ:16GB DDR4
  • PCケース:ミニタワー
  • ベンチマーク:19576(3D Mark Fire Strike)

価格を抑えつつ快適にプレイするなら、こちらのモデルがオススメです。
価格は控えめですが、BFVが問題なく動作する性能を持っています。

中~高画質くらいであれば、60FPSでプレイできます。
フレームレートが気になるときは、少しだけ画質設定を変更すればOKです。

設定変更できるといっても、BFVを最低画質でプレイするのはもったいないと思います。
高めのクオリティを保ったうえで、サクサク動作できるのがこのゲーミングPCです。

【LEVEL-M0B4-R53-ROR】公式サイトはこちら

Battlefield Vの公式推奨スペック

ここでは、Battlefield Vの公式推奨スペックを紹介します。
60FPS以上のヌルヌルでプレイするなら、最低限このスペックは満たしておく必要があります。

ちなみに、公式が発表しているスペックはあくまでも参考として見ておいたほうが良いです。
ゲームによっては、推奨スペックを満たしているのにカクカクになることもあります。

Battlefield V 推奨動作環境

【Battlefield V】公式サイトはこちら

Battlefield Vを購入できるPCゲーム販売サイト

Battlefield Vは、Steamでダウンロード販売されています。
購入すれば、すぐにインストール・プレイ可能です。

Steamはかなり使いやすいサイトなので、PCゲーム初心者の方にもオススメです。
あまり慣れていなくても、簡単に購入できますよ。

【まとめ】Battlefield VはそれなりにハイスペックPCが必要

Battlefield Vは、要求スペックが比較的高めです。
フルHDで60FPSを実現するには、それなりにハイスペックのゲーミングPCが必要になります。

全体的なバランスを考えて選ぶなら、【2】LEVEL-R049-iX7K-RWXHが特にオススメです。

レベルインフィニティ ミドルタワー

  • CPU:Core i7-10700K
  • グラフィックス:GeForce RTX 2070 SUPER
  • メモリ:16GB DDR4
  • PCケース:ミドルタワー
  • ベンチマーク:22657(3D Mark Fire Strike)

競技用推奨スペックをカバーしつつ、それほど価格が高くないのが良いところです。
フルHD最高画質で60FPSを出すこともできます。

プレイ環境をしっかり整えることができる、コスパ良好なモデルといえるでしょう!

【LEVEL-R049-iX7K-RWXH】公式サイトはこちら

【2】をベースに考えて、さらなる高解像度を求めるなら【1】が良いでしょう。
できるだけ価格を抑えるなら、【3】がオススメです。

  1. 4Kの高解像度でプレイできる最強スペック – LEVEL-G04A-LCiX9K-VAXH
  2. 競技用推奨スペックもしっかりカバー – LEVEL-R049-iX7K-RWXH
  3. 価格を抑えつつ快適にプレイできる – LEVEL-M0B4-R53-ROR

【3】よりもスペックを落とすと、BFVの動作がカクカクになってしまう可能性があります。
なので、できるだけスペックは落としすぎないようにしましょう。

というわけで、目的によってゲーミングPCの良し悪しは変わります。
あなたにとって、ベストなBTOパソコンを選んでみてくださいね!

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。
誰かのお役に立ちそうな情報はブログ記事として紹介します!