Google reCAPTCHA V3の登録から使い方【3ステップ】画像付きで解説!

こんにちは、ヨッチです。

Google reCAPTCHA V3は、無料で使える強力なスパム対策のツールです。
WordPressのコメント・お問い合わせなど、各種フォームからのスパムをほぼ完全にブロックできます。

すごく便利なツールですが、どうやって実装するか知っていますか?
実は、たったの3ステップで登録して使うことができるんです。

WordPressのプラグインを利用すれば、専門知識も必要ありません。
というわけで、興味があればサクッと導入してみましょう!

reCAPTCHA V3の登録から使い方まで【3ステップ】

まずは、登録から使い方までの流れをざっくりとお伝えします。

  1. Google reCAPTCHAにログインする
  2. 新しいサイトを登録する
  3. サイトキー・シークレットキーを実装する

この3ステップだけで、あなたもすぐにGoogle reCAPTCHA V3を導入できます。
慣れている人なら3分くらいで終わるので、さっそく進めていきましょう。

【1】Google reCAPTCHAにログインする

まずは、Google reCAPTCHAの公式サイトに移動します。
右上に「Admin Console」というボタンがあるので、クリックして開きましょう。

「Admin Console」をクリック

もしGoogleアカウントにログインしていない場合は、ログイン画面が表示されます。
ログイン、もしくはアカウントに登録して「次へ」をクリックします。

Googleアカウントでログインする

【2】新しいサイトを登録する

ログインすると、「新しいサイトを登録する」という画面が表示されます。
各種情報をすべて入力して、「送信」をクリックします。

全ての情報を入力して「送信」をクリック

これでサイトの登録は完了です!
すぐにでもreCAPTCHAを使うことができますよ。

次のステップで、導入に必要な情報をチェックしましょう。

【3】サイトキー・シークレットキーを実装する

サイトの登録が完了すると、登録済みのサイトの設定画面が表示されます。

「reCAPTCHAのキー」を開くと、サイトキー・シークレットキーを確認できます。
どちらも必要な情報なので、コピーして保存しておきましょう。

サイトキー・シークレットキーをコピー&ペーストして実装する

導入方法はいくつかありますが、WordPressの場合はプラグインを使うのが簡単です。
僕が使っているプラグインを紹介するので、良かったら使ってみてはどうでしょうか?

「Invisible reCaptcha」の設定画面で、サイトキー・シークレットキーを入力できます。
あとはチェックボックスをオンにするだけで、すぐにreCAPTCHAが有効化されます。

【まとめ】たった5分でreCAPTCHAに登録できる!

ここまで、Google reCAPTCHA V3の登録から使い方まで紹介してきました。

慣れていれば、登録から実装まで5分くらいで終わりますよ。
プラグインを使えば、専門知識がなくても直感的にインストールできます。

無料で手軽に、本格的なスパム対策ができるのは嬉しいですよね。
スパムをグッと減らせるので、サイト運営もだいぶ楽になります。

僕もこのブログで導入していて、スパムメールはまったく来てないです。
ユーザーの利便性も損なわないので、かなり重宝しています。

これからスパム対策を導入するなら、この記事を参考にreCAPTCHA V3を導入してみませんか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
どんなことでもコメントもらえると嬉しいです!
僕からもかならず返信しています。