ワードプレスでお問い合わせ内容の履歴を残すプラグイン【Flamingo】

ヨッチヨッチ

こんにちは!サイト運用メンターのヨッチです。

「Contact Form 7」は、誰でも簡単にお問い合わせフォームを設定できて便利ですよね。
ただこのプラグインだけだと、お問い合わせ内容の履歴を残すことができません。

大事なやり取りほど、履歴を残して管理しておきたいところです。
そんなときは、「Flamingo」というプラグインが役に立つでしょう。

「Contact Form 7」と同じ作者さんによるプラグインで、ワードプレスに履歴を残すことができます。
もしメールを受信できなかったとしても、内容はしっかりと保存されています。

すごく便利なので、今からさっそく導入してみませんか?

「Flamingo」のインストール

まずはダッシュボードから「Flamingo」をインストールしましょう。
「プラグイン」→「新規追加」→「Flamingo」と検索すると出てきます。

Flamingo

「Flamingo」を有効化するだけで、お問い合わせの履歴が自動で保存されます。
設定はしなくていいので、わかりやすいプラグインですね!

ちなみに、「Flamingo」は「Contact Form 7」専用のプラグインです。
もし「Contact Form 7」を使っていなければ、あわせてインストールしておきましょう。

「Flamingo」の使い方

プラグインをインストール・有効化できたら、「Flamingo」の使い方を見ていきましょう。

「Flamingo」→「アドレス帳」を開くと、ワードプレス上で検出されたメールアドレスが表示されます。

「Flamingo」→「アドレス帳」

お問い合わせフォームの履歴は、ここで表示されているメールアドレスに関連付けされています。
「履歴」という項目で、これまでの「お問い合わせ内容」「コメント」などをチェックできます。

「履歴」から「お問い合わせ内容」「コメント」をチェックできる

ここでは、テスト用のメールアドレスでお問い合わせを送信してみました。

「アドレス帳」を開くと、新しいメールアドレスが追加されています。
「Contact Form 7」または「フォーム名」をクリックすると、履歴を確認できます。

「Contact Form 7」または「フォーム名」をクリック

件名をクリックすると、内容が表示されます。

件名をクリック

基本的な項目からメタ情報まで、あらゆる情報をチェックできます。

あらゆる情報を確認できる

【まとめ】「Contact Form 7」の履歴をすべて保存できる

「Flamingo」は、「Contact Form 7」の履歴をすべて保存できるプラグインです。
ダッシュボードでまとめて管理できるので、メールフォルダの中で埋もれる心配もありません。

プラグインを有効化するだけで履歴が保存されるので、誰でも使いやすいプラグインです。
詳細な情報を残せるので、いつでも必要な内容をピックアップできます。

「Contact Form 7」の作者さんによるプラグインなので、互換性もバッチリです。
大事なメッセージを逃さないためにも、ぜひ活用してみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

ワードプレスの構築や運用、気になることがあれば、お気軽にご相談くださいね。
ウェブサイトを活用した集客・販売や、WEBマーケティングのコンサルも行っています。

サイト構築・運用について相談する