WordPressですぐに使えるアクセス解析プラグイン【WP Statistics】

ヨッチヨッチ

こんにちは、ブログ運用メンターのヨッチです。

WordPressでアクセス解析をするときは、Googleアナリティクスを使うのが一般的です。
とはいえ、Googleアナリティクスにはアカウント登録が必要になります。

サイトにもよりますが、Googleアカウントを取得しないで運用したいこともありますよね。

この記事では、すぐに使えるアクセス解析プラグイン「WP Statistics」を紹介します。
アカウント登録は不要なので、そのまま簡単に導入できます。

ここで使い方をチェックして、さっそく試してみませんか?

WP Statisticsのインストール

まずはWordPressにプラグインをインストールしましょう。
「設定」→「新規追加」→「WP Statistics」と検索すると出てきます。

WP Statistics

有効化すると、左下のメニューに「統計情報」が表示されます。

統計情報

ここから、WP Statisticsの使い方について見ていきましょう!

WP Statisticsの使い方

プラグインを有効化したら、「統計情報」→「概要」を開きます。

「統計情報」→「概要」を開く

概要を開くと、GeoIPの設定についてメッセージが表示されています。
「setting page」をクリックして、設定ページを開きましょう。

「setting page」をクリック

設定ページを開いたら、有効化したいGeoIPの設定にチェックを入れます。
基本的には、上から4番目までチェックを入れればOKです。

上から4番目までチェックを入れる

簡単に説明すると、各チェックボックスにはこんな役割があります。

GeoIP コレクション
国の情報を判別する
GeoIP City
都市の情報を判別する
Schedule Monthly Update of GeoIP DB
GeoIPのデータベースを定期的にアップデートする
Populate Missing GeoIP After Updating GeoIP DB
データベースに不足しているGeoIPデータを更新する

ちなみに「GeoIP」とは、IPアドレスで地域を判別する機能のことです。

ただ、正確な場所ではなく、国や地域がざっくりとわかるくらいです。
なので、あくまでも目安として見ておくようにしましょう。

チェックを入れたら、画面下にある「更新」をクリックしましょう。

「更新」をクリック

これで初期設定は完了です!

アクセス解析はすでに開始されています。
各メニューを開くと、対応した項目のアクセス情報をチェックできます。

、対応した項目のアクセス情報をチェックできる

ログインしているユーザーの除外について

ユーザーの除外設定は、「設定」→「除外」タブで変更できます。

「設定」→「除外」タブ

デフォルトでは、管理者権限のユーザーはアクセス解析から除外されています。
必要に応じて、各項目を変更可能です。

管理者権限のユーザーはアクセス解析から除外されている

とはいえ、あなただけがワードプレスを使っているなら、設定は変えなくても良いでしょう。
複数人で使っている場合や、管理者の情報もチェックしたいときだけ変更すればOKです。

【まとめ】簡易的なアクセス解析としては優秀なプラグイン

「WP Statistics」は、ワードプレスの簡易的なアクセス解析として優秀なプラグインです。
簡単な初期設定をするだけで、すぐにアクセス解析が始まります。

アカウントに登録しなくていいので、サクッと使いたいときに便利ですね。

ほかに有名なプラグインだと、「Jetpack」もアクセス解析ができます。
しかし、表示される内容はかなりシンプルになっていて情報は少なめです。

「WP Statistics」はアクセス解析に特化しているので、より詳しい情報を見ることができます。
Googleアナリティクスよりも簡易的ですが、プラグインとしては十分といえるでしょう。

サクッとアクセス解析を導入するなら、「WP Statistics」を使ってみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

今は個人でも、戦略があればウェブサイトで稼ぐことができる時代です。
もし興味があれば、WordPressについて無料で学んでみませんか?

WPクエスト

【WPクエスト】冒険の扉に向かう