ゲーミングPCにおけるパーツ構成の組み合わせ【3つのタイプ】

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

「ゲーミングPCを自作したいけど、どんなパーツ構成にすればいいの?」

もしそう思っていたら、パーツ構成の「3つのタイプ」を知っておくことが必要です。
あなたに合うタイプを3つの中から選んで、より洗練されたパーツ構成にしていきます。

僕自身も、3つのタイプからパーツ構成を選んでゲーミングPCを自作しています。

その3つのタイプとはなにか?
そしてどうやって選べばいいのか?
を解説していきます。

ゲーミングPCの構成を決める3つのタイプ

3つのタイプとは何か?

ゲーミングPCの構成といっても、以下の3つに大きく分類できます。

  1. 全体強化タイプ
  2. 集中強化タイプ
  3. 最適化タイプ

3つの中からあなたに合ったタイプを選ぶことで、自由自在にゲーミングPCを構成できます。
逆に、これらのタイプを意識しない場合は、ちぐはぐなパーツ構成になってしまうはずです。

もしゲーミングPCを戦略的に構成したいのであれば、まずは3つのタイプから選んでみましょう。

では、どういう基準で選べばいいのか?
お話しますね。

【1】全体強化タイプ

全体強化タイプは、ゲーミングPCの全パーツに妥協しない構成です。

全パーツとは、以下のすべてを指します。

  • マザーボード
  • CPU
  • CPUクーラー
  • メモリ
  • グラフィックボード
  • 記憶媒体(SSD)
  • 電源ユニット
  • PCケース

これらのパーツは、ゲーミングPCの性能・耐久性などに大きく関わってきます。
あらゆるパーツを徹底的に強化することで、「最強」と呼べるゲーミングPCを構成します。

すべてのパーツに妥協しないため、当然ながら予算は高額になります。
最低でも30万円くらいの予算は欲しいところです。

予算は上げようと思えばいくらでも上げられるため、100万円以上で構成することも可能です。
ただ、現実的に考えると30~40万円前後で構成していれば十分に快適でしょう。

どれだけお金をかけても構わないのであれば、全体強化タイプで構成することをオススメします。

【2】集中強化タイプ

集中強化タイプとは、ゲームに影響の大きいパーツに集中して強化する構成です。
予算を抑えつつ、多くのゲームを快適にプレイできる構成を目指します。

ゲームに影響の大きいパーツとは、以下の3つを指します。

  1. CPU
  2. グラフィックボード
  3. 記憶媒体(SSD)

まずは、予算の大部分をこの3つのパーツに集約させます。

目安として、目標にしたいパーツ性能はこんな感じです。

CPU
Core i7 | Ryzen 7以上
グラフィックボード
RTX 2070 SUPER以上
SSD
M.2 SSD

また、メモリは16GB以上は欲しいです。
クロック数などの性能は問わないので、最低でも16GBは搭載しておきましょう。

これら3つのパーツを最大限に強化しておけば、ゲーミング性能は飛躍的に上がります。
それでいて、予算はだいたい15~20万円で構成できます。

コスパ・ゲーミング性能が絶妙なバランスとなっているのが、集中強化タイプの特徴です。

【3】最適化タイプ

最適化タイプとは、特定のゲームに合わせて必要最小限のスペックで組む構成です。
あるゲームに一点集中で絞り込むことで、余計な予算を一切使いません。

たとえば、「マインクラフト Windows10版」に最適化したゲーミングPCが欲しいとします。
その場合、公式サイトのシステム要件にある「推奨要件」に合わせてパーツ構成します。

つまり、注目するパーツ構成はこちらです。

CPU(プロセッサー)
Intel i7-6500U | AMD A8-6600K
メモリ
8GB
グラフィックボード
GeForce 940M | Radeon HD 8570D

これらの性能にピンポイントで合わせれば、予算を最小限に抑えることができます。

その代わりに、いくつか注意点もあります。

  • 他のゲームで動作する保証はない
  • MODは対象にならない

マイクラに合わせてスペックを調整しているので、他のゲームが動くという保証はありません。
ハイクオリティな3Dゲームだと、動作しない場合があります。

また、マイクラの推奨スペックはMODが含まれていません。
もし処理が重いMODを導入したら、動作しなくなる可能性があります。

注意点を踏まえたうえで予算を削減するなら、最適化タイプも良い選択肢となるでしょう。

【まとめ】あなたに合ったタイプでゲーミングPCを構成しよう!

やみくもにPCパーツを選んでしまうと、パソコンの性能にボトルネックが生じてしまいます。

ボトルネックとは?

一部のパーツ性能が低いことで、PC全体のパフォーマンスが下がってしまうこと。

ボトルネックを回避するためには、必要なパーツ性能のバランスを取ることが重要です。

それぞれのパーツは、お互いにシナジーを生む関係です。
CPUがグラフィックボードの性能を引き出し、SSDによってデータが読み書きされます。

  1. 全体強化タイプ
  2. 集中強化タイプ
  3. 最適化タイプ

3つのタイプから選ぶことで、パーツ同士のシナジーを最適化できます。
つまり、戦略的にゲーミングPCを構成できるということです。

「あなたなら、どのタイプでゲーミングPCを構成したいですか?」
この質問を考えて、気軽にコメントしてみてくださいね!

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。

あなたのコメントが記事になるチャンス!

誰かのお役に立ちそうな情報は、ブログ記事として紹介します。
なので、あなたも僕のブログで気になることがあれば、どんどんコメントしてくださいね!

僕の得意分野は、「パソコン(自作含む)」「ゲーム」「動画配信」といった感じです。
あなたの興味があるジャンルなら、他の記事もきっと楽しんでもらえると思います!