Widows10のウイルス対策ソフトは「Windows Defender」だけで十分?

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

パソコン向けに、いろんなウイルス対策ソフトがありますよね。
そんな中でも、Windows10に標準搭載されているのが「Windows Defender」です。

果たして、無料の標準ソフトで対策は十分なのでしょうか?
ここでは、僕がWindows Defenderを使い続けてきた感想を交えて必要性をお伝えします。

有料のウイルス対策ソフトが必要かどうか、ここで判断してみてはどうでしょうか?

Windows Defenderでウイルス対策は問題ないのか?

結論からお伝えすると、Windows Defenderでウイルス対策は問題ありません。
というのも、セキュリティは十分に優秀だからです。

まずは、「AV-Comparatives」という調査機関による2020年9月のデータをご覧ください。

AV-Comparatives 調査結果

緑色の線で囲ったところがWindows Defenderのデータです。
グラフの見方は、以下のとおりです。

  • 赤:ウイルス・マルウェアなどを防げなかった
  • 黄:ユーザー依存(不正サイトアクセスなどで自らウイルスを招いてしまった)
  • 灰:ウイルス・マルウェアなどをシャットアウト
  • オレンジ(折れ線グラフ):誤検知

つまり、灰色の部分が多いほどウイルスをシャットアウトできている、ということです。
ウイルス対策・セキュリティにおいて、Windows Defenderが非常に優秀ということがわかります。

さらに、セキュリティソフトとして有名な「ノートン」の公式ブログから引用します。

ノートン ブログ

これらのデータを踏まえたうえで、僕もWindows Defenderを利用しています。
Windows10をインストールしてずっと使っているので、使用期間は年単位です。

結果として、まったく問題なくパソコンを使用しています。
Windows Defenderのウイルス対策が十分機能しているといえるでしょう。

ほかのセキュリティソフトはどんな時に必要?

ウイルス対策は、Windows Defenderで問題ないことはわかってもらえたと思います。
それでは、ほかのセキュリティソフトはどんな時に必要なのでしょうか?

それは、さらに幅広い保護機能を使いたいときです。
有料ソフトでは、たとえば以下のような機能を強化できます。

  • メールセキュリティ
  • 個人情報の保護
  • ネットバンク保護

ウイルス対策・ファイアウォール・フィッシング対策は、Windows Defenderに備わっています。
その他の機能を強化したいときに、有料ソフトが役に立ってくれるはずです。

【まとめ】ウイルス対策だけならWindows Defenderで十分!

内容をまとめると、ウイルス対策だけならWindows Defenderで十分な機能を持っています。
OS標準で備わっている、非常に優秀なセキュリティ機能だといえるでしょう。

なので、安全なサイトを見ることが多いなら、新たなソフトを導入しなくても良いと思います。

そもそも、あえて怪しいサイトを見たい人はほとんどいないはずです。
セキュリティに対して意識がある方なら、Windows Defenderは安心して利用できます。

さらなるセキュリティ強化として、以下の機能を求めるなら有料ソフトがおすすめです。

  • メールセキュリティ
  • 個人情報の保護
  • ネットバンク保護

セキュリティに関しては、どこまで強化すれば良いか?という答えはないと思います。
新しいウイルスは次々と生み出されているので、ソフトだけの対策は限界があります。

なので、OSの更新プログラムを定期的にインストールすることも重要です。

最終的にはユーザーによるリスク回避も必要なので、怪しいサイト・メールは見ないようにしましょう。
安心・安全にパソコンが使えるように、日ごろから心がけておきたいですね!

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。
誰かのお役に立ちそうな情報はブログ記事として紹介します!