【自作PCキット】ベアボーンとは?メリット・デメリットまとめ

ヨッチヨッチ

こんにちは。WordPressシステムマーケッターのヨッチです。
ストーリーを見る

パソコンのことを調べていると、「ベアボーン」という単語を聞いたことがあるかもしれません。
自作PCキットとして販売されていますが、普通のパソコンとはどう違うのでしょうか?

この記事では、ベアボーンとはなにか?メリット・デメリットをまとめています。

どんな使い方ができるのか知っておけば、より良いパーツ選びができます。
ベアボーンが使えるのかどうか、ここでチェックしてみませんか?

【自作PCキット】ベアボーンとは?

ベアボーンとは、ケース・電源・マザーボードなどがセットになっている自作PCキットです。
キットに含まれるパーツは、互換性を気にしなくてもOKです。

どんなパーツがセットになっているかは、ベアボーンキットの種類によって異なります。
たとえば、CPUクーラーがセットになっていることもあります。

ベアボーンに対して、すべてのパーツを自分で選ぶのが通常の自作PCです。
自作PCは、各パーツの互換性を事前にチェックしておく必要があります。

ベアボーンのメリット

ベアボーンのメリットは、以下の3つです。

  • 必要なパーツを追加するだけで自作できる
  • 初心者も組み立てやすい
  • 小型パソコンも自作できる

ベアボーンキットでは、パソコンの大まかな構成が決まっています。
その構成に対して、CPU・メモリ・SSDなどを追加して自作します。

なので、すべて自分でパーツを構成して自作するよりもずっと簡単です。
初心者には特にオススメで、入門用として使われることもよくあります。

また、通常の自作PCとは異なる規格のパソコンを作ることもできます。
小型パソコンも自作できるので、ちょっと変わった形状にしたいときも便利です。

サクッと手軽に、小型のパソコンも自作できるのがベアボーンの良いところですね。

ベアボーンのデメリット

ベアボーンのデメリットは、以下の3つです。

  • 拡張性が低い
  • 電源の容量が小さい
  • パーツ構成の自由度が低い

ベアボーンキットは、パソコンの拡張性が低いことがほとんどです。
拡張カード・グラフィックボードを追加するのは、あまり現実的ではありません。

電源の容量も小さいので、ハイスペックのパソコンを自作するのは難しいでしょう。
あくまでも、お手軽なパソコンをサクッと自作できるキットだといえます。

また、パーツ構成の自由度も低めです。
すでに大まかな構成が決まっているので、自由なパーツを組み合わせるのは厳しいです。

【まとめ】ベアボーンなら小型パソコンも簡単に自作できる

ベアボーンの最大の特徴は、自作PCでは組めないような形状のパソコンです。
手のひらサイズ・キューブ型PCが欲しいときも、ベアボーンキットはきっと役に立つでしょう!

また、初心者が入門用として自作してみたいときにもオススメです。
パーツを少し買い足すだけでいいので、手間をグッと減らすことができます。

それでいて、パーツの規格・互換性などの基礎知識を身に付けることができます。
自分で調べながら組み立てれば、価値ある体験が得られるでしょう。

ただ、ベアボーンはパーツ構成の自由度があまり高くありません。

自作PCの醍醐味は、幅広い拡張性や自由なパーツ構成です。
なので、慣れてきたら自分でパーツを選んでみるのも楽しいですよ。

自作PCのプラン作成もやってます!

できれば自作PCを組みたいけど、パーツ選びに迷ってしまうこともあると思います。

「どんなパーツを選んで、どう組み合わせればいいかわからない・・・」

なにを重視すればいいか、費用はどれくらいかかるのか、あなたは悩んでいませんか?
こだわりの自作PCを組み立てるためには、しっかりした自作PCプランが必要です。

そんな時は、僕があなたの自作PCプランを作成します!
あなたの希望にあわせて、パソコンの魅力を引き出していきます。

気になること・困ったことがあれば、いつでも気軽に声をかけてみてくださいね。

【ロマン溢れる自作PCプラン作成します!】プラン作成の詳細はこちら

PS. 最新の更新情報について

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

現在は、ウェブサイト(WordPress)の記事を中心にアップしています。
また、Webマーケティング・マネタイズについてお話しできることもたくさんあります。

もし興味があれば、いろんなページを見てもらえると嬉しいです。