画像を自動で圧縮できるプラグイン「EWWW Image Optimizer」の使い方

どもども!元ニートPCゲーマーのヨッチです。( miraiyotch

WordPressを高速化する方法の1つとして、「画像の圧縮」があります。
画像の容量を減らして、表示速度を上げるというわけです。

この記事では、画像を自動で圧縮できる「EWWW Image Optimizer」の使い方を紹介しています。

WordPressのプラグインなので、インストールしてすぐに使うことができます。
自動で圧縮されるのはめっちゃ便利なので、早めにサクッと導入してみましょう!

EWWW Image Optimizerのインストール

プラグインは、WordPressの管理画面からすぐにインストールできます。
「管理画面」→「プラグイン」→「新規追加」→「EWWW Image Optimizer」で検索しましょう。

EWWW Image Optimizer

あとは有効化するだけで、画像を自動圧縮できるようになります。

ただし、自動圧縮されるのは、プラグインを有効化したあとにアップロードした画像のみです。
プラグインを有効化する前にアップロードした画像は、手動で一括最適化をする必要があります。

どんな設定がおすすめ?

EWWW Image Optimizerを初めて使うなら、初期設定がおすすめです。
デフォルトの状態で、画像を劣化させることなく最適化できます。

設定はすべてそのままでOK!

より高度な設定を使いたい方だけ、他の設定を変更しましょう。
ちなみに、僕自身も含めて、設定を変更している人はほとんど見たことがありません。

画像を自動で圧縮する方法

画像を自動的に圧縮するなら、プラグインを有効化するだけでOKです。
画像をアップロードすれば、すべて最適化されます。

自動で圧縮しないようにするには?

自動で圧縮しないようにするためには、管理画面からプラグインを停止させましょう。

すごくシンプルな方法ですが、これだけで大丈夫です。
今まで圧縮した画像の情報も、ちゃんとデータベースに保存されています。

画像を手動で圧縮する方法

画像を手動で圧縮するには、2つの方法があります。

  1. すべての画像を一括で圧縮する
  2. 画像を1つずつ選んで圧縮する

すべての画像を一括で圧縮する

すべての画像を一括で圧縮するには、「メディア」→「一括最適化」を開きます。
「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックすれば、未圧縮の画像がすべて表示されます。

「最適化されていない画像をスキャンする」
をクリックする

「〇〇点の画像を最適化」をクリックすれば、一括最適化が始まります。
数が多いときは少しだけ時間がかかるので、そのまま完了まで待ちましょう。

「〇〇点の画像を最適化」をクリックする

画像を1つずつ選んで圧縮する

画像を1つずつ選んで圧縮するには、「メディア」→「ライブラリ」を開きます。
グリッド表示されている場合は、リスト表示に切り替えます。

グリッド表示されている場合は、リスト表示に切り替える

リスト表示された画像の右側にある、「今すぐ最適化!」をクリックすれば圧縮できます。

「今すぐ最適化!」
をクリックする

隣にある「JPG を PNG」は、画像の変換ボタンです。
よくわからなければ、画像の変換はしないようにしましょう。

【まとめ】画像を圧縮してサイトを高速化しよう!

EWWW Image Optimizerは、自動・手動に対応した画像圧縮プラグインです。
このプラグインのメリットは、画像を劣化させることなく圧縮できることです。

しかも自動なので、画像をアップロードするだけで最適化してくれます。
有効化したあとは放置したままでもOKです。

1つ1つはあまり容量に変化がなくても、「塵も積もれば山となる」です。
大量の画像をアップしたときには、高速化の恩恵を受けやすくなります。

また、たくさんの人がサイトにアクセスするほど、やり取りされるデータ量も増えます。
サーバーへの負荷を軽減させるという意味でも、効果的なプラグインだと言えるでしょう。

少しでもサイトを高速化したい方は、試しに導入してみてはどうでしょうか?