WordPressの投稿タイプを変更できるプラグイン【Post Type Switcher】

ヨッチヨッチ

こんにちは!WordPressシステムマーケッターのヨッチです。
プロフィールを見る

WordPressの投稿や固定ページって、入れ替えて使いたいときってありませんか?
デフォルトの状態だと、手動で中身をコピペするのでちょっとだけ手間がかかります。

そこで使ってみたいのが、「Post Type Switcher」というプラグインです。
このプラグインを使えば、投稿タイプをあとから簡単に切り替えることができます。

というわけで、この記事では「Post Type Switcher」の使い方についてサクッと解説します。
かなりお手軽に使えるので、まずは気軽にチェックしてみましょう!

Post Type Switcherのインストール

それでは、WordPressにプラグインをインストールしていきましょう。
「プラグイン」→「新規追加」→「Post Type Switcher」で検索すると出てきます。

Post Type Switcher

有効化すると、すぐに投稿や固定ページを変更できるようになります。

ちなみに、カスタム投稿タイプにも対応しています。
なので、テーマ専用の投稿タイプにも切り替えることが可能です。

たとえば、僕は賢威というテーマを使っていて、ランディングページという投稿タイプがあります。
こういったカスタム投稿タイプにも変更できるので、柔軟に使うことができますよ。

ここから詳しい使い方を説明していきますね。

Post Type Switcherの使い方

プラグインを有効化してから記事を開くと、「投稿タイプ」という項目が追加されています。

「投稿タイプ」という項目が追加されている

「編集」をクリックすると、好きな投稿タイプに自由に変更できます。

好きな投稿タイプに自由に変更できる

変更後に「OK」をクリックすると、投稿タイプが切り替わります。
ここでは、固定ページを選択してみました。

固定ページを選択

あとは下書きで保存するか公開すれば、投稿タイプの変更は完了です。

下書きで保存すると、固定ページに切り替わっているのが確認できます。

下書きで保存すると固定ページに切り替わる

これで投稿タイプの変更は完了です!

同じようなやり方で、カスタム投稿タイプにも変更できます。
賢威であれば、「lp」を選択すればランディングページになります。

投稿タイプを一括でまとめて変更する方法

ちなみに、一括でまとめて投稿タイプを変更することも可能です。

やり方は、まず投稿タイプの一覧ページを開きます。
ここでは固定ページを開きました。

固定ページを開く

一覧ページを開いたら、まとめて変更したい投稿にチェックマークを入れます。

まとめて変更したい投稿にチェックマークを入れる

ページ上にある「一括操作」から、「編集」→「適用」をクリックします。

「編集」→「適用」をクリック

開いたメニューの中から、「投稿タイプ」を選択して「更新」をクリックします。
ここでは、「投稿」を選択して更新しました。

「投稿タイプ」を選択して「更新」をクリック

これだけで投稿タイプを一括変更できました!
「投稿」を開いてみると、先ほどの記事があることを確認できます。

投稿タイプを一括変更できた

【まとめ】投稿タイプをいつでも自由に変更できる!

Post Type Switcherを使えば、あらゆる投稿タイプを自由に変更が可能です。
カスタム投稿タイプにも対応しているので、テーマ専用の投稿タイプにも変更できます。

1記事ごとに切り替えるだけでなく、一括変更もできるのはかなり便利です。
1つずつ手動でコピペするよりも、圧倒的に速いスピードで作業を進めることができます。

ワードプレスのプラグインは、こういった便利機能もすぐ追加できるのが嬉しいですよね。
一気に作業効率があがるので、必要なときはぜひ活用したいところです。

もし投稿タイプを切り替えたくなったら、あなたも使ってみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。