WordPressで子テーマを使うメリットとは?活用すべき【3つの理由】

こんにちは、ヨッチ(@miraiyotch)です。

WordPressの子テーマを導入することで、たくさんのメリットを得ることができます。
僕のブログでも子テーマを使っていて、今はもう手放せないくらいです。

では、いったいどんなメリットがあるのか気になりませんか?

この記事では、子テーマを使うメリット・活用すべき3つの理由を紹介しています。

  • 子テーマのメリットとは?
  • 本当に子テーマが必要なのか?
  • どのように活用すればいいのか?

こんな疑問があれば、この記事がきっとあなたのお役に立ちますよ!

WordPressで子テーマを活用すべき【3つの理由】

子テーマを活用すべき理由は、おおきくわけて3つあります。

  1. カスタマイズした部分を切り分けて管理できる
  2. 親テーマの設定をそのまま引き継げる
  3. 親テーマを更新しても影響を受けない

この3つにメリットを感じられるなら、ぜひ活用していきたいところです。

ここから、もっと詳しく説明していきますね。

【1】カスタマイズした部分を切り分けて管理できる

子テーマを使うことで、カスタマイズした部分を親テーマと切り分けて管理ができます。
なので、どこをどのようにカスタマイズしたのか?すぐに見分けることが可能です。

また、HTML・CSS・PHPはコメントも書くことができます。
ソースコードをコメントで整理しておけば、どんな内容で編集したのかひと目でわかります。

目的の場所を素早く見つけることができるので、より効率的な管理ができるようになるでしょう!

【2】親テーマの設定をそのまま引き継げる

2つ目のメリットは、親テーマの設定をそのまま引き継げることです。

以下2つのファイルは、親テーマの内容を引き継いだうえで、さらにコードを追記できます。

  • functions.php
  • style.css

すでにある親テーマという土台に、子テーマで機能を追加できるというイメージです。
デフォルトの機能に上乗せすることで、さらに使いやすくなるというわけですね。

あくまでも親テーマがベースとなるので、テーマの機能もしっかりと活かすことができます。

【3】親テーマを更新しても影響を受けない

親テーマを更新しても、子テーマのファイルが影響を受けることはありません。
なので、安心して親テーマを更新することができます。

子テーマでカスタマイズした内容は、すべてそのまま残っています。
更新後も以前と変わらずに使えるので、CSS・関数もそのまま使用可能です。

手間をかけることなく最新版にできるので、機能追加・バグ修正にも素早く対応できます。

【まとめ】子テーマを導入すればカスタマイズしやすくなる!

子テーマを導入することで、より柔軟にカスタマイズできるようになります。

親テーマと切り分けて管理できるので、大事なソースコードを壊さずに済みます。
子テーマを停止すれば、カスタマイズ前の状態に戻すことも可能です。

よくカスタマイズする人にとっては、ぜひ導入したい機能といえるでしょう。
子テーマの仕組みやカスタマイズ方法を知っておけば、さらに活用の幅が広がります!

ワードプレスを使っていると、細かなデザインや機能を調整したくなることも増えてきます。
デザイン・機能に手を加えるなら、子テーマを試してみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
どんなことでもコメントもらえると嬉しいな。
僕もかならず返信するよ!