ElementorでSEOに強いサイトを作る3つのポイント【検索順位の上げ方】

ヨッチヨッチ

こんにちは、ブログ運用メンターのヨッチです。

Elementorでサイトを作るなら、SEOは意識しておきたいですよね。
検索エンジンはもちろん、SNSなどの表示も最適化しておきたいところです。

この記事では、ElementorでSEOを強化する3つのポイントを紹介しています。

ポイントをおさえておけば、検索で上位表示も十分に可能となります。
さっそく、あなたのサイトにも取り入れてみませんか?

ElementorでSEOに強いサイトを作る3つのポイント

ElementorでSEOに強いサイトを作るポイントは、この3つです。

  1. SEOプラグインを導入する
  2. 内部構造を最適化する
  3. 質の高い記事を書く

基本的な部分として、どれもまず最初にやっておきたいことです。
上記3つをやらないままだと、記事に対する評価が付きにくくなります。

では、具体的にどうやって手順を進めていけばいいのか?
ここから詳しく解説していきます。

【1】SEOプラグインを導入する

Elementorはページビルダーなので、SEOに関する機能はありません。
また、公式テーマであるHello ElementorにもSEO設定はありません。

そこで重要なのが、プラグインの導入です。
プラグインを導入することで、SEOの基本設定をカスタマイズできます。

おすすめは「Yoast SEO」です。

Yoast SEO

Elementorと互換性があって、日本語にも対応しています。

評価の最も高いSEOプラグインで、その評価に見合った使いやすさです。
サイト全体のSEOはもちろん、SNSのOGP画像なども設定できます。

【2】内部構造を最適化する

プラグイン導入後はサイトの内部構造を最適化します。
たとえば、以下のような設定ですね。

  • タイトル
  • カテゴリー・タグ
  • 見出しなど
  • meta要素
  • パンくずリスト

タイトル・カテゴリー・タグ・見出しに関しては、ワードプレス本体の機能で設定できます。
どのように設定するか迷ってしまう方は、以下の記事も参考になると思います。

meta要素・パンくずリストは、Yoast SEOで設定できます。

meta要素とは、概要文・OGPなどの設定です。
よくわからない場合でも、Yoast SEOをインストールすれば自動的に設定されます。

たとえば、概要文は記事の抜粋、OGP画像にはアイキャッチが設定されるといった感じです。
手動で設定したいときに、細部をカスタマイズすると良いでしょう。

パンくずリストに関しては、Yoast SEOの設定が必要です。
より詳しい設定については、別記事で解説します。

【3】質の高い記事を書く

質の高い記事とは、いかに検索意図にあったソリューションを提供できているか?ということです。

検索エンジンのユーザーは、キーワードを入力して検索しますよね。
そのとき、何かしらのニーズ(意図)をもって検索します。

その検索意図に対して、より適切な解決策を提供できていれば、上位表示されやすくなります。

評価対象となる要素はたくさんありますが、質の高い記事は必須条件です。
ユーザーがどんな意図を持って検索しているか、よく考えてみましょう。

そして、ユーザーの意図に対して、あなたの記事でソリューションを提供します。
その結果、質の高い記事として評価されます。

記事を書くことに慣れていないときは、まずはハードルを下げて習慣化すると良いでしょう。

【まとめ】SEOの土台をしっかり作っておこう

ここまで、ElementorでSEOを強化する3つのポイントをお伝えしてきました。

  1. SEOプラグインを導入する
  2. 内部構造を最適化する
  3. 質の高い記事を書く

SEO(検索エンジン最適化)は、検索エンジンに伝える情報を整理するのがスタートラインです。
3つのポイントを実践することで、伝える情報の整理・クオリティ向上につながります。

もちろん、記事を見るのは画面の向こう側にいる「人」です。
情報を整理できたら、読者のお役に立てるコンテンツを発信していきましょう。

Elementorには、SEOを強化する設定がありません。
なので、ほかのプラグイン・設定によって、自発的にカスタマイズが必要です。

ここでお伝えした情報をもとに、SEOに強いサイトを運用していきませんか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

今は個人でも、戦略があればウェブサイトで稼ぐことができる時代です。
もし興味があれば、WordPressについて無料で学んでみませんか?

WPクエスト

【WPクエスト】冒険の扉に向かう