【UpdraftPlus】WordPressのすべてのデータを完全に復元する方法

ヨッチヨッチ

こんにちは。Web戦略コンサルタントのヨッチです。
プロフィールを見る

UpdraftPlusは、クリックするだけでバックアップをとれるお手軽プラグインです。
初心者でも使いやすいので、すごく便利ですよね。

バックアップを保存したら、次は復元のやり方も知っておきたいところです。
とはいえ、どうやって復元したらいいか迷ってしまう方もいると思います。

この記事では、UpdraftPlusでどうやって復元したらいいのか?3つの手順で解説していきます。
僕が実際に試してみたので、あなたもすぐに実践できますよ。

画像付きでわかりやすくお伝えしているので、サクッとチェックしてみませんか?

【UpdraftPlus】ワードプレスをすべて復元する3つの手順

まずは3つの手順をざっくりと見ておきましょう。

  1. UpdraftPlusの管理画面を開く
  2. バックアップから復元を実行する
  3. 古いディレクトリを削除する

こんな流れで進めていきます。
これだけでも、かなり簡単そうだと感じてもらえるはずです。

というわけで、さっそく進めていきましょう!

ちなみに、まだバックアップをとっていない場合は、以下の記事が参考になると思います。

【1】UpdraftPlusの管理画面を開く

最初のステップでは、「設定」→「UpdraftPlus Baciups」から管理画面を開きましょう。

「設定」→「UpdraftPlus Baciups」

すでにバックアップがあれば、「既存のバックアップ」に保存されています。

「既存のバックアップ」に保存されている

以下のファイルがすべてサーバー上にあれば、完全に復元が可能です。

  • データベース
  • プラグイン
  • テーマ
  • アップロード
  • その他

もし別のバックアップを使いたいときは、「アップロード」を選択しましょう。

「アップロード」を選択

ファイルをアップロードして、先ほどの5つのファイルが保存されていればOKです。

「既存のバックアップ」に保存されている

バックアップがあることを確認できたら、このまま復元に進みましょう!

【2】バックアップから復元を実行する

復元するには、復元したいバックアップの右側にある「復元」をクリックします。

「復元」をクリック

選択したバックアップから、復元するコンポーネントを選択できます。
今回はすべて復元するので、5つともチェックを入れたまま「次」をクリックします。

5つともチェックを入れたまま「次」をクリック

バックアップファイルが読み込まれると、次の画面が表示されます。

バックアップファイルが読み込まれる

中央ボックス内の(…)をクリックすると、データベースから除外するテーブルを選択できます。
今回はすべて復元するので、チェックを入れたまま「復元」をクリックします。

チェックを入れたまま「復元」をクリック

復元が開始されたら、なにも操作しないで完了までそのまま待機します。

完了すると緑色の文字で「Restore successful!」と表示されます。
下の画面が表示が出たら、復元は完了です!

「Restore successful!」と表示される

「UpdraftPlus 設定に戻る」をクリックして、管理画面に戻りましょう。

【3】古いディレクトリを削除する

UpdraftPlusの管理画面に戻ると、上部に「バックアップが復元されました」と表示されています。

「バックアップが復元されました」と表示

まずは、問題なくワードプレスが復元されているかチェックしましょう!
すぐにチェックしておきたいのは、以下の項目です。

  • 記事・固定ページ
  • テーマ・プラグイン
  • 画像などのメディア

しっかり復元できていたら、最後に古いディレクトリを削除しておきます。

古いディレクトリとは?

古いディレクトリとは、復元する前に使っていたデータです。
もし復元に問題があった場合は、古いディレクトリからファイルを戻すことができます。

つまり、復元が完了したら不要となるファイルのことです。
なので、最後のステップでしっかり削除しておくことをオススメします。

ということで、管理画面の上にある「古いディレクトリを削除」をクリックしましょう。

「古いディレクトリを削除」をクリック

自動的に削除されるので、そのまま待機します。

「古いディレクトリを正常に削除しました」と表示

「古いディレクトリを正常に削除しました」と表示されればOKです。

「UpdraftPlus 設定に戻る」を押せば、すべてのステップが完了です。
お疲れ様でした!

【まとめ】UpdraftPlusはクリックだけで復元できる

ここまで、復元の手順3ステップを順番にお伝えしました。

  1. UpdraftPlusの管理画面を開く
  2. バックアップから復元を実行する
  3. 古いディレクトリを削除する

3つのステップは、すべてクリックだけで進めることができます。
なので、やってみればすごく簡単に復元できますよ。

初心者にも使いやすくて、直感的に操作できるプラグインです。
初めて導入するバックアップ系プラグインとしては、かなり優秀だと思います。

定期的にバックアップをとっておきながら、いざという時のために備えておきませんか?
その時こそ、この記事の内容があなたのお役に立てるはずです。