読みやすい文章になる語尾の使い方とは?【読まれるライティング】

ヨッチヨッチ

こんにちは!サイト運用メンターのヨッチです。

なんとなく文章を書いていると、なぜか単調に感じることってありませんか?

ライティングには、文末の語尾はどうするか?という基本テクニックがあります。
語尾のバリエーションが少ないと、どうしてもテンポが悪くなってしまいます。

この記事では、読みやすい文章になる語尾の使い方について解説します。

ある程度のルールを決めておくと、悩まず書けるようになりますよ。
まだ書くことに慣れていない方こそ、参考にしてみてはどうでしょうか?

読みやすい文章になる語尾の使い方とは?

結論からお伝えすると、読みやすい文章にするには同じ語尾を使いすぎないのが大事です。

たとえば、以下の文章を読んでみてください。

「~ます」という語尾が続く文章

これから、ワードプレスのテーマについてお伝えします。
テーマには、有料・無料で使えるものがあります。

どちらにも、メリット・デメリットがあります。
どうやって選べばいいか、ここからお教えします。

無料テーマは、お金をかけずに使うことができます。
有料テーマは、クオリティが高くてサポートも充実しています。

あえて極端な文章にしましたが、語尾が連続すると単調になりがちです。
内容を工夫しながら、テンポ良く書いていく必要があります。

意識したいのは、文章のつながりを調整したり、語尾を連続しすぎないことです。

先ほどの文章をリライトしてみました。

文章のつながり、語尾を修正してリライト

これから、ワードプレスのテーマについてお伝えします。
テーマには、有料・無料で使えるものがあります。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、選び方を知っておくことが大切です。
どうやって選べばいいのか?ここからお教えしますね。

無料テーマは、お金をかけずに使うことができるのが最大のメリットです。
有料テーマは、クオリティが高くてサポートも充実しています。

いかがでしょうか?
リライト前よりも、テンポ良く読めるかと思います。

言葉のつながりと語尾を工夫するだけで、読みやすい文章に改善できました。

自分なりのルールを決めておくと書きやすい

同じ語尾を使いすぎないといっても、気づかずに連続してしまうこともあると思います。
そこで大事なのが、自分なりのルールを決めることです。

たとえば、僕の場合は以下のルールを設定しています。

  • 同じ語尾を続けて使うのは3回まで
  • テンポが単調だと感じたら、文章をつなげてみる
  • 適度に疑問形を使用する

明確に数字を決めているのは、語尾の使い方です。
不自然にならない限りは、このルールを守っています。

もし同じ語尾が続いていたら、ほかの表現を使って書いたりします。
いろんなバリエーションを持っておけば、表現の幅が広がりますよ。

どのように語尾のバリエーションを広げるのか?

実際に書いてみると、どんな表現が良いか迷ってしまうこともあるかもしれません。
なので、普段からアンテナを張って、いろんな表現をストックしておくのが良いと思います。

ざっくりとバリエーションをまとめると、こんな語尾があります。

(例)語尾のバリエーション

です
ですね
ます
ますよね
ました
でしょう
ください

これらは一例なので、ほかにもいろんな表現があります。

あなたが普段つかっている言葉にあわせて、ちょっとずつ変えてみるのも良いでしょう。
やはり文章も言葉ですから、あなたの自然な話し方に合わせると違和感なく読んでもらえます。

【まとめ】テンポよく文章を書いてみよう

ここまで、読みやすい文章になる語尾の使い方についてお伝えしてきました。

大事なのは、自分なりのルールを設定しておくことです。

  • 同じ語尾を続けて使うのは3回まで
  • テンポが単調だと感じたら、文章をつなげてみる
  • 適度に疑問形を使用する

もちろん、このルールが絶対的な正解ではありません。
あなたに合った書き方も探してみてはどうでしょうか?

語尾のバリエーションは、普段からストックしておくと表現の幅が広がります。
簡単にまとめると、こんな表現があります。

(例)語尾のバリエーション

です
ですね
ます
ますよね
ました
でしょう
ください

あなたの普段の言葉から考えてみると、いろんなアイデアが湧いてくると思います。

基本テクニックを押さえたら、あとは数をこなして練習することが大切です。
何度も書いてみることで、ピッタリな表現も見つかると思います。

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

ワードプレスの構築や運用、気になることがあれば、お気軽にご相談くださいね。
ウェブサイトを活用した集客・販売や、WEBマーケティングのコンサルも行っています。

サイト構築・運用について相談する