文章の1文は短くした方が良い理由とは?【読まれるライティング】

ヨッチヨッチ

こんにちは!サイト運用メンターのヨッチです。

あなたは記事を書くとき、文章の長さはどのくらいにしていますか?
長すぎる文章は、なるべく短くした方がもっと読みやすくなるでしょう。

なぜ文章の1文は短くしたほうが良いのか?この記事で詳しく解説していきます。
具体的な例文をお見せして、根拠もしっかりお伝えします。

基本的なテクニックを習得して、もっと読んでもらえる文章を書いてみましょう!

文章の1文は短くした方が良い理由とは?

まず、文章の1文の長さについてお伝えします。
実際に見ていただいて、2つの文章の違いを比較してみてください。

1文が長く、改行・行間がない文章

ブログで収益化する方法は大きく3つあって、アフィリエイト(仲介)、広告掲載(宣伝)、コンテンツ販売(独自の商品)があり、それぞれ仕組みが異なっていて、うまく使い分けるのが大事だし、自分にあったやり方を見つけて、まとまった金額を稼ぐための経験値を積む必要があります。

1文が短く、改行・行間がある文章

ブログで収益化する方法は大きく3つあります。

・アフィリエイト(仲介)
・広告掲載(宣伝)
・コンテンツ販売(独自の商品)

上記の3つはそれぞれ仕組みが異なります。
なので、うまく使い分けて、自分にあったやり方を見つけることが大事です。

また、まとまった金額を稼ぐための経験値を積む必要があります。

このように、見やすさ、読みやすさに大きく違いが出てきます。

文章の見やすさ【システム1・システム2】

1文が短く、改行・行間があることで、パッと見た印象が軽くなります。
文字が詰まっていないので、「なんとなく読みやすそう」というイメージが湧きます。

第一印象として、読むときの負担が少ないように感じられるということですね。
実は、このパッと見た印象がすごく重要です。

ここで知っておきたいのは、システム1・システム2という言葉です。
「ファスト&スロー」という書籍を読まれた方であれば、知っていると思います。

行動経済学者で、ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンという方が書かれた書籍です。
上記の書籍に、システム1・システム2という思考があると述べられています。

簡単にお伝えすると、以下のような内容です。

システム1
「ファスト」
シンプルで、自動的に、高速で動く思考
直感的な判断
システム2
「スロー」
複雑で、慎重に、ゆっくり動く思考
論理的な判断

システム1は、システム2の前に通過します。
つまり、直感的な第一印象で、無意識のうちに物事を評価してしまうということです。

「なんとなく読みやすそう」と思ってもらえることが、読まれるための第一関門というわけです。

文章の読みやすさ【3つのポイント】

次に、文章の読みやすさです。
「なんとなく読みやすそう」の次は、実際に読みやすい文章である必要があります。

読みやすい文章にするためには、以下3つのポイントがあります。

  • 1つの文章では、1つのコトを伝える
  • 一部の漢字を、ひらがなで表記する
  • リスト・表を活用する

1つの文章では、1つのコトを伝える

1つの文章には、内容を詰め込みすぎないようにします。
1つのコトだけを伝えるようにすれば、迷いなく読んでもらえる文章になるでしょう。

一部の漢字を、ひらがなで表記する

文章によっては、あえて漢字をひらがなにした方が読みやすくなります。

わかりやすいのは、常用外漢字ですね。
「手で掴む」→「手でつかむ」のように、ひらがなで表記します。

漢字を使いすぎず、適度にひらがなも使うようにすると良いでしょう。

リスト・表を活用する

リスト・表を活用することで、文章はさらに読みやすくなります。

例文では、以下のように用語をならべていました。
「アフィリエイト(仲介)、広告掲載(宣伝)、コンテンツ販売(独自の商品)」

上記の用語をリストにしてみましょう。

  • アフィリエイト(仲介)
  • 広告掲載(宣伝)
  • コンテンツ販売(独自の商品)

これだけでも、だいぶ読みやすくなっているはずです。
用語・データなどは、どんどんリストや表を活用してみましょう。

【まとめ】基本テクニックを覚えるだけで読みやすくなる

ここまで、WEBライティングの基本テクニックをお伝えしてきました。

システム1・システム2に配慮することで、第一印象が良くなります。

システム1
「ファスト」
シンプルで、自動的に、高速で動く思考
直感的な判断
システム2
「スロー」
複雑で、慎重に、ゆっくり動く思考
論理的な判断

見やすさに配慮したあとは、読みやすい文章の3つのポイントを押さえましょう。

  • 1つの文章では、1つのコトを伝える
  • 一部の漢字を、ひらがなで表記する
  • リスト・表を活用する

これらのテクニックは、誰でもすぐ活用できるうえに非常に効果的です。
これまで意識していなかったなら、さっそく試してみましょう!

慣れないうちは、文章を区切るのが大変に感じるかもしれません。
しかしどんな文章でも、短くしようと工夫すれば読みやすくなります。

大切なのは、実際に試しながらより良い方法を見つけることです。
あなたの文章が、よりたくさんの人に読まれますように!

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

ワードプレスの構築や運用、気になることがあれば、お気軽にご相談くださいね。
ウェブサイトを活用した集客・販売や、WEBマーケティングのコンサルも行っています。

サイト構築・運用について相談する