ブログ記事の書き方を基本から解説!【冒頭文・本文・まとめ】

こんにちは、ヨッチです。

ブログの記事を書くとき、あなたは文章の構成って意識してますか?
いろんな書き方がありますが、ある程度の「型」を知っておくと便利ですよ。

この記事では、ブログ記事の基本的な構成である「冒頭文・本文・まとめ」について解説します。

詳しい内容をわかりやすくお伝えしていくので、さっそく見ていきましょう!

【冒頭文・本文・まとめ】記事の構成について

さて、最初にお話しした通り、記事の書き方にはある程度の型があります。

もちろん、型がすべてではありません。
が、文章が読みやすくなるのは確かです。

なので、ライティングの引き出しを増やすためにも、知っておくと便利だといえます。
そこでお伝えするのが、「冒頭文・本文・まとめ」という基本の型です。

冒頭文
役割:サラッと記事の内容を伝える
役割:読み手(ターゲット)を明確にする
文字数(目安):200~300文字程度
本文
役割:冒頭で紹介した内容をさらに掘り下げる
文字数(目安):特になし
まとめ
役割:本文で伝えた内容をまとめる
文字数(目安):400~500文字程度

「冒頭文」について

冒頭文では、記事の内容をサラッと要約して読者に伝えます。
また、どんな読み手(ターゲット)に向けた記事なのか書くこともあります。

冒頭文が長すぎて面倒に感じると、読者はすぐ引き返してしまいます。
なので、できるだけ端的にわかりやすく書くことが大事です。

200~300文字というのは、あくまでも目安です。
あなたが書く記事のテーマに合わせて、気軽に読めるくらいの内容にまとめましょう!

「本文」について

本文では、冒頭文でお伝えした内容をしっかりと掘り下げて書いていきます。

情報をわかりやすく伝える必要があるので、テーマによって文字数は変わります。
記事によっては長文になるので、読みやすく工夫して書くことが大事です。

たとえば、以下のような書き方を組み合わせると効果的です。

  • 見出しで項目を分類する
  • 文字を装飾する
  • 画像を載せる
  • リストで箇条書きにする
  • テーブル(表)で情報を整理する

上の項目も、まさにリストでまとめられています。

「まとめ」について

まとめでは、本文で伝えた内容をわかりやすくまとめます。
読者に復習してもらうようなイメージです。

記事が長文になればなるほど、内容って忘れてしまうものです。
なので、最後に内容をまとめておけば、しっかり覚えてもらえるというわけですね。

冒頭文・本文はもちろん、印象に残るような「まとめ」も大事だと思います!

【まとめ】冒頭文・本文・まとめの構成を使いこなそう!

ここまで、記事の基本構成である「冒頭文・本文・まとめ」についてお伝えしてきました。

内容をまとめると、こんな感じです。

冒頭文
役割:サラッと記事の内容を伝える
役割:読み手(ターゲット)を明確にする
文字数(目安):200~300文字程度
本文
役割:冒頭で紹介した内容をさらに掘り下げる
文字数(目安):特になし
まとめ
役割:本文で伝えた内容をまとめる
文字数(目安):400~500文字程度

実際にこの記事も、同じような構成で書かれていることがわかると思います。

型をうまく使いこなすことで、いろんなテーマの記事を効率的に書くことができるでしょう!

ほかにもライティングの型は存在するので、また別の記事でいろいろお伝えしますね。
興味があれば、関連記事もチェックしてみてはどうでしょうか?

WEBサイトは構築よりも運用のほうが重要

あなたもご存知のとおり、WEBサイトは作って終わりではありません。
むしろ、構築してからいかに運用するかのほうが重要です。

ワードプレスを習得することで、サイト運用のスキルアップにも繋がります。
世界で最も評価されているCMSを、今こそ使ってみませんか?

より深くワードプレスを学びたい方には、僕が磨きあげたノウハウをLINE講座で配信していきます。
初心者向けに優しく解説していくので、安心してくださいね。

僕が一方的に発信するだけでなく、メンバーの皆さんと交流できるような方法も検討中です。
興味があれば、以下の詳細ページをチェックしていただければと思います。

ヨッチヨッチ

僕と一緒に、ワードプレスを楽しく学んでいきましょう!

WPクエストWPクエスト

WPクエストの詳細を見る