Gutenberg(ブロックエディタ)の再利用ブロックとは?使い方を解説!

こんにちは、ヨッチです。

ワードプレスの「Gutenberg(ブロックエディタ)」には、再利用ブロックという機能があります。
一度作成したブロックを登録すれば、何度でも再利用できる機能です。

ブロックをテンプレートとして登録することで、より効率的に記事を書けるようになります。

この記事では、Gutenberg(ブロックエディタ)の再利用ブロックについて紹介しています。
使い方もまとめているので、すぐに使い始めることができますよ。

では、さっそく詳しい内容を見ていきましょう!

Gutenberg(ブロックエディタ)の再利用ブロックとは?

ブロックエディタの再利用ブロックとは、何度も使いまわしができるブロックのことです。
最初に登録しておけば、すぐにテンプレートとして呼び出すことができます。

再利用ブロック

再利用ブロックには、メインとなる親ブロックがあります。
親ブロックを編集すると、記事内で連動している子ブロックすべてに変更が適用されます。

なので、共通コンテンツとして使えるのが便利なところですね。

また、再利用ブロックから通常のブロックに変換もできます。
変換することで、親ブロックから独立したブロックとして利用できます。

親ブロックで空テンプレートを用意して、記事内で通常のブロックに変換するという使い方も可能です。
通常ブロックに変換すれば、中身を編集しても親ブロックに影響はありません。

再利用ブロックの活用方法まとめ

再利用ブロックの活用方法をまとめると、こんな感じです。

共通コンテンツとして使う
親ブロックに変更を加える
テンプレートとして使う
通常ブロックに変換して編集する

柔軟に活用できるので、あなたの目的にあわせた使い分けができます。

ここからは、再利用ブロックの使い方をわかりやすく解説していきます。
画像付きなので、サラッと見るだけですぐにわかってもらえるはずです。

【画像あり】再利用ブロックの使い方

それでは、記事で再利用ブロックを使う方法について見ていきましょう!

再利用ブロックを新規作成する方法

記事の編集画面で、親ブロックにしたいブロックを作成します。
「クラシック」で作成した場合は、「ブロックへ変換」をしておきましょう。

ブロックへ変換

作成したブロックのメニューを表示して、「再利用ブロックに追加」をクリックします。

再利用ブロックに追加

これで再利用ブロックが作成されました。

再利用ブロックが作成された

再利用ブロックを表示するには、+アイコンから「すべて表示」をクリックします。

+アイコンから「すべて表示」をクリック

左側のメニューから「再利用可能」タブを開きます。

先ほど作成した再利用ブロックが表示されているので、クリックして追加しましょう。

「再利用可能」タブを開いて、再利用ブロックをクリック

これで再利用ブロックが追加されました!
2つのブロックがまったく同じ内容になっていることが確認できます。

再利用ブロックが追加された

再利用ブロックの管理画面について

再利用ブロックの管理画面を開くには、編集画面の+アイコンから「すべて表示」をクリックします。

+アイコンから「すべて表示」をクリック

「再利用可能」タブを開いて、「すべての再利用ブロックを管理」をクリックします。

「すべての再利用ブロックを管理」をクリック

すべての再利用ブロックが一覧で表示されました。

再利用ブロックが一覧で表示される

タイトルをクリックすると、親ブロックの編集画面が表示されます。

親ブロックの編集画面

編集して更新ボタンをクリックすると、親ブロックが更新されます。

親ブロックが更新される

記事内の連動した再利用ブロックも、すべて更新されたことが確認できます。

連動した再利用ブロックもすべて更新された

通常のブロックに変換する方法

通常ブロックに変換するには、投稿の編集画面から再利用ブロックのメニューを開きます。

メニューを開いたら、「親を選択」をクリックして親ブロックの編集モードに切り替えます。

親を選択

親ブロックのメニューで、「通常のブロックへ変換」をクリックします。

通常のブロックへ変換

これで、親ブロックから独立した通常のブロックとして利用できます。

親ブロックから独立した通常のブロックとして利用できる

試しに、ブロックの中身を変更してみました。

ブロックの中身を変更

このように、上にある親ブロックとは独立した状態で編集できました。

再利用ブロックをテンプレートとして使うときは、呼び出したあとに通常ブロックに変換すればOKです。
変換しておかないと、すべての再利用ブロックが更新されるので注意しましょう。

【まとめ】再利用ブロックで記事作成の効率が上がる

ここまで、再利用ブロックとはなにか、どうやって使うのか解説してきました。
慣れてしまえば、記事作成の効率がグッと上がることをわかってもらえたと思います。

再利用ブロックは、工夫次第で複数の使い方ができます。

共通コンテンツとして使う
親ブロックに変更を加える
テンプレートとして使う
記事内で通常ブロックに変換して編集する

どちらのパターンだとしても、記事を書くスピードは飛躍的に向上するでしょう。
ここで紹介した使い方をマスターして、さらにクオリティの高い記事を書いていきませんか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
どんなことでもコメントもらえると嬉しいです!
僕からもかならず返信しています。

WEBサイトは構築よりも運用のほうが重要

あなたもご存知のとおり、WEBサイトは作って終わりではありません。
むしろ、構築してからいかに運用するかのほうが重要です。

もしWEBサイトの運用に関してご質問等ありましたら、このブログでご相談を受け付けています。
長期的な運用にご興味があれば、僕が全力でサポートします。

【WPクエスト】サイト構築から学べる無料講座はこちら

【ミライヨッチ】お問い合わせはこちら