ブログ記事のキャラクターって必要?会話調が使われる3つの理由

ヨッチヨッチ

こんにちは、ブログ運用メンターのヨッチです。

ブログの記事を見ていると、キャラクターが登場しているのをよく見かけませんか?
実は、キャラクターのセリフにはすごく重要な役割があります。

この記事では、なぜブログ記事にキャラクターの会話があるのか?3つの理由をお教えします。

  • 「会話調って必要なの?」
  • 「文章だけとどう違うの?」
  • 「キャラクターって絶対にいなきゃダメ?」

といった疑問も、ここですべて解決できますよ。

ブログ記事でキャラクターの会話がある3つの理由

まずは、3つの理由を先にまとめてお伝えします。

  1. 読者を飽きさせない
  2. 記事のテンポが良くなる
  3. キャラクターに親近感を持ってもらえる

これらの理由があるので、記事に会話・セリフが入っています。
ここからもう少し詳しく見ていきましょう。

【1】読者を飽きさせない

1つ目の理由は、読者を飽きさせないようにするためです。

文章だけだと、どうしても読みづらく感じてしまうこともあります。
キャラクターの掛け合いを入れることで、記事を楽しく読んでもらえます。

「質問役と解説役」
「ボケとツッコミ」

このように、役割が明確だとメリハリが出て飽きにくくなるでしょう。

【2】記事のテンポが良くなる

2つ目の理由が、記事のテンポが良くなることです。
すべて文章で説明しようとすると、冗長な表現になることもあります。

そこでキャラクターが会話することで、わかりやすく言い換えることもできます。

太陽太陽

じょーちょー?ってむずかしいなー。

ヨッチヨッチ

簡単にいうと、長くてわかりづらい表現ってこと!

【3】キャラクターに親近感を持ってもらえる

愛嬌のあるキャラクターが登場すると、愛着や親近感を持ってもらえます。
文章だけだと顔が見えづらくなりますが、キャラの顔が見えるとイメージも湧いてきますよね。

記事の中でふと見かけることで、ホッと一息つかせてくれる存在です。

記事は、書き手と読み手がいるからこそ成立します。
その架け橋となってくれるのが、かわいいキャラクターだったりするのです。

どうやって会話調にするのか?

キャラクターを登場させて会話調にするには、きちんと設定を決めることが重要です。

マーケティングでは「ペルソナ」を設定しますが、キャラクターの場合も同じですね。
何が好き・嫌いとか、どんな性格かとか、できるだけ細かく決めておくと破綻しなくなります。

ちなみに、実在のモデルがいるとキャラクターは作りやすいです。

このブログに登場しているネコの太陽は、僕が実際に飼っています。
いつも一緒に暮らしているので、「こんなこと考えてるよなぁ」というのがすぐわかります。

生い立ちもすべてわかっているので、キャラにブレがなくなります。

太陽太陽

ボクいつもこんなかんじー。

ヨッチヨッチ

ほんとマイペースな性格してるよね。

キャラクターって絶対にいなきゃダメ?

キャラクターではなくて、運営者自身がコメントをしても良いアクセントになるでしょう。
僕の場合も、自分のキャラだけがしゃべっているパターンはあります。

キャラクターが絶対に必要ということではなく、内容に合わせてチョイスするのが良いでしょう。

逆にセリフが多すぎても、読者からすると読みづらくなる可能性もあります。
たとえば、具体的な手順を解説する内容では、あまり関係のない会話は敬遠されたりします。

人によって読みやすいバランスは変わると思うので、試しながら調整していきましょう!

【まとめ】適度にセリフがあると読みやすくなる

ここまでの内容をまとめると、適度にセリフがあれば記事は読みやすくなります。
その理由は、以下の3つです。

  1. 読者を飽きさせない
  2. 記事のテンポが良くなる
  3. キャラクターに親近感を持ってもらえる

ただ、やみくもにキャラを登場させるのも考えものです。
性格・好き嫌い・趣味など、背景をしっかり設定しておくのが大切です。

ヨッチヨッチ

背景があると、キャラが生き生きと動いてくれるよ!

ペルソナ設定と同じく、実在のモデルがいればブレにくくなります。

そして、セリフを挿入する頻度には工夫が必要です。
記事の内容によって、バランスを調整してみましょう。

あなたの記事が、もっとたくさんの方に読んでもらえますように!

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

今は個人でも、戦略があればウェブサイトで稼ぐことができる時代です。
もし興味があれば、WordPressについて無料で学んでみませんか?

WPクエスト

【WPクエスト】冒険の扉に向かう