ブログ記事の文字数に目安はある?何文字が正解なのか詳しく解説!

こんにちは、ヨッチです。

初めてブログの記事を書くときって、いろんなことがわからなくて不安ですよね。
たとえば「1記事で何文字くらい書けばいいの?」というのは、よくある質問の一つです。

そこでこの記事では、1記事でどのくらいの文字数を書けばいいのかをお伝えします。

僕はこのブログで370記事以上を書き続けてきました。
以前に運営していたサイトも含めると、合計700記事以上は書いています。

そんな経験を踏まえて、あなたに記事の文字数についてわかりやすく解説しますね!

ブログ記事の文字数に目安はある?

さて、あなたは1記事の文字数はどのくらいが良いと考えるでしょうか?

500文字?1000文字?それとも20000文字くらいでしょうか?
その答えは、「状況による」です。

そもそも、記事は誰のために、何を伝えるために書くのでしょうか。
その目的を最短距離で達成できるのであれば、500文字でも良いのです。

逆にいえば、より深く伝える必要があるテーマなら、10000文字くらい書くこともできます。

もう一度、答えをまとめますね。

記事のテーマによって文字数は異なる

記事の文字数は、あなたが決めた記事テーマによって異なります。
読者が問題解決できる最短距離で、伝えてあげることが大事です。

ライティング

「○○のやり方」のような、比較的わかりやすいテーマであれば、500~2000文字くらいでもOKです。
「ブログとは?」のようにカバーする範囲が広ければ、記事のボリュームも増える傾向があります。

一番わかりやすいのは、「もしあなたが初めてその記事を読んだらどう思うのか?」という基準です。

あなたが読んだときに「もっと情報が欲しいな」と思ったら、その記事の文字数は少ないといえます。
逆に「文字が多すぎて読みづらい」と思ったら、もっとコンパクトな内容にまとめるのが良いでしょう。

あなたの記事を読んでくれるのは、画面の向こう側にいる「人」です。
なので、機械的に「〇〇文字が正解」と決めるよりも、相手のことを考えて記事を書くのが大切です。

記事をたくさん書くと必要な情報量がわかってくる

1記事にどのくらいの文字数(情報量)が必要なのか?というのは、最初は分かりづらいと思います。
僕ももちろんそうでした。

なので、最初は完ぺきを求めずにとにかく書いてみるのがおすすめです。
「これでいいかな?変えたほうがいいかな?」と考えながら書くことで、あなたの答えが出てきます。

文章を書く

まずは「あなたが初めてその記事を読んだらどう思うのか?」を基準に書いてみましょう!

書いてみたら、記事の文字数をカウントしてみるのも良いと思います。
そうすることで、「この長さなら文字数はこのくらいだな」という感覚も研ぎ澄まされていきます。

僕がよく使っているのは、「なんもじ」という文字数カウントです。
自動でカウントしてくれるし、空白・半角の計算方法もチェック1つで変更できます。

【まとめ】基準を意識しながら記事を書いてみよう!

ここまで、ブログ記事の文字数についてお伝えしてきました。

明確に「〇〇文字以上」とはお伝えしていないので、最初はイメージしづらいかもしれません。
ただ、ある特定の文字数だけにとらわれないということがとても重要です。

すでにお伝えした「基準」を意識して、いろんな記事を書いてみましょう!
書いてみることで、あなたの中にどんどん経験値が貯まっていきます。

僕と一緒に、ブログを楽しんでもらえたら嬉しいです!

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
どんなことでもコメントもらえると嬉しいです!
僕からもかならず返信しています。