なぜCPUにグリスを塗るの?グリスなしではダメな理由も解説!

こんにちは、ヨッチ(@miraiyotch)です。

CPUには、グリスと呼ばれるペースト状のものが塗られています。
粘土みたいで、なぜ必要なのか気になる方も多いのではないでしょうか?

この記事では、なぜCPUにグリスを塗るのか?塗らないとダメな理由まで解説しています。

グリスは一見すると地味ですが、パソコンにとっては非常に重要なものです。
どんな役割があるのか、ここできちんと覚えておきませんか?

なぜCPUにグリスを塗るの?

グリスを塗る理由は、ひと言でいえばCPUの冷却性能を上げるためです。

CPUには、ヒートスプレッダというプレートが装着されています。

ヒートスプレッダ

ヒートスプレッダにCPUクーラーを乗せることで、CPUが放出した熱を移動させます。

ヒートスプレッダ・CPUクーラー

その際、ヒートスプレッダとCPUクーラーの受熱ベースの間には、目に見えない微細な隙間があります。
微細な隙間があることで、熱の伝導が悪くなってしまうのです。

そこでグリスを塗ることで、隙間をしっかりと埋めることができます。
高性能なグリスは熱の伝導率も良好なので、効率よくCPUを冷やせるというわけです。

ちなみに、CPUにグリスを塗る際はかならずヒートスプレッダに塗りましょう。
ピンがある側には絶対に塗ってはいけません。

もしCPUのピン側にグリスを塗ってしまったら、そのCPUは使い物にならなくなります。
CPUは高価なパーツなので、細心の注意を払って取り扱うようにしましょう!

グリスなしではダメな理由とは?

グリスなしではダメな理由は、すでにお伝えしたとおり熱の伝導が悪くなるからです。

もしグリスを塗らずにCPUクーラーをセットしたら、冷却性能は大幅に落ちます。
熱暴走・故障の原因になるので、かならずグリスは塗りましょう。

リテールクーラー(CPU付属クーラー)のグリスについて

リテールクーラー(CPU付属クーラー)の場合は、最初からグリスが塗られていることが多いです。
なので、グリスが塗られていることを確認したら、そのままセットしてOKです。

ただし、熱伝導率はあまり良くない傾向があります。
固着しやすいタイプも多く、あまり質が良いとは言いにくいでしょう。

グリスにこだわるなら、別で購入するのも良いと思います。

個別に購入したCPUクーラーのグリスについて

CPUクーラーを別で購入した場合は、グリスは塗られていません。
自分で塗る必要があるので、忘れずに塗っておきましょう!

ちなみに、付属のグリスは熱伝導率が高いとは言い切れません。
なので、もしグリスにもこだわるなら、別で購入しておくのがおすすめです。

僕が使っているのは、「GC-EXTREME-1GRAM」というグリスです。

安くて量もちょうどいいし、良く冷えるうえに固着しにくいです。
注射器タイプなので、いわゆる「うんこ盛り」も簡単です(笑)

グリスのうんこ盛り

ワンコイン以下で買えるので、お試しで使ってみても良さそうです。

【まとめ】CPUには忘れずにグリスを塗ろう!

リテールクーラーを使っていた方は、今まであまり気にしていなかったかもしれません。
すでにグリスが塗られているので、存在を意識することって少ないですよね。

しかし、実のところグリスは超重要アイテムです。
せっかくCPUクーラーの性能が良くても、グリスだけで台無しになってしまうことだってあります。

自作PCには必須の知識なので、ここでぜひ覚えておいていただければと思います。
縁の下の力持ち的な存在として、ひっそりと活躍してくれますよ。

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や質問などがあれば、気軽にコメントを送ってね。