WordPressに無料のヒートマップ【マウスフロー】を導入する方法

ヨッチヨッチ

こんにちは、ブログ運用メンターのヨッチです。

WordPressには、いろんなアクセス解析がありますよね。
その中でも、ヒートマップというツールをあなたは知っていますか?

記事がどのくらい熟読されているかわかるので、修正改善にとても役立つツールです。

Mouseflow(マウスフロー)は、コスパ良好・機能も優秀なヒートマップです。
月間500セッションまでは無料で使えて、有料プランも良心的な価格となっています。

WordPressでヒートマップを導入するなら、ぜひ活用したいサービスです。
この記事では、WordPressに無料のヒートマップ【マウスフロー】を導入する方法を紹介しています。

まずは無料で使えるので、今から試しに導入してみませんか?

無料のヒートマップ【マウスフロー】を導入する方法3ステップ

マウスフローを導入するには、大きくわけて3ステップの手順があります。

  1. マウスフローの無料トライアルを開始する
  2. トラッキングコードをWordPressにインストールする
  3. ページにアクセスしてトラッキングを有効化する

これらを順番に進めていけば、あなたも無料でヒートマップを使い始めることができます。

【1】マウスフローの無料トライアルを開始する

まずは、マウスフローの無料トライアルを開始しましょう。
クレジットカードなどは不要なので、サクッと気軽に始めることができました。

公式サイト右上にある「無料トライアル」をクリックすると、登録画面が表示されます。

マウスフロー

【マウスフロー】公式サイトを見る

メールアドレス・パスワードを入力して、規約にチェックを入れてから「完了」をクリックしましょう。

メールアドレス・パスワードを入力する

「14日間の無料トライアル」と書かれていますが、14日を過ぎると自動的に無料プランに移行します。
勝手にお金がかかることはないので、安心して進めて大丈夫です。

次に、名前と利用目的を入力します。
利用目的は、基本的に「Analytics(分析)」で問題ないでしょう。

名前と利用目的を入力する

次の画面では、利用するサイトのドメイン・サイトのタイプを入力します。

僕の場合だと、「miraiyotch.com」「Blog/personal」を選択しました。

利用するサイトのドメイン・サイトのタイプを入力する

これで登録は完了しました!

このまま「インストール」をクリックして、トラッキングコードのインストールに進みましょう。

「インストール」をクリックする

【2】トラッキングコードをWordPressにインストールする

トラッキングコードのインストールでは、次の3つのタイプから選ぶことができます。

  • Google Tag Manager
  • WordPress
  • HTML

「Google Tag Manager」は上級者向けです。
操作に慣れている方は、「Google Tag Manager」を選択しましょう。

「Wordpress」という項目は、マウスフローのプラグインを利用した導入方法です。
手軽にプラグインで管理したい場合は、「Wordpress」を選択しましょう。

「HTML」は、トラッキングコードをサイトに埋め込む方法です。
最もシンプルでわかりやすい導入方法です。

今回は、HTMLのトラッキングコードで導入する方法を進めていきます。

トラッキングコードのインストール

トラッキングコードが表示されるので、「クリップボードにコピーする」をクリックします。

「クリップボードにコピーする」をクリック

次に、ワードプレスの</body>直前にトラッキングコードを挿入します。

テーマが対応しているなら、設定からコードを挿入しましょう。

設定からそのままコードを入力可能

テーマが対応していない場合は、functions.phpを編集してコードを挿入します。

functions.phpを編集してコードを挿入する

トラッキングコードを挿入できたら、マウスフローの画面で「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリック

これでトラッキングコードもインストールできました!

次は、トラッキングの有効化です。
あとほんの少しなので、このまま進めていきましょう。

【3】ページにアクセスしてトラッキングを有効化する

トラッキングコードをインストールしたら、完了画面が表示されます。

完了画面が表示される

コードを挿入したページにアクセスして、マウスフロー側にインストール完了を認識させましょう。
1度アクセスするだけでOKです。

アクセスしたあとに、「閉じる」をクリックします。

アクセスしたあとに「閉じる」をクリック

マウスフローの画面で、コードのインストールが認識されました。
もし認識されていない場合は、「F5」を押してマウスフローの画面を更新してみましょう。

インストール完了後に、「トラッキングを有効にする」をクリックします。

「トラッキングを有効にする」をクリック

登録時の名前を入力して、「CONFIRM AND ACTIVATE TRACKING」をクリックします。

登録時の名前を入力して「CONFIRM AND ACTIVATE TRACKING」をクリック

これでレコーディングが開始されました!

レコーディングが開始された

トラッキングコードが挿入されたページで、マウスフローが有効化されています。

Websiteの設定からは、除外IP・除外ページなどのカスタマイズが可能です。
実際に触ってみながら、使いやすいようにカスタマイズしてみましょう!

【まとめ】無料で試せる優秀なヒートマップツール

マウスフローは、無料でトライアルできる優秀なヒートマップです。
しかも、有料プランも良心的な価格設定となっています。

マウスフロー

【マウスフロー】公式サイトを見る

これだけ高機能なヒートマップが使えて、無料から始められるのは本当に便利です。

月間500セッションをオーバーしても、お金がかかることはありません。
レコーディングが一時停止して、次の月からは再度500セッションまで記録されます。

プランをアップグレードするときも、格安の有料プランなので負担はだいぶ軽くなっています。

無料・有料のどちらも良心的な設定で、機能性もバッチリです。
ワードプレスでヒートマップを使うなら、マウスフローを選んでおけば間違いはないでしょう。

まずは無料トライアルから始めて、どのように動くのか確かめてみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

今は個人でも、戦略があればウェブサイトで稼ぐことができる時代です。
もし興味があれば、WordPressについて無料で学んでみませんか?

WPクエスト

【WPクエスト】冒険の扉に向かう