WordPressの</body>直前にソースコードを挿入する方法【functions.php】

ヨッチヨッチ

こんにちは、ブログ運用メンターのヨッチです。

WordPressを使っていて、</body>直前にソースコードを挿入したいときってありませんか?
JavaScriptタグ・アクセス解析の導入時に、よくコードを入力する場所だと思います。

テーマが対応しているなら、設定から変更できるはずです。
もしテーマが対応していなければ、functions.phpに追記するやり方もあります。

この記事では、functions.phpに追記して</body>直前にソースコードを挿入する方法を紹介します。
コピペで簡単に使えるので、さっそく試してみましょう!

WordPressの</body>直前にソースコードを挿入する方法

それでは、functions.phpを使って</body>直前にソースコードを挿入する方法をお伝えします。

すべての記事を対象にする

まずは、すべての記事で</body>直前にソースコードを挿入する場合です。
以下のコードをコピー・編集したうえで、functions.phpの一番下の行に貼り付けましょう。

// </body>直前にソースコードを挿入する
function foot_customtags() {
$footercustomtag = <<<EOM
<!-- </body>直前に挿入するコードを入力-->
EOM;
		echo $footercustomtag;
}
add_action( 'wp_footer', 'foot_customtags' );

4行目のコメントアウトした部分に、ソースコードを入力します。

<!-- </body>直前に挿入するコードを入力-->

指定した記事のみ対象にする

次に、指定した記事のみ対象にする場合です。

以下のコードをコピー・編集したうえで、functions.phpの一番下の行に貼り付けましょう。

// </body>直前にソースコードを挿入する
function foot_customtags() {
	if (is_page(array('3,31,73'))) {
$footercustomtag = <<<EOM
<!-- </body>直前に挿入するコードを入力-->
EOM;
		echo $footercustomtag;
	}
}
add_action( 'wp_footer', 'foot_customtags' );

編集するのは、3行目と5行目です。

	if (is_page(array('3,31,73'))) {

3行目では、「array()」内の文字列を変更します。

記事ID・スラッグ・タイトルのいずれかで記事を指定して、カンマで区切ります。
サンプルでは、記事IDを入力しました。

<!-- </body>直前に挿入するコードを入力-->

5行目のコメントアウトした部分には、</body>直前に挿入するコードを入力します。

テーマによっては埋め込みコードを挿入する機能がある

ワードプレスのテーマによっては、埋め込みコードを挿入する機能があります。
たとえば僕が使っている「賢威」だと、設定からそのままコードを入力可能です。

設定からそのままコードを入力可能

head内にコードを挿入する機能とは違って、</body>直前に挿入する機能はあまり見かけません。
なので、もしテーマに機能がない場合は、この記事で紹介した方法でコードを挿入しましょう!

【まとめ】テーマの機能をチェックして実装しよう

もしテーマの設定でコードを挿入できるなら、その機能を使ったほうが良いでしょう。
僕が使っている「賢威」は、まさにテーマに機能があるタイプですね。

ただ、そこまでSEO重視ではないテーマの場合は、実装されていないこともよくあります。
そんなときは、この記事で紹介したfunctions.phpに追記する方法を試してみましょう!

テーマにない機能も、functions.phpを編集するだけですぐに実装できます。
僕もよく、ちょっとした便利機能をfunctions.phpで追加しています。

覚えておいて損はないので、試しに使ってみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

今は個人でも、戦略があればウェブサイトで稼ぐことができる時代です。
もし興味があれば、WordPressについて無料で学んでみませんか?

WPクエスト

【WPクエスト】冒険の扉に向かう