マインクラフトのJava版・Windows10版の違いとは?今買うならどっち?

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

マインクラフトには、Java版・Windows10版の2種類があります。
Windows10版はいわゆる統合版のことで、PS4・ニンテンドースイッチなどと互換性があります。

この記事では、マインクラフトのJava版・Windows10版の違いを紹介しています。
それぞれの違いを比較することで、どっちが買いなのか見えてきます。

あなたにとってどちらが良いか、ここでチェックしてみませんか?

【一覧表で比較】マイクラのJava版・Windows10版の違い

それでは、マイクラのJava版・Win10版を比較してみましょう。
わかりやすいように、2つの違いを一覧表でまとめました。

マイクラのJava版・Windows10版の違い

Java版 Win10版
プラットフォーム PCのみ PC・スマホ・ゲーム機など多数
マルチプレイ
MOD
MakeCode ×
どんな人におすすめ? いろんなMODを入れたい人 MODを入れない人
マルチプレイしたい人
MakeCodeを使用したい人

Java版を選ぶ大きな理由は、なによりもMODの数です。
MODを導入して遊びの幅を広げるなら、Java版を選んだほうが良いでしょう。

逆にいえば、MOD以外の部分を重視するならWindows10版がオススメです。
マルチプレイ・クロスプラットフォーム・MakeCodeなど、いろんな機能が強化されています。

MakeCodeとは?

MakeCodeとは、マインクラフトを使用してプログラミングできるプラットフォームです。
Windows10版のマインクラフトを持っていれば、誰でも無料で使用できます。

プログラミング教育は、2020年から必修化されました。
遊びながら学べる環境を重視するなら、Windows10版を選んだほうが良いでしょう。

【まとめ】MODならJava版・MOD以外ならWin10版が優れている

マイクラのJava版・Windows10版は、それぞれに特徴が異なります。
なので、あなたがどんな遊び方をするかでオススメ度は変わってきます。

【Java版】MODの数が圧倒的に多い

マインクラフト Java版

たくさんのMODを導入して遊ぶなら、ほぼJava版一択となるでしょう。
Windows10版にもMODはありますが、Java版と比べると圧倒的に数が少ないです。

MODを入れるとパソコンの要求スペックも上がるので、高性能なゲーミングPCが必要になります。
Java版を視野に入れるなら、大量のMODを入れても問題ないスペックを検討しましょう。

【Win10版】マルチプレイ・クロスプラットフォーム・MakeCodeが使える

マインクラフト Windows10版

Windows10版は、そこまでMODを重視しない方にオススメです。
マルチプレイ・クロスプラットフォーム・MakeCodeなどを使うなら、Win10版が良いでしょう。

MODを入れずに遊ぶなら、マインクラフトの要求スペックはそこまで高くありません。
ゲーミングPCではなくても、それなりに快適に遊べるでしょう。

ただ、高解像度・高フレームレートで遊ぶなら、やはり高スペックが必要になります。
将来的にMODを導入したり、他の3Dゲームもプレイするなら、ゲーミングPCがオススメです。

マイクラにおすすめのBTOパソコンも3つ厳選して紹介しています。

  • 「MODをガンガン使いたい!」
  • 「コスパ重視のパソコンってどれ?」
  • 「MODなしで快適に遊びたい!」

あなたの目的に合わせて、まとめてチェックできます。

【限定】ゲーミングPC自作講座やってます!

ゲーミングPCを自作するのって、なんだか難しそうに感じていませんか?
特に初めてパソコンを組み立てるのって、どこからやればいいかわからないですよね。

そこで、動画で学べる「ゲーミングPC自作講座」を始めました!
ゲーム・パソコンが大好きな方だけの、限定オリジナル動画講座です。

僕が持っている知識・経験を惜しみなく公開しています。
無料なので、誰でも気軽に参加できますよ。

講座・限定特典の内容は、特集ページで詳しく紹介しています。
ゲーム×パソコンを全力で楽しめる「GPC講座」特集ページはこちら