【キーボード】メカニカル・メンブレンの違いとは?一覧表で比較!

ヨッチヨッチ

こんにちは!サイト運用メンターのヨッチです。

パソコンのキーボードは、メカニカル・メンブレンの2種類に大きくわけられます。
2つにはどんな違いがあるか、あなたは知っていますか?

この記事では、メカニカル・メンブレンの違いを一覧表で比較しています。

名前だけではわかりづらくても、一覧表ならカンタンに比較できます。
どっちが良さそうか、違いをすぐにチェックできますよ!

【一覧表で比較】メカニカルキーボード・メンブレンキーボードの違い

それでは、まずはサクッとメカニカル・メンブレンの違いを比較してみましょう!

メカニカル メンブレン
スイッチの構造 1つ1つが独立
(スプリング式)
全体で1枚のみ
(シートスイッチ)
軸の交換 ×
コスト

スイッチが独立しているか、繋がっているか、というのが大きな違いです。

軸の交換・コストは、キースイッチの構造に由来しています。

メカニカルキーボードについて

メカニカルキーボード

メカニカルキーボードは、スイッチが1つずつ独立しています。

スプリング式(バネ)の構造で、キーボードによっては軸の交換も可能です。
キースイッチが故障した場合も、1つのキーだけをピンポイントで修理・交換できます。

カスタマイズしやすいので、ゲーミングキーボードにもよく使われます。

その代わり、キーが独立している分だけコストが高くなりがちです。
メンブレンと比べると価格が高めなのは、スイッチの構造によるものです。

初期費用は少しだけ高めですが、長く大切に使えるのがメカニカルキーボードの特徴です。

メリット
キースイッチの軸を交換できる
キーが故障しても、ピンポイントで修理・交換できる
長く大切に使える
デメリット
初期費用がやや高め

ゲーミングキーボード(メカニカル)

ゲーミングキーボードは、カスタマイズ性が非常に重要です。
というのも、キー入力のしやすさが戦績に大きな影響を与えるからです。

また、ゲームを長時間プレイしていると、キーボードを酷使することも多くなります。
そういった部分で、メカニカルキーボードのメリットを十分に活かすことができるでしょう。

メンブレンキーボードについて

メンブレンキーボード

メンブレンキーボードは、1枚のシートスイッチが全体に敷かれています。
なので、メカニカルよりもコストを抑えることができるのが特徴です。

価格が安いので、一般的なパソコン向けに使われることが多いです。

ただし、すべてのキーが1枚のシートで繋がっているので、軸の交換ができません。
また、1つのキーが故障したら、キーボード本体の修理・交換が必要になります。

カスタマイズしにくいですが、初期費用をグッと抑えられるのがメンブレンキーボードの特徴です。

メリット
初期費用が安い
デメリット
キースイッチの軸を交換できない
キーが故障したら、キーボード本体の修理が必要

一般向けのキーボード(メンブレン)

一般向けであれば、カスタマイズ性はそこまで重視されません。
むしろ、よく使われている形状のキーボードが好まれる傾向があります。

通常のキーボードを低コストで導入するなら、やはりメンブレンキーボードが向いています。

【まとめ】あなたの目的や使い方で選ぼう!

全体の傾向としては、ゲーミングはメカニカルキーボードが採用されることが多いです。
一般向けであれば、メンブレンキーボードがほとんどです。

キーボードに求められる機能や特徴によって、どちらが良いかは変わってきます。

メカニカル メンブレン
スイッチの構造 1つ1つが独立
(スプリング式)
全体で1枚のみ
(シートスイッチ)
軸の交換 ×
コスト

メカニカル・メンブレンは、それぞれメリット・デメリットが異なります。
違いを比較しながら、あなたに合ったキーボードを選んでみてはどうでしょうか?

PS. 最新の更新情報について

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

現在は、ウェブサイト(WordPress)に関する記事を中心にアップしています。
今は個人でも、戦略があればウェブサイトで稼ぐことができる時代です。

もし興味があれば、いろんなページを見てもらえると嬉しいです。