【格安スピーカーおすすめ3選】安くて高音質なPC用モデルを厳選!

こんにちは、ヨッチ(@miraiyotch)です。

パソコンを使っていると、やっぱりスピーカーって必要ですよね。
音を出すだけならモニターでも可能ですが、最低限の音質は大事にしたいところです。

そこで見ておきたいのが、いわゆる格安スピーカー。
実のところ、安くて高音質なモデルもたくさんあるんです。

というわけで、この記事ではおすすめの格安スピーカーを3つ厳選しました!
格安スピーカーが向いている・向いていない人もまとめたので気になったらチェックしてみましょう!

今すぐ【スピーカー3選】をチェックしたい方はこちら

格安スピーカーはどんな人におすすめ?

まずは、格安スピーカーが向いている人を紹介します。

  • とにかく手軽にパソコンの音を出したい人
  • いろんなスピーカーを試してみたい人
  • 不要になったらすぐに交換・処分したい人

こんな感じで、手軽さを重視したい方に向いています。
もちろん音質も良いですが、それ以上に安さを活かした使い方をしたい時に重宝します。

極端な話、パソコンからとにかく音を出したいときにも使えます。
あとはいろんなスピーカーの音を試したり、交換・処分を気軽にしたい方にも向いています。

格安スピーカーが向いていない人は?

では逆に、格安スピーカーが向いていない人はどんな人でしょうか?

  • ハイレゾ音源を楽しみたい人
  • 機能性・デザイン性・耐久性にこだわりたい人
  • 愛着をもって長く大切に使いたい人

こんな感じで、クオリティ重視の方には向いていません。

やはりハイレゾ音源を楽しむとなれば、格安スピーカーでは力不足です。
信頼性のあるメーカーの、高音質モデルが有力でしょう。

また、5.1Chなどの機能性・高級感のあるデザインなど、こだわりを持って使いたい方にも不向きです。
愛着を持てるか?という点では、やや難があるモデルといえるかもしれません。

高音質のゲーミング・ハイレゾ対応スピーカーを求めるなら、以下の記事も参考になると思います。

おすすめの格安スピーカー3選【高音質】

さて、あなたには低価格モデルが合いそうですか?
興味が湧いてきたら、厳選した3つの格安スピーカーを見ていきましょう!

【SP-PBL-BK】音質が別格!重低音もしっかり出る良質スピーカー

まず一つ目は、「SP-PBL-BK」です。
コンパクトで見た目が良く、それでいてパッシブラジエーターを備えたスピーカーです。

パッシブラジエーターのおかげで、重低音もしっかり出ます。
「この価格でこの音質はすごい」というレビューもあり、性能は折り紙付きです。

ブラックの他にホワイトもあるので、お部屋のデザインに合わせて選ぶことができます。
黒は高級感があり、白はかわいい印象です。

価格・デザイン・音質と、三拍子が揃った良質なスピーカーといえるでしょう!

【Z120BW】定番といえばコレ!安定のロジクール製スピーカー

定番中の定番といえば、やはり安定のロジクール製スピーカーです。
価格も安く、とりあえず音を出すなら良い選択肢となるでしょう。

見た目、音質に関しては「それなり」です。
スピーカーの中でも最安値の部類に入るので、そのあたりは仕方ないところでしょう。

音質はそれなりといっても、さすがにモニター内蔵スピーカーよりは上です。
最低限のクオリティは欲しいというときに、役に立ってくれます。

とりあえず音が出れば良い、少しでも価格を抑えたいという場合に検討したいモデルです。

【SP-PBLP-BK】重低音がさらに強化!サブウーファー付き2.1chモデル

格安モデルの中でも、やはり音質にこだわりたいなら「SP-PBLP-BK」がおすすめです。
最初にご紹介した「SP-PBL-BK」にサブウーファーを追加したモデルです。

もともと重低音がしっかり出るスピーカーですが、サブウーファーでさらに強化されています。
音の広がりが増していて、より迫力のあるサウンドとなっています。

実際に聞いてみるとわかるのですが、やはり重低音はサブウーファーに任せたほうが質は良いです。
5.1Chは設置が大変だけど、2.1Chくらいなら大丈夫かな?というときは検討したいモデルですね。

たった4,000円でこれだけのクオリティを出せるなら、かなりコスパの良いスピーカーといえます。

【まとめ】低価格モデルのメリットは気軽に使えるところ

ここまで、3つの格安スピーカーを厳選して紹介してきました。

低価格モデルのメリットは、とにかく気軽に使えるところです。
すぐに買って試せるくらい、サクッと使い始めることができます。

それでいて、最近のスピーカーは音質もだいぶ良くなってきました。
ここで紹介した「SP-PBLP-BK」は、そんなスピーカーの代表ともいえます。

ハイレゾを求めないのであれば、十分すぎるくらい良い音が出ます。
「とりあえず使ってみたい」というときは、お試し感覚で導入してみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
どんなことでもコメントもらえると嬉しいな。