【レビュー:Child of Light】戦略性のあるターン制バトルが魅力!

どもども!元ニートPCゲーマーのヨッチです。( miraiyotch

「Child of Light(チャイルドオブライト)」は、UBISOFTがリリースしたRPGです。

アサクリ・Far Cryで有名なユービーアイがRPGって、ちょっと意外ですよね。
実際のところ面白いのでしょうか?

この記事では、「Child of Light」を僕がプレイしてみたレビューをお伝えしてます。

なんとなくスーパーファミコン時代の古き良きRPGを感じさせるChild of Light。
その魅力をネタバレなしで見ていきましょう!

「Child of Light」のゲーム情報

ジャンル RPG(ターン制コマンドバトル)
価格 1,980円(Steam)
クリア時間 11.5時間(ヨッチの場合)
おすすめ度 5.0

Child of Lightは明らかに洋ゲーです。
洋ゲーなのですが、めちゃくちゃ面白くて「RPGらしさ」があるゲームです。

幻想的な世界観・FFシリーズのようなATB・やり込み要素など、1,980円とは思えないクオリティです。
さらには、Steamのセール時には最安値583円で買うことができます。

【ネタバレなし】「Child of Light」のレビュー

これで1,980円なら、十分に買う価値のあるRPGだと僕は感じました。
最近は、本当にクオリティが高くて安いゲームが増えてますね。

Child of Lightの特徴をまとめると、こんな感じです。

  1. 幻想的な世界観が魅力!
  2. フィールドを自由に飛び回ることができる
  3. スキルを選んで自由に成長できる
  4. 戦略性のあるターン性バトル
  5. ノーマル・ハードから難易度を選べる

【1】幻想的な世界観が魅力!

幻想的な世界観が魅力!

まるで絵本のような世界観で、ストーリーを通して幻想的でふわふわした感じです。
好みが分かれるところかもしれませんが、好きな人はめっちゃ好きだと思います。

僕はこういう世界観がすごく好きで、ゲーム画面を眺めているだけでも楽しくなってきます。
絵本のようなアニメーションが滑らかに動くので、雰囲気もダイレクトに伝わってきます。

【2】フィールドを自由に飛び回ることができる

フィールドを自由に飛び回ることができる

他のRPGと比べてもちょっと変わっているのが、主人公が自由自在に飛び回れることです。

ストーリーの序盤ですぐ飛べるようになるので、飛ぶのが当たり前という感じです。
仕掛けを解いたり、隠された宝箱を見つけたり、このゲームの基本アクションですね。

縦横無尽に探索できるし、じっくり雰囲気を楽しむこともできますよ。

【3】スキルを選んで自由に成長できる

スキルを選んで自由に成長できる

Child of Lightでは、キャラクターごとにスキルツリーが用意されています。
好きなようにスキルを習得できるので、あなた好みのキャラクターに育てることができます。

ツリーの形もキャラクターごとに違うので、どこを伸ばしていくのか、個性が出るところです。

レベルを上げまくればすべて習得もできますが、さすがに一周目では難しいです。
なので、初回プレイでは特に、どんなスキルを伸ばすのかよく考えたほうが良さそうです。

【4】戦略性のあるターン性バトル

戦略性のあるターン性バトル

ファイナルファンタジーのような、いわゆるATB(アクティブタイムバトル)が採用されています。
これがよくできていて、プレイ内容によって戦闘結果がガラッと変わります。

通常のATBの要素に加えて、味方の「イグニキュラス」が重要なポイントです。

「イグニキュラス」というのは、光の玉みたいなキャラクターです。
そのキャラを敵キャラの近くで発光させると、相手の行動を遅らせることができます!

また、敵が攻撃を構えている時に攻撃すれば、カウンターで行動をリセットできます。

  1. 敵の行動を遅らせてカウンターを決める
  2. より有利にバトルを進める
  3. 強敵でも、戦略で勝てる可能性がある

楽勝なはずなのに戦略ミスで苦戦したり、強敵をサクッと倒せたり、といった感じです。
場合によっては、延々とこちらのターンで攻撃もできます。

なかなか面白い要素なので、興味があればぜひ試してみて欲しいです。

【5】カジュアル・エキスパートから難易度を選べる

カジュアル・エキスパートから難易度を選べる

カジュアル・エキスパートから難易度を選べるので、ライト・ハードゲーマーどちらも楽しめます。

僕はカジュアルでプレイして、サクサク進めてクリアしました。
ストーリーを楽しむなら、カジュアルでも十分に感じました。

ちなみに、エキスパートはガチで難しいらしいです。
途中で詰むことも覚悟してプレイしたほうがいいでしょう。

戦略をしっかり組まないと厳しいそうなので、腕に覚えがあれば挑戦してみてはどうでしょうか?

ちなみに、やり込み要素としてクリア後に「最初から+」を選べます。
これはいわゆる「強くてニューゲーム」です。

エキスパートに挑戦するなら、「最初から+」のほうがやりやすいかもしれませんね。

「最初から+」

【まとめ】ストーリーもバトルも楽しめる!よく作りこまれたRPG

Child of Lightは、本当によく作りこまれたRPGだと思います。
古き良きRPGの雰囲気を残しつつ、現代の良いところをうまく取り込んだタイトルといった感じです。

新規タイトルでこれだけの完成度、かなりオススメです。

価格も安いので、誰でも購入しやすいのがいいですね。
セールの最安値はたった583円なので、ランチよりも安いです。

できればシリーズ化してほしいところですが、まだ新作の情報はありません。
とはいえ、ストーリーはきちんと完結しています。

セール中は破格ですが、1,980円でも決して損はしないタイトルです。
なので、RPGが好きだったり、戦略性のあるバトルに興味があればプレイしてみてはどうでしょうか?